2015/12/28

これが俺流グランギニョル。

なんだろう、めちゃめちゃめちゃめちゃ久しぶりの更新。


今、最新演出舞台残酷歌劇『ライチ光クラブ』千秋楽前の空き時間でございまして。

若い俳優たち、ダンサーたちにこってり囲まれ、日々楽しく過ごしておりまする。

この題材はもともと漫画原作だったのですが、古くから俺自身大好きな作品だったので、二年前くらいかな?このお話をいただいた時は、

「ライチ?!しかも歌劇?!」

となにか運命的なものを感じたのを憶えております。


あと、なんだか怖かったですね。

この題材とちゃんと自分が向き合ったら…自分が120%でライチをやったら、一体全体どんな演劇になっちゃうんだろう…?って。

まず巨大なライチ像がステージのどセンターに君臨している抽象セットが頭に浮かび、圧倒的に破壊的、かつ、途方もなく刹那を感じるジャンルレスな作風が浮かび、ゼラ役を演じている中村倫也の姿が浮かび、大量の水を浴びつつ絶叫しながら歌い立ち回るゼラとタミヤの姿が浮かび、(ダンス中、床がすべることを考慮するとなかなか血糊は使いづらいので)残酷無比な殺害シーンはダンスや特殊な身体表現で畳み掛ける感じが浮かび…と次々イメージが湧いたのですが、この芝居のオリジナリティを決定的にする要素がひとつ欠けているような気がして、生理女子のようにずっとずっと悶々としていたところ、幸運にも東京ゲゲゲイを探しあてまして。

YouTubeで初めてゲゲゲイを見つけた時、「あ。これじゃん!!」って、かなり土壇場で彼女たち(素敵リーダーのマイキーさんは♂だけれど)に参加してもらうことになりました。

もし自分がキレッキレに踊れてたら絶対こんなのやってた気がして、大変僭越ながら演劇の観客層にもこのキテレツな才能を知ってもらいたいと思った次第。

で、結果、ゲゲゲイを含め、若者たちの気力と体力に存分に甘えさせてもらい、えげつないほど好き勝手やらせていただきましたとさ。



いやはや、2015年は歌謡ファンク喜劇『いやおうなしに』に始まり、残酷歌劇で幕を閉じるという、今までになく充実した一年でございました。

思えば昨年の今頃は古田先輩やキョンキョン、(高畑)充希ちゃんと毎日稽古場で芝居作ってましたから。

自らの股間をスナップを効かせて指差し、

「♪あたしのこっこ〜、愛のブラックホールは〜」

と威風堂々歌い上げてくれた充希ちゃんにも感じたけど、ベテランの方たちも相変わらずスゲー頼りになりますが、倫也を始めとする若い俳優たちも仕事を重ねるたびにマジで頼れる俳優に成長してくれていることが、本当に嬉しかった。

ライチのような座組みじゃないと出来ないことも自分にはいっぱいあるからさ。

魅力的な原作の力はもとより、彼らにも自分の振り幅を広げてもらえた感じ。

マジで今回の芝居は100%自分が作りたいものになりました。

えがったえがった。

俺自身、年々しんどくなってきたけど、またこういう冗談みたいにカタルシスを詰め込んだ芝居を作れたらと思う今日この頃。

やっぱ若い頃はどんだけ無茶をやったかだと思うよ。

それをずっとやってきた人たちがそれを財産に今も活躍しているのを間近で見てるとね、心からそう思う。

出来る範囲でやってたってね、なんもおもしろくないし、引き出しも増えないもの。

そんなこんなでライチカンパニーの皆様、素晴らしい原作を自由に預けて下さり、結構ご近所さんということが最近判明した兎丸先生、そしてご来場下さった皆々様、本当にありがとうございました。おかげさまで2015年も悔いなく走りきることができました。



今年はこれで最後の更新になりまする。

次はいつになるやらさっぱり分かりませんが、なにはなくとも良いお年を。


じゃ、シーユー。

|

2015/02/04

こういうのを毎年大晦日にテレ東でやって欲しい。

一ヶ月に渡る旅公演を経て『いやおうなしに』、ようやく明日から東京公演。


やー、長かったぁ。


なにせ旅公演を転々としてから東京っていうスケジュールは初めてでして、けれどとっても愉快で充実した旅となりました。

豪華キャスト、そしてO.L.H.という強力な素材をベースに、かつてHIGHLEG JESUSや真心一座で培った自身の根っこ的キャリアを総動員し、フルスイングで作らせてもらったこの舞台。


「去る者は去れ。来たいやつだけどさっと来い」


そんな清々しいメンタリティで久々に芝居に臨めました。

大好きな演劇もお仕事になっちゃうとね、なかなかそうもいかなくなりますから。

けど、今回改めて身にしみましたよ。


やっぱこうじゃなくちゃ。


無理矢理例えるなら、古き良き歌謡ショーをガンガン挟みながらどうしようもなく下品でどうしようもなく切ない人情劇が炸裂するこの作品、楽しんでいただければこれ幸い。

カンパニー一同、とってもファンキーに仕上がってますんで、よろしかったらおいでまし。


大丈夫。少なくともこれまでアナタが観たことのないものにはちゃっかりなってます。



じゃ、シーユー。





☆最低で最高!な、歌謡でファンクな喜劇です。当日券情報はパルコのサイトで!そしてご覧になったかたはぜひメールで感想教えてください!

|

2015/01/09

ダブルの意味であけまくってめでたい。

大変遅ればせながら明けましておめでとうございます。


本年度もどうかよろしくね、と思うが同時に、歌謡ファンク喜劇『いやおうなしに』が本日初日の幕を開ける。


大丈夫。



全然面白いです。



変な話、これを客席で普通にお客として観させられたらあまりのジェラシーにこの仕事をやめてしまうかも知れない。

ホント良かった。自分で作れて。

よろしかったらぜひに。



じゃ、シーユー。



★本当に凄いのできました!当日券情報などは、上記パルコへのリンクからご確認ください。そして観たかたは、その興奮をこちらから是非お送りください…!

|

2014/12/25

いやおうなしな日々、時々著書の宣伝。

今年はもう更新しないつもりでしたが、今現在、クリスマスもクリトリスもクンニリングスも大晦日も大陰唇も正月も小陰唇もへったくれもなく稽古に没頭する毎日を送っているし、これからしばらく送り続けるであろう歌謡ファンク喜劇『いやおうなしに』がずいぶん楽しい舞台になりそうなのでまずはそのご報告と、前回のブログで書かせてもらったマッチャー著書の本がめでたく立て続けに出版されたので、ついでにそのお知らせを。


一冊目は

古田先輩との共著『気になちょるモノ』


で、二冊目は、

『スターおすすめられシネマ アナタ色に染めて欲しいの…』


えー、とっても雑な感じでスイマセン。
ここでアレコレ説明するよりamazonに飛んでもらってそれぞれ解説を読んでもらった方がなにかと早いですもんね。


先輩との方は先輩のエッセイもめちゃ愉快ですし、シネマの方は今をときめく豪華な人気者達がマッチャーにイチ推しするフェイバリット映画を通じて、興味深い彼らの感性にバンバン触れられますしね、「おいおい、どんだけ他力本願だ」と言われようが、両册とも結構な読み応えを保証します。


えー、俺はというと相変わらずこんな調子で好き勝手書かせてもらっただけなので、もしも俺が普段気になっているものや、俺が愛してやまない映画を知ってやろうじゃねえの!などと息巻ける大変奇特な方は、ぜひぜひ買ってやって下さいませ。


シネマの方は小栗君や斎藤工君、園子温監督やみうらじゅんさんとの対談も載っているので楽しいと思いますよ? どうぞよろしくお願いします。


で、舞台『いやおうなしに』ですが、「ああ…これやるためにここまで演劇やってきたのかぁ」と寒空に思わず呟いてしまえるほど、これまでのヤクザな演劇人生の集大成的作品になるかと。あ、もちろん現時点で。

日々、こんなにクタクタ&あっぷあっぷになることもなければ、こんなに笑ってることもこんなにジーンとなることもない、そんな稽古場であります。

まあ、言い出しっぺだからっていうのも当然あると思いますが、俺の大好きなO.L.H.と演劇がぐっちゃぐちゃに混ざり合ったことで立ち上がったこの独特な世界観を一人でも多くの方々に届けられたらこんなに幸せなことはございません。


ま、ひでー話なんですけど。


けどねえ、ひでーの先にはなんともいえない希望もあるのですよ。
それこそ、いやおうなしにぐっちゃぐちゃな。

ま、なにはなくとも引き続き頑張ります。

頑張りが過ぎて、なにがどうなってそうなったか分からんがSTAP細胞発見出来ちゃうぐらいに頑張ります。

マジでてんこ盛りな舞台なんで。


ではでは、皆々様、改めまして良いお年を。


じゃ、シーユー。




★あと何日かで今年も終わるから、そして再来週には「いやおうなしに」が神奈川で幕をあけるから〜♪途切れ途切れのブログを見に来ていただいてありがとうございました。それでは皆さま、どうぞよいお年をお過ごしください。メールしたくなったらいつでもこちらからどうぞ!

|

2014/12/01

おそらく今年最後の更新な勢い

を感じさせるほどお久しぶり。


ぶっ生きてます、マッチャーです。


かつては日々のルーティーンとして、わりと優勢順位が高めだったブログの更新も今ではとんと忘却の彼方…。

ネットを使っての発信にまるで興味を失ってしまったんですな、特に理由はないのだけれど。


日々、目の前のことだけやってりゃいい。
日々、直に関わる人とだけ関わってりゃいい。

そんなシンプルライフに回帰したということなのでしょう。


なので、例えば移動中とかの何気ない日常でも、無闇に携帯をいじったりするのやめました。

本を読んだり音楽聴いたり、景色に目をやったりとかですね、不必要に入れなくていい情報と距離を取る毎日を心がけていた次第。

一昔前までは当たり前だったライフスタイルは、今や心がけなきゃいけないほど意識しないとなかなか取り戻すことが難しく、が、最近はなんとなくそれが出来るようになってきたので、その余裕も手伝って久々にブログを書く気になったのでしょう。



えー、今日から次の舞台『いやおうなしに』の本格稽古が始まるとです。

先週から歌稽古がちょっとずつ始まっていたのですが、あのキョンキョンが自分が昔から愛してやまない面影さんの裏ぶれファンキーな楽曲の数々を歌っている姿を眺めているだけで、実に感動的と言いましょうか。

まあ、自分ばかり感動していてもちっとも意味がないので、観た人の心に刺さりまくるオリジナル音楽劇を作るべく、明日からは忘年会もクリスマスも正月休みもすっ飛ばして創作活動にのめり込む所存であります。


あと、つい先週のことになりますが、『ジ・アルカードショー』の再演もめちゃめちゃ無事に閉幕いたしました。

今回の再演でようやくやりたかったことが少しは出来たかな、と思います。

もともと初演と再演でワンパックのつもりだったので。

ネットでのふいな新曲PV先行発表やら、千秋楽での客席と一体となってのアルカードポーズやら、この舞台企画でしかなし得ない可能性を推し進めることが僕にとって一番のモチベーションだったので、ひとまず良かったなと思うばかり。


ご覧いただけた方は百も承知だと思いますが、ツンデレなアルカードにアンコールは絶対に似合わないわけで、千秋楽のアレは僕の中でもアンコールという類いではございません。

フィクションと現実が融合し、それが結実した瞬間を確信的に作るためのアルカード的ドS儀式とでも言いましょうか。

劇中にもありますが、アルカードに取り憑かれた人達は、彼らを求めれば求めるほどその血がどんどん美味しくなるわけで。

ま、楽しんでいただければなんでもいいのですけどね。

若い出演者陣は、ほんの一年でなにかと成長するもので、今回、そこに触れられたこともかなり刺激になりました。ステージングを細かに変更したり、新たなキャストを投入することでブラッシュアップも計りましたが、彼らの表現者としての成長こそが、今回のアルカードをさらに押し上げられた一番の要因だと思っております。

なにはともあれ、この舞台に関わって下さった全てのキャスト・スタッフ、そして劇場に足を運んで下さった皆々様、本当にありがとうございました。

もし、アルカードに次があるならば、更に飛躍したなんらかの企みを胸にのぞみたいと思います。アルカードでやりたいことは個人的にまだまだありますし。



ああ、あと近々、立て続けに本を出させていただきます。

詳しくは発売日が決まったら改めて。

どうせ、「買って!買って!」としか書かないだろうから、先行して今から「買って!買って!」と書いておきます。


そんなこんなで、また気が向いたら更新するので、ひとまずはここまで。


今はひたすら『いやおうなしに』の稽古が楽しみなのと、ツインピークス復活のニュースに心踊らせて生きていこうかと。

ツインピークス、久々に見直したけど、やっぱアレとんでもなく面白いわ。

特にリンチ監督回なんて毎度震えが止まらないもの。

この年末年始にかけて、未見の方は予習の意味で、以前ご覧になった方は復習の意味で鑑賞することを強烈にお薦めします。


ではでは、かなり気が早いですが良いお年を。

もしも年内に更新することがあったら、良いお年をアゲインってことでいけしゃーしゃーとよろしくお願いしますデス。


じゃ、シーユー。


★本、1冊は来週発売の古田新太さんとのこれですよ!「いやおうなしに」は名古屋と大阪の追加公演も決定!東京公演は予定枚数終了ですが他会場はまだお席があるところもあるのでお急ぎくださーい。そんでもって、この1年振り返ってメールでもしちゃおっかな、というかたがいらっしゃいましたらこちらからお送りください☆

|

2014/07/04

ハメス・ロドリゲスのハメス部分に下ネタを感じるぐらい

へばり切ってる俺です、マッチャーです。


えー、明日、『カッコーの巣の上で』がいよいよ開幕いたします。

早いもので今年三本目の公演。

舞台人として至極当たり前ですが、どの作品も全身全霊を込めまくっておりまして、まーーーーー、カッコーもやれるだけのことはやりました。

なにせいい感じで仕上げますんで、よろしかったら是非。


あと年内は、秋に某舞台の再演と、来冬の面影ラッキーホール音楽劇『いやおうなしに』のお稽古ですか。

プラス、梅雨にも負けず快調に撮影が進んでおるであろう『ピカ☆★☆ンチ』の公開と、映像関連のお仕事がおそらくもう一本。


今年はなんだか働いてるなあ。

体、もつかなあ・・・。

来週で45歳だもんなあ。

マッハな勢いで幸せになりたいなあ。

後生ですから誰か幸せにして下さい。

もうね、日がな一日クタクタなもんで完全に人頼みですよ。

特典は、頼まれたら何時間でも続けられる七色の猥談です。


じゃ、シーユー。


☆おつかれマッチャーへのメッセージ、舞台やら映画見るよ!見たよ!な報告、輝く猥談トークなど、何でもメールはこちらからお送りください!

|

2014/06/13

ピカ☆★☆ンチ

って、書いて『ピカンチ・ハーフ』と読むのだが、「なんなんスか、それ?」ときかれれば、10年ぶりに脚本を書かせてもらった嵐主演の青春映画の続編もどき?だったりする。

『ピカ☆ンチ』(13年前)『ピカ☆☆ンチ』(10年前)ときて今回のハーフは、彼らがこの10年間をいかに過ごしてきたかについて存分に描かせてもらったスピンオフ企画なわけですな。

この先、実現するかどうかも分からない新作本編『ピカ☆☆☆ンチ』(ピカンチ・ターキー)の長編プロローグだと思ってもらえるといいかも知れない。

仕事の依頼を受けたマッチャーが、錆びついた心の垢を懸命に落としながらおのれの“青春感覚”を掘り起こし、2週間で一気に書き上げたこの作品。自分の中ではもはやスピンオフという感覚はまるでなく、本編以上に遊び心をいっぱいまぶした充実作だと至極勝手に自負していて。

つか、今や日本を代表するアイドルグループから「やりたいんスよー」ってお願いされて誰が断れますかっ。

彼らのライフワークの一つがよもや自分のライフワークの一つになるだなんて思いもよらなかったわけで、もうね、せっかくだから必死こいて遊ばせてもらいました。

前作、前々作未見の方でも全く問題ない上に、これを観てもらえればこれまでのピカンチがおおよそ分かる作りにもなっているので、今年の夏休みはご家族ご友人とお誘い合わせの上、TOKYO DOME CITY HALLまで是非もんで足を運んでいただけると、これ幸い。

(→公式ページはこちら。随時情報アップとのことなのでブックマークを!)



んでもって、只今の俺ときたら、次回演出作『カッコーの巣の上で』の絶賛稽古中。

えっと、ごめんなさい。このお芝居、超面白いス。

映画でしかこの作品を知らない方がほとんどだと思うのですが、元々が舞台作品なわけで、よって戯曲としても本当に秀逸。

映画だと重苦しい印象を抱かれる方も多いと思われますが、舞台版は決してそれだけの印象に終わらない、愉快で味わい深い手触りになっているというか、そういう感じをこのカンパニーで目指しているというか。

ジャック・ニコルソンとは似ても似つかぬ小栗の旬君が主演ですが、彼は彼の個性を活かしまくったとっても魅力的なマクマーフィーになるんじゃないかしら。

そんなこんなで、信頼のおけるキャスト・スタッフに囲まれながら、日々ウハウハで頑張っているわけですよ、夢精するぐらいの勢いで。

夢精する勢いが果たしてどんな勢いだか自分でもさっぱり分かりませんがね、よろしかったらこちらも是非。




じゃ、シーユー。


☆ピカンチハーフもカッコーもどちらもよろしく!ってなわけで、夢精する勢いのメールはこちらからお送りください。

|

2014/05/28

ま、どれもこれもスゲー楽しいんスけどね。

ブログとか更新してないとだいぶ面倒くさくなりますね。

おひさー。マッチャーです。


先々週、大阪で『中の人』って舞台が大変無事に終わり(関係者の皆様、ご来場下さった皆様、その節はありがとうございました!)、それ終わった後、先週公開開始の『オー!ファーザー』って映画に珍しく役者で参加させてもらった都合で、取材やら劇場での初日挨拶やらでバタバタしつつ(あ、お暇な方はぜひぜひ劇場に!)、空いた時間の全ては、急遽入った映画の本をひたすら部屋にこもって執筆し、んで、それをひとまずほんのさっき書き上げたものの、今週末から始まる演出作『万獣こわい』の沖縄公演はすげー行きたいのに仕事あるからさすがに行けねーな・・・とがっくりうなだれ、しゃーない、間もなく稽古が始まる『カッコーの巣の上で』の演出プランにこれから思いを馳せてみようかと・・・みたいなことこんなとこで報告されてもねー。


つまんないでしょ?


けど、こんなことでも書かなきゃ書くこと一個もないのでどうか許して下さい。

とにかく生きてはいるんで。 なんとかなると思います、はい。



じゃ、シーユー。




☆月曜日にもらってた内容ですが担当都合で本日更新しました…ってこんなことを報告されてもねー。皆さんの、マッチャーにしてもしょうがない報告でも何でも、メールはこちらからお送りください!

|

2014/04/22

間もなく開幕する

『中の人』の準備で連日劇場入り。


えーっとですねぇ、非常に雑な感じで申し訳ないですけど、すげー面白いと思います、この舞台。


人気アイドル君が主演をバシっと務めるため、チケット入手困難との話を聞きますが、観劇マニアの方にも沢山観てもらえたらなぁと切に思う今日この頃。

なにせ演劇畑の狂える猛者達が、ここぞとばかりに寄ってたかって自由度高く作り上げましたから。

コメディたるもの、もちろん笑えてなんぼですが、トランス・コメディとでも言いましょうか…五感で楽しむ要素も多分に入った愉快痛快変テコ喜劇、ご興味があられる方はありったけのガッツを発動してご観劇あれ。


んで、『万獣こわい』

只今、地方公演大絶賛巡業中となっております。

先日開催された松本・新潟公演も共に大・大・賑わいだったそうで。

なんだかすげーなあんなハードコアな内容なのに…。

自分で演出しといてなんですけども。


万獣が六月前半に全ての巡業を終える頃、すでに中の人を終えた俺的には、次の『カッコーの巣の上で』の稽古が始まってるんだよなあ。


三銃士っていうか、万獣メンバーってばホント凄いよ。

あんなに忙しいメンツなのに、どんだけ全国で毒を振り撒いてんだ!!

東京で次から次へと迫りくるお仕事と日々格闘している身としましては、万獣カンパニーの健康と公演の成功を祈るばかりでおま。


あ、あとね。

これ、芝居と全然関係無いけど、エドガー・ライト監督最新作『ワールズ・エンド 酔っぱらいが地球を救う』絶対映画館で観た方がいいス。

公開初日にいてもたってもいられなく劇場に駆け込むなんて、今じゃこの人とタランティーノだけだもん。

こんなオイラが毎回“お口ポッカーン”の面白さですから。

ま、騙されたと思って。ね?



じゃ、シーユー。



☆万獣中の人カッコーの巣の上で。と立て続けのマッチャーに、芝居の感想でもそれ以外でも、とにかくメールはこちらからお送りください!

|

2014/03/18

気を失うぐらい芝居漬けの日々に犯され、

またまた久方ぶりの更新。

すんませんな、ひと頃みたいに仕事と並行して連日更新を果たすなど無理もいいところでして。


とにもかくにも、先日、ねずみの三銃士『万獣こわい』が無事開幕。

これで三回目の三銃士公演ですが、これまでで一番いやーなお芝居となっており、要するに個人的にはこれまでで一番好きな作品やも知れぬ。

呑気に笑ってるうちに次第に笑えなくなり、やがて仕方ないので笑うしかなくなって、けれど最終的にはそれすら出来なくなり、けれどそんな異様な世界の中でどうしようもなく切なさがこみ上げてくるも、結局なんだかどよーんと終わる…みたいな。


僕としては、どうせこのメンツで芝居をやるなら、鑑賞後、お客様には他所では絶対味わえない独特な感覚をお持ち帰りしていただきたいと毎回思っているので、今回もあれやこれやと無い知恵を絞りまくり、ただでさえいやーな感じの宮藤さんの本を、よりいやーな感じで立体化しようと努めてまいりました。 

あとは好きに観てくれたらそれでいいです、ホント。


とにかく、あれですな。

カンパニーみんなの苦労が報われてホント良かった。

東京公演もまだ始まったばかりですし、その後も全国ツアーがございます。

三銃士による『愉快』と『狂気』を余裕で行き来する濃厚な絡みっぷりは、演劇的にスペシャル感満載ですので、よろしかったら是非。

ゲストの小池栄子ちゃんもあまりの男前っぷりに超惚れ惚れするし、夏帆ちゃんもガチでそそられるし、一見、一番正常そうな小松さんもちゃっかりキ○ガイと化していて、どこを切っても見応え十分でございますわよ?


あと、まだ先ですがこんなのもやります、ハイ。


Iyaou0309


いやあ、企画してみるものですな。

あらら…こんなの通っちゃったよ!!って感じ。

今現在、この公演を誰よりも楽しみにしているのは他でもない。


完っっっ全に俺だと思う。


情報解禁になって改めて、「わ、本当にやれるんだ、こんなの?!」って軽くアタフタしましたもん。

万獣とはタイプこそ違えど、こちらの舞台もそうそう無い手触り系になること受け合いですので、よろしくどんぞ。




じゃ、シーユー。


★万獣を見たかたもこれからのかたも、「いやおうなしに」に高まっているかたも、メールはこちらからお送りくださいっ。

|

«明けましておめでとうございまーす!!