« 今、悟空から元気玉をせがまれても普通に断ります。 | トップページ | さすがに明日からは更新サボるかもん。 »

2007/03/27

ちなみにこれまで投票に出かけたこともないそうです。

具合が悪いので手短にしときますが、福井県の実家のおやじが、突然四年後の市会議員に出馬すると言って、弟夫婦を困らせています。
仕方なくおやじの話を聞いてあげたところ、
「わしは鼻息一つで票が集まる男だ」
と言って、それ以上飛躍した会話を全くしようとしません。
少しでも現実的な話をすると

「ばーか、お前!ばーか!」

と大きな声でこちらの言葉をその都度、遮ります。
こう書くと冗談みたいに聞こえますが、おやじは本当にこういう男なのです。
とにかくマジなのです。生きるネタの宝庫なのです。
あー言えばこー言う興奮状態のおやじをやっとの思いで静まらせ、じゃあ仮に選挙カーに今おやじが乗ってるとして、市民に何をアピールするの?というシミュレーションをさせてみたところ、おやじは即座に、

「サロンパスはって頑張ります!」

と熱く言ってのけました。
おやじなりに今からちゃんと戦略も練っていて、それをすでに実践してると言うので、面白半分にそれも尋ねてみたところ、

戦略1・間もなく開催される県会議員選で、民主党推薦候補者の選挙カーの運転手を一週間担当する
戦略2・公明党推薦候補者と一緒に寺に行って手を合わせる

「はあ?」以外の返答が見つからないトホホな答えが華麗にリターン…。
もうアレですよ。余りにバカ過ぎて、今こうして文字入力してても涙がこぼれそうですよ。
「加護ちゃんを思えばまだまだ大丈夫!」
実の息子としては、そう心落ち着かせるしかないですよ。
今度実家に帰る時は、ぜひ国語辞典を買って帰って、『戦略』のページに蛍光ピンクの付箋を貼ってプレゼントしようと思います。

福井市民の皆さん、もしも四年後河原一彦という名の男が立候補したら、どうか票を入れないでやって下さい。
河原家長男からの心からのお願いです。

じゃ、シーユー。

|

« 今、悟空から元気玉をせがまれても普通に断ります。 | トップページ | さすがに明日からは更新サボるかもん。 »