« 明治〜僕らの飲み会。 | トップページ | 昨日、『はねるのトびら』を見ていたら、 »

2007/04/04

ちなみに尊敬するアスリートは古田新太選手です。

下ネタが好きだ。
三度の飯より好きか?と訊かれたらそりゃ三度の飯の方が好きだけど、それでも下ネタ無しの人生なんてマッチャーには考えられない。
たまに雑誌とかで「無人島に持って行きたいCDやDVDは?」みたいなアンケートを見かけるが、マッチャーなら即座に「下ネタを話せる人」と答える。
「それじゃ無人島じゃなくなっちゃうじゃん!」
とツッコまれたら、「じゃあ、電源取れる無人島なんてあるのかよ!」とキツく言い返すつもりまんまんだったりする。

マッチャーには『心の下ネタスタンプ』的な、早朝ラジオ体操に参加すると判を押してもらえる出席カードのようなものがあって、時と場所と人を選ばず下ネタを繰り出せた時にそのスタンプは貯まっていく仕組みになっている。
酔った勢いで調子に乗って話す下ネタにそれほどの価値はない。
あくまでシラフの状態の時に、「えっ、ここ?!」というタイミングで繰り出せなければ、真の下ネタ愛好家とは言えないのである。

例えば初対面のちょっと顔のつくりが派手な女性に、第一声で「風俗嬢ですか?」と名刺代わりの一発を放ったり、深刻な会議中に真顔で発言権を獲得し、「やっぱりSEXした方が早いんじゃないスかね?」と意見した場合、タワーレコードで六千円以上お買い物をした時のように、ダブルポイントでスタンプは押されていく。

早い話が、損得勘定抜きで放つ下ネタにこそ輝きがあると思うのだ。
この歳で下ネタばかり言ってると、「オヤジ臭い」と揶揄されることも多いがどうか見損なわないでもらいたい。
マッチャーは小・中・高・大・社会人を通じて、これまでずっと現役下ネタアスリートなのだ。
そこらのポッと出の下ネタ好きと一緒にされては心外である。
あとほんの数年で不惑の歳を迎えるが、そんなのちっとも関係ない。
キングカズが体が動く限りサッカー少年でありたいと願うように、マッチャーも口が動く限り現役にこだわり続けたいと切に思っている。
死ぬ間際の一言が「ちんぽまんこ…」
こうでありたい。
瀬戸際までスタンプにこだわって生きていきたい俺様なのだ。

下ネタを嫌う人間が人口の大半を占めていることももちろん理解している。
マッチャーも分別のある大人だからして、人の嗜好までとやかく言うつもりは全く無い。
下ネタ無しで人生を終える人だってわんさかいるだろう。
それはそれで天晴な人生だ。
だが差別はいけない。
『下ネタを嫌う人種が上品で、下ネタを言う人種が下品』
と上から目線で決めつける人間の方がよっぽど下品ではなかろうか?
よくもまあ、フェラチオしてる口でそんなこと言えるもんだ、と思う。
そんなアンタにどんだけ品があるんだ?って話だ。
人の悪口を言うのだって下品だし、職場の不満を漏らすのだって、例えばそれが前向きなものであれば別だが、ただのグチだとしたら、それはそれで結構下品だなあ、とマッチャーは思う。

この世知辛い世の中、人それぞれにガス抜きは必要だ。
それが「下ネタを言うこと」であって何がいけないのか?
なんなら『下ネタエイド』を主催して、下ネタ愛好家達を擁護していきたいぐらいの勢いだ。

どうか下ネタを連発する人が周りにいたとしても、広い心でもって迫害しないよう、心がけて頂きたい。
体を触られるような実害があれば別だが、言ってるだけなら放っておけばいいだけの話じゃないか。
てか、普段、下ネタを自分から話さない人でも、たまたま話がそっちに流れたら下ネタぐらい笑顔でこなす……それぐらいのゆとりを持った人間の方が、人として心豊だとマッチャーなんかは考えます。あ、なんでかここだけ語尾が丁寧語になったけど。

ただし、下ネタにもウィットに富んだ上品なものとただ下衆なもの、この両方がある。
それは悪口でもグチでも一緒。
要はセンスの問題だ。
マッチャーはバイプレーヤーを自負しているので、『いい下品、悪い下品』そのどちらにも対応出来るが、出来れば笑える下品を量産していくべきだと思う。
なにせマッチャーは趣味で下ネタをかじっているアマチュアではない。
常に向上心を持っていなければ、アスリート失格の烙印を押されてしまう。
もしもその時が来たら、そっとホームベースにバットを置いて、静かに現役を引退するだろう。そして自分から下ネタを語ることは一切やめにして、「ああ、今、この方が放った下ネタはですね」と、解説者側にまわるだろう。

それにしても、だ。
なぜこんな小春日和の午後、パソコンに向かってこれほどまでに下ネタ下ネタ熱くなっているのか。
まるで『下ネタと私。』という作文を書いてるようである。
ここらで切り上げて、美味しいランチを食べに外出しようと思う。
定食屋でつい「ヴァギナ大盛りで」と言ってしまわないように気をつけなければだ。
ま、スタンプはダブルポイントで貯まるけどね。

じゃ、シーユー。

|

« 明治〜僕らの飲み会。 | トップページ | 昨日、『はねるのトびら』を見ていたら、 »