« 昔は嬉々として人前で出してたのになぁ。 | トップページ | 月末のマッチャー定例行事4 »

2007/05/31

ジュリーめ〜。

昨日の休演日はシアターコクーンに『藪原検校』を観に行った。

どんだけ血なまぐさくて重〜い芝居かと思ったら、全然ポップな印象だった。
肩も凝らずに観れたので休演日に観る芝居としては思いのほか最適だったが、極悪人大好きマッチャーとしては、どうせならズドーンと落ち込むほどヘビーでぐっちょんぐっちょんな凄みのある感じでも良かったかも。
音楽にせよ笑いにせよ、エンタメ要素を足せば足すほど残酷な話は面白おかしく映るけど、その分、物語が持つカタルシスは薄まるので、さじ加減の問題かなあ…マッチャー的にはちと肩透かし。
と、期待のあまりずいぶん生意気を言ってみたが、あくまで個人の趣味ですのであしからずっ。

いやあ、演者の皆さんはいわずもがな素晴らしかったっスよ。
古田さんは、「自分は脇でちょこちょこ面白いことをする方が好き」みたいなことをよく言うが、マッチャーは昔っから古田さんが主役を張る舞台が断然好きで。
なので今回はスーパー俳優・古田新太を十分堪能出来たし、段田さん、梅沢さんあたりは、終演後の楽屋で立ち話をしていても、十秒に一回は「あ、恐縮です」と思わず頭を下げてしまいそうな、そんな見事な演技を相も変わらぬ余裕で見せてくれた。
あと、田中裕子さんねっ。観劇中、
「ジュリーめ〜ジュリーめ〜ジュリーめ〜」
って、最低三回は心の中で呟いたぐらい、マジで素敵だったでございます!

やー、PARCOと目の鼻の先でこんな凄い人達が舞台やってるんだと思うと、キュっと身が引き締まりますよお。
よし、マッチャーも今日から改めて頑張ろ。
あ、頑張りすぎると裏目に出るタイプなので、ちょっとだけ頑張ろ。
や、ちょっとだけ頑張ろうとすると結果的にそんなに頑張ってなかったなーってタイプなので、やっぱ頑張るのやめよ。

普通でいいよ、普通で。
ま、コクーンの舞台を励みに、あくまで平常心ってことで。

じゃ、シーユー。

|

« 昔は嬉々として人前で出してたのになぁ。 | トップページ | 月末のマッチャー定例行事4 »