« ジュリーめ〜。 | トップページ | 伝わるだろうか、この感じ…。 »

2007/06/01

月末のマッチャー定例行事4

早いもんで今日から6月ですね。
早いもんで早いもんで言いながら、きっと人は死んでゆくのでしょうね。

ということで、先月皆様から頂いたあれやこれやのメッセージに、可能な限りお答えしていこうかと思います。

☆ 「秋川リサに似てるって言われません?」と尋ねられた方。
はい、てんで言われません。
てか、秋川リサってどんな顔か知らなかったので、ほんの今、ネットで調べて見てきました。
てっきりグラビアアイドルかなんかかと思ってたら、おばあちゃんタレントじゃないですか?!
…けど、言われてみれば、確かになんとなくマッチャーに面影が…。
やー、ちょっち複雑。

☆なぜかマッチャーに、「“今度那覇にも遊びにきてね〜!”と奥さんにお伝え下さい」との伝言を託した那覇在住の方。
ちゃんと伝えておきますね。
最後に「あ、マッチャーも来てねん!」と微妙にフォローして頂けて、これまた微妙に嬉しかったです!

☆ なぜかマッチャーに「河原さんがマッチャーなら奥さんはリッチャーなのでしょうか?奥さんにきいてみて下さい」との伝言をされた方。
ちゃんと伝えておきましたよ。
「これが苦笑いってやつか!」と感動するほど抜群の苦笑いをしてました。

☆マッチャーと同県人の福井の読者からも激励のメールを何通か頂きました。
「福井を盛り上げていきましょう」と書かれた人もあったのですが、がぜん無理だと思います。なにせ福井ですから。

☆ 『河原官九郎』が座右の書だと言い切るアナタ。
それ、完全にどうかしてます。

☆ 松山在住の下ネタ愛好家のアナタ。
そのメールの端々から、かなりハイレベルで本格的な下ネタLOVEがうかがえます。
東京、松山と遠く離れていても完全に我々は同志ですね。
素直に嬉しくなりました。
長文も楽しく飽きずに読めましたよ。文章力もなかなか。
アナタがブログを始めたら、マッチャーは必ずや読者になるでしょうよ。
で、質問に端的にお答えします。

「恋する気持ちをやめないで」

お友達のアドバイスもなるほど、それも一つ。
でも、彼のことがどうしても忘れられないなら、久々に芽生えた“好き”を止めてはいけません。もったいないお化けが出ます。
「諦めたらそこでゲームセット」とスラムダンクの安西先生も言ってるではないですか。
そもそも恋愛は結果がどうあれプロセスが大事。
恋が実ろうが玉砕しようが、ありのままのアナタで楽しんでいきましょう。
ゆくゆくアナタの人生の何らかの肥やしになるでしょう、スカトロ的な意味では決してなく。
恋という名の魔法にかかった面倒くさい自分を愛してあげて下さいませ。
意中の彼にスケベ話をガシガシぶつける下ネターなアナタをマッチャーは断然支持します。

☆確かに『好きな人の前で屁をこく女にはセクシーを感じる』的なことをここで書きましたが、うちの奥さんはマッチャーの前で屁とかはしませんので、くれぐれもご心配(?)なく。

☆ ステージに立つマッチャーを褒めて頂けるのはとても励みになりますが『カーテンコールはこれでもかという程のキュートな笑顔を振り撒いていたので、それだけは少々、引きましたけど』と最後に結ばれたメールを読むと、さらに励みになります。
終演後、今回観に来てくれた知り合いに同じようなことをしょっちゅう言われてるマッチャー。
もちろん意味などまるでないですが、実は秘かにそれが狙いだったりするのです。

さて、では本日も引かれるぐらいの満面の笑みを舞台で振りまいてきたいと思います。

じゃ、シーユー。

|

« ジュリーめ〜。 | トップページ | 伝わるだろうか、この感じ…。 »