« 日常の中の非日常ほど恐いものはない。 | トップページ | 昨日の夕飯 »

2007/07/04

写真の見た目じゃあまり伝わりませんが、

Img_1098
順調に皮が剥けてきています。

アレなんですね。
大人でも剥けるんですね、

二十年ぶりぐらいに海に行って日焼けしたマッチャーにとっては、マジで目から鱗でした。

さて。
昨日は野田さんの舞台『THE BEE』と阿佐ヶ谷スパイダース『少女とガソリン』をはしごで観劇。
先月の舞台が終わってからというもの、旅行やら打ち合わせやら取材やらで、演劇の現場からとんと遠ざかっていたので、久しぶりに自分が演劇人であると実感しました。
やっぱ、演劇、面白いわ。
野田さんの舞台はなんつうんだろ、作品によってもちろんその都度好みは別れるけど、とにかくこの人が現役で舞台を作ってる間は、問答無用で全てを観に行かなきゃって素直に思います。
今、世に出回ってる演劇とは、次元が…っていうかステージが違いますよ。

阿佐スパも、長塚君の独特の「いびつなのも大概にせえ!」的なエグ過ぎる世界観を、体からなんかの汁が垂れてるような濃ゆ〜いおっさん俳優達が十分過ぎる説得力でもって見事に演じ切っており、とってもエンジョイ&とっても感心。
スズナリという小屋の持つ独特な雰囲気と、その客席でひしめきあって観劇するお客さん達の熱気もこの芝居には必要不可欠なエッセンスに思えたし、またそれをちゃんと念頭に置いて作った作品なのだと思う。
犬山さんも時に凛々しく、時にはかなげな演技がとっても素敵。
そして、終演後の焼き鳥屋で犬山さんから直で購入した本日発売の二枚組ニューアルバム『inu cafe』も大変心癒されるものでした。
さっきもリビングでDISC2を聴いていたら、『なにか』って曲で息子が大はしゃぎしてましたよ。
犬山さん、アナタはどんだけ幅広い年齢層の心をつかもうというんですか。

と、まあ、そんなこんながありまして。

我らが『真心一座身も心もサイト』もいよいよ始動しました。
前回の公演写真とか面白いんだよなー。
見れば見るほどどんな芝居なのかさっぱり伝わらないっていう。

あ、でも、第一章の詳しいあらすじや相関図なんかもあるので、前回見逃した方でもこれで安心してチケットをお買い求め頂けます。

他にも、がやメンバーの意図的な大部屋扱いや、前回は時間の都合で撮れなかった宣伝用スチールなど見所もたくさんなので、ぜひお立ち寄り下さいませ。

じゃ、シーユー。

|

« 日常の中の非日常ほど恐いものはない。 | トップページ | 昨日の夕飯 »