« それでも二人は夫婦。 | トップページ | 心の丹下段平に期待します。 »

2007/07/12

あ、ひょっとして意外とキャラがかぶってるとか?

今朝、自分のブログを開いたら、プロフィール写真が更新されていた。
そういや先々週あたりに新たに撮ったのだが、改めて、自分のなで肩具合に驚いた。
その昔、飲み屋で酔っぱらいのおっさんに、
「マッチ棒みたいにヒョロヒョロしやがって!」
とからまれたことがあるのだが、なるほど、いい得て妙ではないか。

ところで、マッチャーは昔から写真写りに自信がない。
というか、基本的に写真は大嫌いだ。
…なんだろう?
カメラを向けられると今でも緊張してしまう。
いい感じで写ろうとすればするほど、挙動不審な顔になる。
特に笑顔には全く自信がない。
自分では優しく微笑んでいたつもりなのに、あがりを見ると、猟奇殺人犯が獲物を狙っているようにしか見えないのだ。

思いっ切り、、なのだ。

これまで数え切れない本数の取材を受けてきて、数え切れない枚数の写真を撮られてきたクセに、いまだに自分のベストアングルというかベストフェイスを見つけられないでいる。
二年ぐらい前に撮った、ハイレグタワーのマッチャーのプロフィール写真なんて最たるものだ。
もはや混迷を極め過ぎている。

Kawahara_01

なんだ、これ?!
どこのとっつぁん坊やだ?!

と、真剣に思う。

撮影現場にいた人!
誰か、前髪、注意してよ!!

とも切実に思うし、

緑のシャツが恐ろしく似合ってない!!
……私服なのにっ!!!

とも涙目で思う。

なので、最近では表情を模索するのをやめにした。
カメラを意識せず、極力、普通の普通で写ることにした。
あややぐらい鉄板のキメ顔を持っていれば、撮られていても楽しいのだろうが、なにせマッチャーは、キメようとすればするほど邪汁がにじむ男だ。
プライベート写真はさておき、オフィシャル用の写真では、目だけつむらないように気をつけ、基本、真っすぐカメラを見据えるだけにしようと決めた俺なのです。
ま、そんなこんなで、しばらくプロフィール写真はこれでいきますんで、どうぞヨロシク。

あと、ついでに写真下の『最新☆お仕事情報』の欄を読んでみると、

別冊カドカワ(総力特集:高見沢俊彦)
書き下ろし、インタビュー、企画ページで10ページほど掲載されています。
7/18発売 予価 1100円

とあって、

「なんでマッチャーのブログで高見沢をプッシュしてるんだろう?うちの事務所に移籍してくんのかな、高見沢?…てか、そもそも総力上げるか、高見沢に?!

と一瞬、あれやこれや動揺したのだが、書き下ろしやらインタビューやら企画ページはあくまでマッチャーに関する別企画なのでお間違いなく。
…って、誰もお間違いしないかっ。

しかし、なぜにマッチャースペシャルがよりによって高見沢俊彦総力特集号に…???

ある意味、神懸かってると思います。

じゃ、シーユー。

|

« それでも二人は夫婦。 | トップページ | 心の丹下段平に期待します。 »