« 太陽にほえろ!で言う“マイコン”じゃあるまいし。 | トップページ | つか、部数に影響しないのかしら? »

2007/07/20

マッチャーの秘かなる悩みと決意。

とにかく声が通らない。

いろんな場所で。いろんなケースで。

これは思いのほか落ち込む。
こっちはもろもろ言い終えて、相手の言葉を待っているのだが、待てど暮らせどノーリターン…。
おかしな間というか空気だけが、その場を支配する。
いや、むしろ真空状態と言うべきか。
とはいえ、相手は何も聞こえてないわけだから、その居心地の悪さはひたすらマッチャーだけが抱え込まなくてはならない。
超ハズい。
ダメだ…声の一つも通せない俺は、なんてダメ人間なんだ…とブルーになる。
人として何かが欠落しているのではないかと自分を責めたりする。

ひどい時など、別の話題に移行されたりもする。
俺が今、発した言葉はどこ行った?
神隠しにでもあったように、この世から消えてしまったのか。
そんな時は一瞬、体温が下がったかのような虚しさに襲われる。
思わず、「んあ」と何の意味もない声を漏らしてしまう。

例えばタクシーで通らない。

お話好きな運転手さんが、「横峯パパが選挙に出ましたね〜」と話しかけてきたとしよう。
てか、こないだ実際、そう話しかけられた。
「あ〜、そうですね〜。でも、さすがに当選は無理でしょう」
と努めて明るく応えるマッチャー。
ここまではいい。ここまでは何の問題もない。
が、流れに乗って次にマッチャーが発した、

「国民、ナメてると思いません?」

…これが通らない。

「ですよね〜」でも「意外と当選しちゃったりして」でも「えっ?今、なんて言いました?」でもなんでもいい。

なんか言えよ。

車内の雰囲気を少しでも和らげようと、アンタの話に乗っかったんじゃん。

無視すんなよ。

自分からふっといてそれはないだろうよ。
なに、この辱め?
プレイ…?
なんかのプレイなのかこれは?
そんなに俺の声はくぐもってるか?
アンタの鼓膜を揺さぶらないか?

返せ。

俺の、「国民、ナメてると思いません?」を返してくれ。

そして例えば飲み屋で通らない。

店内が混み合ってようが、混み合ってなかろうがそんなの関係ない。

「すいませーん、豚バラ焼いて下さーい」

…これが通らない。

とはいえ、店内がそこそこ混んでるとしよう。
てか、こないだ実際、そこそこ混んでた。
俺は、客の注文に追われる店員の、「ここだ!」という絶妙な隙間を見計らって声をかけたつもりだ。
なぜ、がさつな酔っぱらいの注文にはハキハキ返事して、こっちはスルーする?

つーか、聞けよ。

こっちは挙手までしてるんだ。

聞き逃した上に見逃すなよ。

客に恥かかせんなって。
女の子と一緒に飲んでた場合、特に恥かかせんなって。
照れ隠しに、「あ〜、聞こえてないか…」って呟かせんなって。
で、哀れな俺に気を使ったその子が、「すいませーん、こっち豚バラでー」って言ったら、かぶせ気味で「あいよ〜」って言うなって。

俺も絶対同じぐらいの声量で言ったよ?
そんなに俺の声はくぐもってるか?
洞窟声か?
布袋寅泰か?

俳優として舞台に立つこともある人間なのに、なんだろう、この通らなさは…。
もちろん通る声質、通らない声質、いろいろあるだろう。
だが、舞台におけるマッチャーの声は、通りがいいと言われたことはあっても、通りが悪いと言われたことはこれまでただの一度もない。

多分、日常の会話が通らないのは声量の問題じゃなく、その言葉を発する時の生命エネルギーの量なんじゃないか。

そういえば、妙に気を使って話しかけた言葉に限ってスルーされてる気がする。
うん、絶対そうだ。

今度はもっとちゃんと怒りを伴って、「国民、ナメてると思いません?」と言ったり、切実に腹を空かせて、「すいませーん、豚バラ焼いて下さーい」と言ってみよう。

きっと相手は応えてくれるハズだ。

鼓膜じゃない。
相手の魂を揺さぶるんだ。

じゃ、シーユー。

|

« 太陽にほえろ!で言う“マイコン”じゃあるまいし。 | トップページ | つか、部数に影響しないのかしら? »