« 早過ぎたビジュアル系、もしくは演劇版『デトロイト・メタル・シティ』という見方もある。 | トップページ | ちなみに明日はハリ系の五話だったりしますんで。 »

2007/11/08

なんとか好感度を挽回したい、そんな2007年初冬。

昨日のブログを読んだ大学時代の友人から、

「白塗りしてた時は髪が腰まであって、しかもキツめのソバージュだったこともきちんと追記しとくこと」

とのメールがあった。

某友人よ。
これでいいですか?

なんだよ、久しぶりに連絡よこしてきたと思ったら…。
マッチャーにマイナスイメージ植え付けてどうすんの?!

ま、確かに当時のマッチャーの髪型は、良く言えばヨーコ・オノ、悪く言えばショーコー・アサハラ的なフォルムだった。

そういえばその長髪を束ね、筆代わりにして墨にひたし、“青い空”と習字したこともあったっけ、全身全霊で。
で、その作品を区民センターに掛け合って、下北沢の青空ギャラリー的な掲示板に二週間展示してもらったことまであったっけ、自信満々で。

…ホラ、書かんでいいことまた書いた!

この手の生き方オーバーランなエピソードはマッチャーの場合、たくさんあるからね。
自分が損するって分かっていても、一度語り出したら止まらなくなるのよ。

ああ…おかげでますますアングラ度が高まってしまったじゃないかっ。

ただでさえ最近メールを頂く読者から、エロマッチャーやら加齢臭マッチャーやらパッと見、加藤鷹やら散々なのに、これからはアングラマッチャーなる呼び名が増えてしまいそうでなんだか恐い。

これだけは青筋立てて言わせてもらうが、マッチャーは下ネタは好きだが断じてエロではないし、加齢臭などしないし、ましてや加藤鷹ではない。

てか、みんなも長く生きてりゃ一度くらいあるでしょ?
精神バランスを保つために発作的にはたらいてしまった奇行の一つや二つや三つや四つや五つや六つや七つや八つや九つ十!!!

自分ばっか読んでないで、こっそりメールでマッチャーに教えて下さいよ。
ばっちりこのブログでネタにしますから。

じゃ、シーユー。

|

« 早過ぎたビジュアル系、もしくは演劇版『デトロイト・メタル・シティ』という見方もある。 | トップページ | ちなみに明日はハリ系の五話だったりしますんで。 »