« え〜、今日も一身上の都合により、 | トップページ | 早過ぎたビジュアル系、もしくは演劇版『デトロイト・メタル・シティ』という見方もある。 »

2007/11/06

え〜、久々の更新であります。

先週末から我が社のブログ担当の伊藤さんが所用で東京を離れていたため、本日から再開となるわけですが、この数日間、本当にいろいろありました。

ま、あったっつっても、朝まで飲み明かしたハリ系打ち上げと、その翌日の長時間に渡るハリ系の編集と、その翌日の来年一月に北九州で開催されるリーディング公演の準備で小倉に飛び立ったのと、その翌日のキャスト、ダンサー、ジャズボーカリストの選考オーディション&その参加者達と深夜、屋台でおでん食いながらバカ話と…って感じで、その日一日ごとの密度はそれぞれ非常に高かったんスけど、まあ、書き出してみればそんなもんです。

で、今、このブログはオーディション翌日の小倉帰りの飛行機の中で書いており、で、明日(これ書いてるのは月曜日なんで)からはプロペラ犬の稽古が始まるっていう近況ね。

うーむ、セリフ全然覚えてねーや。
美紀ちゃんに呆れられないうちになんとかしなきゃだわ。

さてさて、小倉でのオーディションはとにかく楽しかったっス。

なにせこないだまで自分も出演してた作品なんでね、『魔法の万年筆』

参加者達には代わる代わる脚本を読んでもらったんだけど、途中で選考してんのに飽きちゃって、マッチャーもパイロット役で混じっちゃったもの。
パーカーだってやっちゃったし。
やー、気分はすっかり稲垣吾郎ですよ!
吾郎ちゃんよりずっとうさんくさいパーカーでしたけど。
つか、一体、なんのオーディションだっつう、ね。

その後、参加者達と打ち上げ気分で飲みに行ったんだけど、とある小倉ガールのミラクルエピソードにかなりの衝撃を受けたマッチャー。

えっと、中学校の体育の授業で卓球やってたんだと。
で、小倉ガールは台の真ん中でせっせと審判やってたんだと。
で、中央のネットに球が転がったんだと。
で、それを拾おうと小倉ガールは何気に身を乗り出したんだと。
そしたら、卓球台がなぜかいきなりバチーン!って二つ折りになったんだと。
で、哀れ小倉ガールは卓球台にがっつりはさまって、食虫植物につかまった虫みたく身動き出来ない状態で、足だけニョキっと台の隙間から出したままジタバタしてたんだと。

ま、ここまでで十分ミラクルなのにこの話には続きがあって。

あまりのあり得ない状況に、クラスメート達は思わず笑ったんだと。
そしたら小倉ガールの友達ヤンキーが、
「お前ら、なに笑ってんだよっ!!!」
って激怒したんだと。
で、我に返ったクラスメート達が反省して小倉ガールを助けようと卓球台に近づいたら、友達思いのヤンキーは、そりゃもう青春真っただ中な勢いで、
「お前らこいつに触るんじゃねーよっ!!!」
って真剣モードで叫んで、猛然と一人で小倉ガールの救出に向かったんだと。
でも、なにせ一人なもんだから、救出には必要以上に四苦八苦してしまい、小倉ガールは卓球台に挟まれてるだけでも十分恥ずかしいのに、そのヤンキーのおかげでとんだ放置プレイをくらっちゃったって話。

やー、マッチャーの友達にも体育の準備運動のアキレス腱伸ばしでアキレス腱を切ったミラクル男がいるけど、それに匹敵するエピソードだわ。

しかも友達までミラクルヤンキーだったとは…。
なあんて言ってるうちに間もなく着陸時間だってさっ。
なんだかちょっと風邪気味なんで、帰ったらゆっくり休もうかと思いますん。

じゃ、シーユー。

|

« え〜、今日も一身上の都合により、 | トップページ | 早過ぎたビジュアル系、もしくは演劇版『デトロイト・メタル・シティ』という見方もある。 »