« 本日は散文としか言いようがない。 | トップページ | ゾンビも愛せば下ネタも愛する、けれどテネシー・ウィリアムズも愛する、そんなアンビバレンツな僕。 »

2007/11/23

ある意味の嵐。

先週、小栗旬君の情熱大陸を見たのだが、ある意味大変面白かった。

マッチャーは後編しか見れなかったのだが、ある意味本当に前編を見逃したのが悔やまれる…。

あれってある意味絶対作り手側も確信犯だよなー。

あの番組をある意味面白いと思った人達とある意味オフ会とかしたいっスよ。

や、別に他意はないのよ。

あくまで個人的に面白かっただけで。

小栗君の真っすぐなとこって、それはそれで可愛いなあって思うし。

だからある意味ですよある意味

それよりなにより近々発売のNTTドコモの携帯でなんとハリ系が観れるらしいのです。

身もふたも無いことを言えば、マッチャーはあっさりauなんだけど、なにせ地方ではなかなか見れないハリ系だからして、放送されていない地域の方は機種変をしてでもこのドラマを鑑賞して下さいまし。

見れば面白いこと間違いなしなので。

…や、こないだの情熱大陸に比べればある意味いい勝負かもなあ。

うーん、マッチャーも出たいなあ、情熱大陸。

情熱無くてもいいですかあ?

これまでお話をいただきかけたことはあるけど、なにせ情熱不足で上手く話が転ばなかったみたいなのー。

情熱なんてある意味人に見せるもんじゃないからね。
やっぱ秘めてこその情熱じゃない。

でも、今ならマッチャーもある意味ノリノリですよー。

こうやって酔っぱらってブログ書いてるとことかある意味カメラ回して欲しいもの。

『その時河原は、マッチャーの顔になった…』

みたいなナレーションを、例の劇的なエンディングテーマに付けてもらったりして。

「知らねーよっ!!!」

って、全国の視聴者にツッコまれるのがある意味マッチャーの理想です。
視聴率も3%切るぐらいで。

そんなこんなでもうじきプロペラ犬の幕が開く。

今、情熱大陸に一番ふさわしい女優は水野美紀かも知れない。

『その時、水野は禁断の扉を開けた…』

風にドラマティックに演出してもらいたいです。

じゃ、シーユー。

|

« 本日は散文としか言いようがない。 | トップページ | ゾンビも愛せば下ネタも愛する、けれどテネシー・ウィリアムズも愛する、そんなアンビバレンツな僕。 »