« 2007年の俺、ファイナル。 | トップページ | ハメまして »

2007/12/31

月末のマッチャー定例行事8

いよいよ今年も余すとこ本日限りとなってしまいましたね。

こんちには。
本日から妻子を伴い里帰りする親孝行マッチャーです。

さて、皆様からメールで頂いていたあれやこれやのメッセージに可能な限りお答えするこのコーナー、忙しさにかまけて8月分を最後にすっかりご無沙汰になってしまいましたが、この年の瀬のドタバタに紛れて、何事もなかったかのようにしれ〜っと再開しようと思いますん。


世界陸上はTBSじゃなくBSで見ましょう、と助言を下さったアナタ!

やー、これって9月にもらったメールなんでだいぶタイムラグありますが、おかげさまでマッチャーはこれを参考に、快適に世界陸上を鑑賞することが出来ました。
なにせBSにはドン引きハイテンションキャスター織田裕二が出てませんでしたから。

でも、それはそれでちょっと物足りなく感じちゃった気も…。
例の興奮のあまりバカみたく裏返るカン高い声とか、相方の中井美穂さんにまるで言葉を挟ませないアドレナリン出まくりのしゃべくり感とか、いやに競技や選手についての知識は豊富だけど、「突貫で必死に覚えたんだろうなー」感プンプンな通ぶってる雰囲気とか、あれはあれで不思議な中毒性があるのでしょうか、ユージ・オダには。


はい、そうです。以前、PARCO劇場でやっていた『噂の男』という舞台は個人的にあまりに面白く、結局三回観に行きました。うち二回は完全自腹です。昨日もナイロン100℃の『わが闇』二度目の観劇を果たして参りました。
舞台はその公演期間中でしか観れない贅沢品なので、気に入った作品は時間が許せば何度でも見たいと思います。
 DVDもありますがやっぱりお芝居は劇場で観ないと、ねっ。


ひらがなの「あ」を高速で書いていると、ひらがなの「お」になるって本当ですか?…とご質問された方。

どうぞBY MY SELFでご確認下さい。


マッチャーをドS呼ばわりしているアナタ。

マッチャーはその場その場のムードを直感的に読み、変幻自在でSとMを行き来する水陸両用タイプ(?)ですので、決めつけはいけませんよ決めつけは。


以前、童貞で悩んでいた青年にアドバイスめいたものをここで書いたのですが、その青年がマッチャーが夏に押しに押していた今年一番の傑作映画『グラインドハウス』を観に行ってくれたそうで、これまたとっても感激してくれたみたいで、以下のようなメールを9月にくれました。

今の自分にとって、「童貞」「ゾンビ」が大きなものを占めています。
この夏、仲間を集めて
「ゾンビ童貞映画」を撮ることになりました。
そうするしかないと思ったからです。

や、“しかない”って、ちょっと落ち着きなよ、ボーイ!
友達減るよ、確実に。

…ま、ある意味、かなり面白そうではあるけども。


そうですねえ、最近お芝居の地方公演がめっきり減ってますねえ。
ぶっちゃけ有名テレビタレントさんが出演している芝居しかもはや地方ではチケットが売れないので、東京で人気のあるお芝居も、特に小劇場系はどうしたって行っても大阪ぐらいになってしまいます。
とはいえ大阪も、ここ数年で近鉄小劇場や扇町ミュージアムがバタバタと潰れてしまい、以前と比べ公演を打つにはかなり難しい状況になってしまいました。
今年の身も心も期間中も、「ぜひ関西に!」「ぜひ九州に!」といった、非常にありがたいメールをたくさん頂いたのですが、なにせ予算がねえ…。
無類の地方公演好きを公言してはばからないマッチャーもとっても残念な気持ちでいっぱいであります。
例えば土地土地で同じ芝居をやっても反応が全然違いますから。
そういうのって、やってるコッチも新鮮だし、終演後に行く飲み屋だってめっちゃ美味しいし、散歩しててもウキウキするしで、とにかく知らない街からは多くの刺激を受けるわけ。
年明けもさっそく6日から1週間ほどリーディング公演を演出しに小倉に行きますが、これも半分は地方LOVEスピリットで引き受けましたからね。
来年は空中ブランコで高知に行けるのスゴく楽しみにしてますし。
なんせ人生、初四国なんで。
次回の身も心もでは、なんとか多くのツアーが組めるように頑張ってみまっす!


マッチャーのことは勿論“マッチャー”と気軽に呼んでくれて構いませんが、奥さんのことを“リッチャー”と呼ぶのは正直微妙です。
今度確認をとってみようと思いますが、おそらく一瞬睨まれてお終いではないかと。


「マッチャーの単行本、立ち読みしました!最高でした!」って………
それ、喜び半分っ!!!


マッチャーが奥さんに車の運転をさせてもらえないのは、単にマッチャーがとっても運転に不向きなタイプだからです。
20メーター先の歩行者のおじいちゃんまで警戒しちゃいますからね。
突然、こっちに猛ダッシュしてくんじゃないかって。
そんな臆病者かと思いきや、変なタイミングでいきなりスピード出すし、太陽にほえろ!のマミーばりに急に大胆にハンドル切っちゃうしで本当にダメダメドライバー…。
今は大人しくローンだけ払って、運転は完全に奥さんに任せています。
ああ…哀しや。


“うんこより、ちんちん大好きな陽気なオカマ”さん。

そんな自己紹介がありますかっ!!!!!


角川文庫から出ている『誕生日辞典』なる本でマッチャーの誕生日を調べて下さった方がいるのですけど、

「隠しごとの出来ない空想家」
「7月7日生まれの人の人生に何度もめぐってくるテーマは“暴露”」

とあったらしいです。

ええ、それ実に的を得ていると思いますよ。


「もしもマッチャーが、念願の美味しいご飯屋を出したならぜひお店で働きたいです」的な素敵メッセージを送ってくれた方も実際多かったのですが、その大半に「月額いくら(給料を)払う予定ですか?」と質問されました。

…ねえ、もっと夢のある話ができないかなあ。


「夫婦で共演はしないんですか?」との質問もありましたね。

これは絶対に無いでしょう。
やっぱ恥ずかしくてどうしていいか分からないですもん。
まあ、ドラマや舞台じゃなく、CMとかだったらアリでしょうけど。
つっても、マッチャーが勝手にそう言ってるだけですけどね。
椎名桔平・山本未来夫妻よりはサッポロ一番の美味しさを視聴者に伝えられるんじゃないかって、一時真剣に考えましたから。


マッチャーのブログ内にあった「テンコ盛り」の文字を、「チンコ盛り」って読み間違えたアナタ…。

きっと疲れてるんですね……と自分でおっしゃってましたが、多分ただの変態なんだと思います。


身も心もの客入れで使っていた昭和歌謡についてもいくつか質問を受けました。あれはマッチャーの手持ちのCDの中から大好きな昭和歌謡を編集したものですが、左とん平を始め、非常にマニアックな曲ばかりのため、ここでは書き出すのをためらってしまいます。次回作でまたマッチャーコンピを作る時はちゃんとパンフレットとかで紹介しますねっ。


ハリ系を楽しみに御覧になって下さった方々、まことにありがとうございました!一生懸命撮りましたからね。見てもらえるとホント嬉しいです。
そう言えば、ドコモの新機種でハリ系が見れるって話だったけど、どんだけの人がそれで見てるのかなー?もし見てる人がいたら教えて下さいな。


「マッチャーの声、えろいですね。」って、そうですかあ?
なんだか不思議と悪い気はしないスけど。


あといまだに加齢臭を心配して、
「耳の裏側をよく洗った方がいいみたいです」
的なメールを頻繁に頂くのですが、だから何度言えばいいんですかねえ…。

マッチャーは断じて加齢臭など帯びてませんっ!!!


「エロマッチャーのブログを見ているのが旦那にばれたら即、離婚ですよ〜」
と語る二児のお母さま、だから何度言えばいいんですかねえ…。

マッチャーをエロ男爵みたいに呼ぶのはやめて下さいっ!!!

てか、俺のブログって離婚原因になるぐらい御法度的なイメージなのでしょうか…?


藤村だか日原だか、今の自分の立ち位置がよく分からない愛知の一主婦さん。
アナタずいぶん立派なご本を出していなさるではないですか〜。
今度機会を見つけてぜひ読んでみますねっ。


我が故郷・福井県に一泊二日でご旅行にいかれた方。
返事が遅れて大変申し訳ない!
素敵な旅になったでしょうか?
そう、アナタが送ってくれたメールの通り、

・「あけぼの」というホテルに泊まって大浴場に入る。
・「あきよし」で焼き鳥を食べる。
・どっかでおろしそばを食べる。
・ヨーロッパンきむらやで大福あんぱんを買う。
・五月が瀬も買う。
・ 羽二重餅も買う。

ぐらいを済ませておけば大方福井を満喫出来たと言えると思います。
この季節だったら甘エビやらカニやらもすっごく美味しいんですけどね。
あとはヨーロッパ軒でソースカツ丼を食べて、東尋坊と永平寺に行けば完璧でしょうか。
ま、とはいえ、なにも一泊二日の旅でとかとか行かなくてもね。
あと福井県の鯖江市は確かに眼鏡の生産で有名ですが、福井県全域がメガネ一色ではありませんので、あしからず。
イヤでしょ、県人総おぎやはぎ状態だなんて。


「マッチャーのブログが好きなの」と周囲の友達に言っても全くピンときてもらえず、肩身の狭い思いをしているアナタ。

すいませんねえ、なんか変な気を使わせてしまって。
でも、押尾学風に言えば、これからもファッキン知名度!のスタンスで好き勝手やっていきますので、大変申し訳ございませんが、隠れキリシタンにでもなったと諦めて、これからもひっそりと応援よろしくお願いいたします。


B'zのことについてちょこっと書きましたら、「何を言う!B'z最高じゃないか!」というお怒りのメールと、「同感です!もはやギャグにしか見えません!」という賛同のメールの両方をいくつか頂きましたが、ま、好みっつうのは、人それぞれでいいんじゃないでしょうか?
別にマッチャーも自分の好みを人に押し付けてるわけじゃないですから。
しかし、改めて日本におけるB'zは良くも悪くもベリー・ホットっスね。
普通に面白かったです。


陽ちゃんの店で知り合った根本っちゃん!
はい、その通りで頂いた名刺、完全に無くしてしまいました。
死語と知りつつ、ごめんちゃい。
おいおい気分次第で連絡しますね。で、映画も観に行きますね。


このブログを読んで、身も心もプロペラ犬で初観劇を果たして下さった方が大勢いると知り、本当に嬉しい限りです!サンキューです!
やー、ブログやってて良かったなあって、心から思いますね。
これからもそんなお言葉を励みに面白い作品を皆様に提供できるよう、日々精進したいと思います。
素敵な舞台は他にもたくさん巷に溢れてますんで、これを機会にちょくちょく劇場まで足を運ばれてみてはいかがでしょうか。


そして最後に、29日の蒲田温泉大忘年会に参加して下さった皆々様、本当にありがとうございました&お疲れさまでした。
遠くは、名古屋、愛媛、香川県からわざわざお越し下さった方々や、三歳のお子様を連れて遊びに来て下さったご夫婦もおりまして、マッチャーも感激しまくり。
エレキコミックのヤツイ君もわざわざ仕事先の大阪から遊びに寄ってくれたしね。

やー、しかし、呆れるぐらいただのおバカな忘年会でしたっ。

朝の6時までたくさんの方々が酔っぱらって残って下さったばかりか、ド深夜にお客さんと『悪魔のいけにえ』をホームシアターで観れるだなんて、今年最後の飲み会でものすごーく素敵な思い出ができました。
流れ姉妹でお馴染み、あの根上たつこも定番のピンクのバスタオル一丁で、『ワニとガチンコ大バトルショー』を息を切らしながらやってくれて大盛り上がりでしたしね。
歌唱力グンバツのお客さんと『目を閉じておいでよ』(by バービーボーイズ)をへなちょこに踊りながら本格デュエットしたのも超ハッピーでございました。
とはいえ、あの日は温泉につかってお酒をグイ飲みしたのも手伝って、一年の疲れがどっと溢れ出してしまい、完璧に悪酔いしてしまったマッチャー氏。
“酒は飲まれるためにある”と日頃から信じてやまないマッチャーですが、あの日は見事にパクン!と丸呑みされてしまい、多いに反省しております。
また来年も明治で飲み会を開催することもあるかと思いますが、次の飲み会は自戒の意味を込めまして、禁酒にて臨みたいと思います。
や、ちょっと自信がないので、コロナビール一本で臨みたいと修正させて下さい。
ですので、皆さんもどうか懲りずにお付き合い下さいませね。


とまあ、今年最後のブログにて相変わらずのバカ長文、力一杯書き殴らせて頂きました。

来年も出来るだけ頑張って更新していきたいと思っておりますので、どうかよろしくお願いしますデス。


つうことで、みなさま、めちゃめちゃ良いお年をっ!


じゃ、今年最後のシーユー。

|

« 2007年の俺、ファイナル。 | トップページ | ハメまして »