« 肩の力が抜け過ぎて、もはや脱臼系。 | トップページ | ボクのMacbookが »

2008/01/28

例えタイトルが『空中ブランコ』だとしても。

先週の金曜日、ドラリオン東京最終公演の初日に主催のフジテレビさんからご招待いただきまして。

春に演出する舞台の何かの参考になればと思い鑑賞したのですが、ま、予想通り、あまりにスゴ過ぎてまるで参考になりませんでした。

客席で普通に声出して、「超スゲー!超スゲー!」連発してたもんなあ。

「えっ、今から何すんの?何すんの?何すんの?……うえぇ!? つか、今、何したの?!!

って、あまりのミラクルパフォーマンスに一瞬何が起きたか理解出来ないまま先に進んじゃった演目とかあったもの。

やー、人類の持つ計り知れない可能性をふつふつと感じましたよぉ。

満員電車で大胆に痴漢したと思いきや、高速でバック転しながら隣の車両に逃亡したり、稽古に集中し過ぎて休憩を取らないタイプの演出家の前では、実際にお腹と背中をくっつけてことさら空腹を訴えたりね、鍛えれば人間、なんでも出来ますって、マジで。

でも、いくらサーカス団の物語だからって、春の舞台でドラリオン的なものを期待されてたらどうしよう…。

……無理。
逆立ちしても棒立ちしても朝立ちしても、
無理なモノは無理っ!!!

こちらはあくまでサーカス団の病み切った人間模様を描いた非・アクロバティックな作品だからして、くれぐれも誤解無きよう。

あー、しっかし、ドラリオン、ホント浮かれまくったわあ。
キャラメルポップコーン頬張る程度ならまだしも、ドラリオンマスクやらドラリオンDVDまで買っちゃったもんなあ、マネージャーから金借りて。

「子供に見せたいから」的な名目で、もう一回観に行ってしまいそうな自分が怖いマッチャーでした。

じゃ、シーユー。

|

« 肩の力が抜け過ぎて、もはや脱臼系。 | トップページ | ボクのMacbookが »