« 一矢報いる!!! | トップページ | えー、僕自身、奥さんのツボはさっぱり分かりません。 »

2008/02/22

俺、今度は脳にノロ。

やあ!

ノロを完全克服し、いたって快便マッチャーです。


さて、今朝、スポーツ新聞を読んでいたらこんな記事があった。

女子高生に変身し学校侵入の男を逮捕

なんでも制服姿に着替えた女装趣味を持つ中年男(39)が、おかっぱかつら&薄化粧&ピンクのブラジャーを装着し、埼玉の高校に忍び込んだところを逮捕されたらしいのな。

なんでも男は、女装をして人前に出るのは初体験で、いわゆる“変態デビュー戦”だったわけだが、「変な男がいる」と文字通りなんのヒネリもない一言を瞬く間に女子高生達に浴びせられ、職員10人に追いかけられたんだと、校内のグラウンドで、ローファー履いて。

で、逮捕時は女子高生を意識した超ミニスカートだったのだけど、パンティはナシで、ばっちりフルチン。 ある意味、変質者の鏡である。

その昔、白塗りにルージュをひいて数ヶ月日常生活を送っていたプチ・変質者時代を経験してきたマッチャーとしましては、歳も近いということもあいまって、記事を読み進めるうちになんとな〜くシンパシーを感じないこともなく、この中年男に同情心すら芽生えてきたのだが、最後の方に記されていた捕まった直後の発言だけはいただけない。

「違うんだ、これは罰ゲームなんだ!」

…面白い。
けれど面白いだけに哀れだし、そして何よりみっともない。
そもそも女装&フルチンで高校にまで忍び込むという断固とした趣味心を、“罰ゲーム”と例えてしまうあたりに変質者としての誇りがまるで感じられない。

そこまでの覚悟があるのならば、なぜ
「キサマ、なぜ、分かった?!」
と極々自然に驚けなかったのか!

「詰めが甘かったかぁ〜」
と天を仰ぎつつ、なぜひたすら自分自身に向けて嘆けなかったのか!

せめて無口。こういう時は、せめて無口だよ、自覚ある変質者としては。

ちなみに中年男は、舞台イベントで照明や音響を担当する会社を経営していて、時には立派な会場で行われるダンスイベントの演出も手掛けていたとのこと。

こりゃもうほんのり同業者だ。

捜査関係者に、「いつも裏方だから今度は自分が…とでも思ったんだろう」的なウマいこと言わせてんじゃねえよ、ほんのり同業者!!!

エンタメに表舞台・裏舞台は確かにあれど、人ひとりの人生に表も裏もありゃしない。
全部、表だ。

ヘイ、ブラザー!もっとカッコつけていこうぜ!


じゃ、シーユー。

|

« 一矢報いる!!! | トップページ | えー、僕自身、奥さんのツボはさっぱり分かりません。 »