« 結局書いちゃった。 | トップページ | オヤジにかかると、エレキコミックすら多分そう呼ばれる。 »

2008/02/05

いわゆるひとつの親子愛。

え〜、マッチャーと阿佐スパの中山(祐一朗)という飲み会ゴールデンコンビでゲスト出演した、『ホレゆけ!スタア☆大作戦』なるコント仕立ての不思議なトーク番組が、今週のどっかで、どっかの局でオンエアーされるというのです。

この番組は、とある芸能事務所のおかま社長役の古田新太先輩とマネージャー役の生瀬勝久先輩が仕切っておられるのですが、お二人の普段の悪ノリが見事に番組に反映されていて、おっそろしくグダグダでとても楽しい収録でした。
イケメン蕎麦屋の店員役で出演している藤木直人さんの存在も番組の不思議さに大きな花を添えております。

とはいえ収録は二ヶ月も前なので、どんな話をしたのかとんと覚えていないのだけど、なんだか鬼畜みたいな話をしたのだけはぼーんやりと記憶に残ってます。
ま、おそらく鬼畜過ぎてカットされてると思うけど。

興味のある方は、オンエアーの日時とか適当に調べて、適当に見たり適当に見逃したりして下さい。



さて、みなさま。

『海』という童謡をご存知だろうか。

そう、

うーみーはーひろいーなーおおきーいなー♪

『海』である。

実家に帰って六日目になるが、何気なく観察していると、うちのオヤジはこの童謡を一日最低二回は鼻歌で歌っている。

昨日なんかいよいよ風呂場からいい感じのエコーで響き渡ってきた。

お前、いくつだ?!…と言えなくもないが、こうも毎日聞かされると一周して、なんと大きな男だろうと思うようになってきた。

おそらくもう一周すると、なにかのノルマとしか思えなくなるだろう。

なにかってなんだ…?

辛かったら言ってくれ、オヤジ。

うち一回は俺が歌うよ。


じゃ、シーユー。

|

« 結局書いちゃった。 | トップページ | オヤジにかかると、エレキコミックすら多分そう呼ばれる。 »