« そんなこんなでサトエリ。 | トップページ | 俺なら確実に飲むな。 »

2008/03/27

目指すはココログ界のパリス・ヒルトン。

昨日は稽古前にココセレブのSpecialインタビューなる取材を受けたマッチャー。

日々、好き勝手に書き散らしているだけのチンピラちゃんなのにセレブ扱いだなんて全くもってピンとこないが、昨日お会いしたココログ関係者のお話によると、なんでもマッチャーはアクセス数において、ココログ界では結構なセレブ中のセレブなんだそうな。

パソコンと携帯を併せると、多い時で1日に約4万人もの人が読んでるんだと。


……引いた。

普通にドン引きですよ。


まあ、不特定多数の人達に向けてなんとなーく発信しているわけだから、多くの人の目に触れるのはいたしかたないが、物好きな人だけがひっそりと読むマニアックなブログ以上のモノにはならないと完全に高をくくっていたマッチャーとしましては、さすがに4万人ともなると複雑な心境になっちゃうわけ。

普通なら「出来るだけ多くの人に読んでもらいたい」って思うんでしょうけど、マッチャーの場合、生まれ持った己の非・メジャーな特性をよぉく知っているので、たくさんの人に見られているとなると、やっぱり軽く戸惑ってしまうのです。

ま、つっても、ほんの身近にマッチャーとは真逆のド・メジャーなブログの達人がおりますしね。
彼女と比べたら、そりゃ4万なんてモチロン何でもない数でしょうが…………うーん、それでも完っっっっっ全に想定外だわ。


やっぱ、“万”はねぇよ、“万”は。


相当数の読者の方から、「このブログを読んでることは彼氏(旦那)にも絶対内緒です」とか「社内でこっそり読んでいます」とか「友人にも教えられません」といった、さながら隠れキリシタンとでもいいましょうか、いやさ、むしろ魔女狩りを恐れる魔女的なメールを頂くのですが、いやー、物好きな人って思っている以上に世間にはたくさんいるのですね。

というわけで、今現在マッチャーの中では、読むなっつってんのにあっさり読まれている歯痒さと、これからは積極的に中学生レベルの下ネタを増やしてバンバン読者をふるいにかけていかなきゃという危機感と、それでも多くの人に読んでもらえているのは素直に励みになるなあという普通人的感覚が、複雑に絡み合いながら渾然一体となっております。

もともとダメダメな破壊衝動の持ち主なので、今後、“ブログ”というものへの接し方がどんなふうに変わっていくやら、そして、果たしていつまで書き続けるやら自分でも全く予測不能ですが、とにかくこれまで通り、いついかなる時も俺は俺の旗を振るスピリットで好きなことだけ気楽に書いていければ、なーんて思ってます。

しょせんしがない演劇人の戯言ですから。
気に入らなかったらホント無理して読まなくていいですからね?
そこんとこ全身全霊でお願いしますね?


ちなみにココセレブの掲載は4月の中旬だそうです。
写真もパシャパシャ撮ってもらえたんで、せっかくだから読んで下さいませ。


じゃ、シーユー。




 

|

« そんなこんなでサトエリ。 | トップページ | 俺なら確実に飲むな。 »