« 活動情報 from staff | トップページ | いい友達を持ったと思い込む、ひたすら。 »

2008/06/25

滋養強壮最優先、妄想なのに。

今後の人生、3種類の料理しか食べられないとしたら?

みたいなことを時たまボーっと考えることがある。

かれこれ20年ぐらいになるかしら。

とにかく時たま考える。

しかも全人類、3種類だ。

で、いろいろ考えていくうちに、いっつも3種類じゃ足りなくて、

「うーん、せめて5種類」

とついつい自分に甘くなるのだけれど、妄想とはいえ節度は大切。

だからその都度、

「互いに合意の上なら、一品だけ交換出来る」

みたいな画期的新ルールを考案し、なんとか3種類を死守するよう心がけている。

だが、3種類となると選ぶにはかなり難しく、なにせそればっかり食べて生きなければならないのだから、よっぽど好きなものを選びたいところだが、例え好きな料理でも胃にもたれるモノはこの場合控えた方がいいだとか、栄養バランスも考慮した方がいいだとか、とはいえ、この限られた条件の中で、サラダとかフルーツの盛り合わせ的なモノに当確ランプをともしていいものだろうかとかグルグルグルグル考えて、結局、毎回

「痛風にかかろうが断固として好きなモノを食べて生きよう」

という、シンプルな選考基準に行き着く。

で、マッチャーが選ぶ不動の2トップが、お寿司スパゲティー

20年もの間、この組み合わせだけは変わっておらず、マッチャー胃袋内サッカー日本代表では決して欠くことの出来ない絶対的な存在として君臨し続けている。


あ、ちなみに。


3種類と言っても、例えばお寿司ならコハダからウニまで各種食べられるし、スパゲティーならペペロンチーノから納豆パスタまでどんな調理法でも食べられるというルール解釈のもとで話は進んでいるので、あしからず。


さてさて、問題は最後のもう一品。

これはもう、その時の気分によって決める、いわゆる“遊びを余している”状態なのだが、幸いなことにマッチャーは焼き肉やラーメン、ハンバーグに代表されるいわゆる定番モノには日頃からあまりそそられないタイプなので、ここはわりと思い切った選択が可能となる。

とはいえ、ナシゴレン

はたまた、ピロシキ

まあ、美味しいけれど、きりたんぽ

ぐらいまでいくとさすがに思い切りが良過ぎなので、ここは一つ大好物の蕎麦を挙げたいところだが、麺類はすでにスパゲティーがあるし、じゃあ、冷やし中華はどうだろうとも思うが、だからそれも麺類だっつーのって話だしで、多いに悩んだ挙げ句、最近はいっつも

焼き鳥

になりがち。

以前はしゃぶしゃぶを選ぶことが大半だったのに、寄る年波のせいだろうか…?

五年後とか、養命酒とか言ってそうでなんだか怖い。

あ、あれ飲み物か。


ちなみに奥さんは、

玄米野菜の煮物、そして豚汁に後ろ髪引かれつつ、悩みに悩んで、
納豆でした。

「玄米、ごま塩付けていい?」

「納豆、薬味付けていい?みょうがとか

など多くの注文を必死で付けてきたので、マッチャー検閲官は優しく許可してあげました。

「お婆ちゃんみたいなセレクトじゃん」

と言ったら怒られました。



じゃ、シーユー。



☆ダイエットはしてるの…?とか、私の3つはコレ!など、携帯からのメールはこちらからどうぞ!

|

« 活動情報 from staff | トップページ | いい友達を持ったと思い込む、ひたすら。 »