« こんなブログ、本当に読まなくていいと思う。 | トップページ | 大喜利だったら座布団、確実。 »

2008/06/13

ジブリをデストロイ。

さて、うんこうんこ書いてる間に、東京に戻っているマッチャー。

家に着いたら、Amazonで注文した天空の城ラピュタのDVDが届いていて、とっても感激。

至極個人的に、ジブリ関連はこの作品と風の谷のナウシカとなりのトトロ、そして番外編ではあるけれども、ルパン三世 カリオストロの城までがマッチャーの生涯マストアイテムであって、その中でもラピュタは、パズーとシータが終始イチャイチャし過ぎではあるけれども、それを差し引いても1・2を争う心の名作として位置づけしている。

じゃあ、なぜそんな思い入れのあるDVDを今まで持っていなかったかというと、実はこれ、2枚目のラピュタでございまして、早い話、以前持っていたDVDを息子が再起不能にしてしまったからだ。

しかもその再起不能っぷりたるや、盤に傷をつけたとか、窓からフリスビーのように放り投げたとかそんな生易しいものではなく、単刀直入に言うと、
真っ二つに割ったのだな、DVDを。


どんだけクラッシャーだよ、息子さん(当時まだ2歳)?!


つか、普通、真っ二つに割れるか、DVD?!


つかつか、どうやって真っ二つ?!!


いまだにいろんな意味で大きなクエスチョンは残っているが、おそらく息子は、

「バルス!」

滅びの呪文を唱えつつ破壊したのだろうと、そんな風に無理矢理解釈するより他はなく。


しかし、ホラーを敬愛する一方で、ジブリをクラッシュするなんて、ある意味、俺より筋が通ってるかもしんないなー。

やっぱ、タブーでしょ?

ジブリのDVD、真っ二つって。

ディズニーランドで吐血ぐらいのタブーさ加減だと思うよ?

次、割ったら完璧に確信犯だわ、アイツ…。


じゃ、シーユー。


|

« こんなブログ、本当に読まなくていいと思う。 | トップページ | 大喜利だったら座布団、確実。 »