« たとえ写メでもやっぱプロは違いますな。 | トップページ | 駄目もとだろうがなんだろうが。 »

2008/07/24

液状パパ。

昨日は夏休み前の幼稚園個人面談というのがあって、奥さんにくっついて参加したマッチャー。

そこで担任の先生から、日々の息子の園での様子を詳しく伺えたりするのだが、詳しくは奥さんのブログを参照してもらうとして、マッチャーが中でも
「ほほーっ」と感心したのは、

「息子さんはお気に入りの○○ちゃんのことがとにかく気になる様子で、お弁当の時間になると離れた席にいる○○ちゃんのもとまで出向いて、○○ちゃんのお箸ケースのフタをスライドさせてあげてるんです

というエピソードだった。

お箸ケースのフタをスライド……なんとも言えずいい切り口だっ。

『マメな男子がモテる』という今も昔も変わらぬ定義を早くも実践しているその嗅覚に、同じ男として頼もしさすら感じてしまう。

つか、異性のお箸ケースをスライドしちゃうって、なんてダンディな園児なんでしょ!

それでうっすら微笑みながら、「どうぞ…」なんて上目遣いでお箸渡された日にゃあ、否が応にも乙女心が芽生えちゃうでしょ!

…あ、ちなみに奥さんのブログではあっさりスルーされてますけど、息子のお絵描きにはマッチャーも負けじと初登場を果たしております。

ちゃんと人型に描かれている“おかあさん”に対して、

「これ、おとうさん」

と息子が指差す先は、漠然とした水色の固まりでしたけど…。


じゃ、シーユー。


 

|

« たとえ写メでもやっぱプロは違いますな。 | トップページ | 駄目もとだろうがなんだろうが。 »