« 吐くまでして書くべきブログなどこの世にない。 | トップページ | さながらラオウ VS ケンシロウ。 »

2008/09/24

黒は白の、白は黒の誉れ。

昨夜は、現在、ホワイトチームとして参加している『シャープさんフラットさん』ブラックチームを観劇したマッチャー。

本番直前のリハを観て以来、初めてお客さんに混じって観させてもらったが、改めて今回のお芝居、そして企画の面白さに猛烈な勢いで感嘆した。

ダブルキャストってだけでこれだけ芝居の印象が変わるのか…?!

なんてことは、もはやとっくの昔にどうでもよくなっている。

例えばマッチャーと同じ役どころのマギーひとつとっても、至極当たり前に全く個性が違う人間同士だからして、この物語の根底にあるものは同じ汲み方をしても、表現のアプローチは多いに違って当然だ。

しかも共演者すらまるで違う。

今回、ホワイトチームの主演は三宅(弘城)さんが担当しているが、これがブラック主演の大倉(孝二)君が相手役だったら、自分が今やっている芝居をそのまま舞台に乗せているとは到底思えないし、加えて、両チームで所々ストーリーと演出まで巧みに違うとあっては、それによっても役作りの選択肢は無数の広がりをみせていく。

極端に言えば、語尾が微妙に違う書き方をされているだけでも、役作りの差になって大きく表れるほどだ。

例え大筋が変わらぬ一本のお芝居とはいえ、そんな事情がこの作品に参加する大勢の出演者の分だけ積み重なることで、客席に伝わる空気感、印象さえも異なる二作品が出来上がるのは、考えるまでもなくド必然だったりするわけで。

よって今回の企画は、好みで良し悪しを短絡的に断定してしまうにはもったいないほどに、ホワイト、ブラックの両チームがあることで、この物語が持つポテンシャルを見事に補完し合っているのが、よぉく見てとれる。

今更ながら、俳優陣の振り分けも絶妙としか言いようがない。

で、マッチャーが改めて何に感嘆したかと言えば、2チームに分けてもなお、高水準の芝居を提供出来るNYLON100℃という劇団の俳優陣のクオリティーの高さと層の厚さ、そして今回の、ダイナミックが過ぎる画期的な企画を見事に成し得た“揺れる”脚本を書き上げたKERAさんの作劇のすさまじさだったりする。

こんなこと出来るの、日本国ではこの劇団しかないと思うもの。

やー、幸運な上に、奇跡的な現場に立ち会わせてもらってますよ、ホント。

ダブルキャストという公演形態を体験したことで、これまで全く考えもしなかった根源的なお芝居の魅力にも触れられたしね。

まあ、久々に真面目モードでウダウダ書きましたが、ようは最近のボクはおかげさまで毎日とっても楽しいよ、ってことで。


じゃ、シーユー。


 

|

« 吐くまでして書くべきブログなどこの世にない。 | トップページ | さながらラオウ VS ケンシロウ。 »