« 初日のお弁当。 | トップページ | 3連戦最後のお弁当。 »

2008/09/04

2日目のお弁当。

080904_083001
ラップでくるくる巻きにして作ったミニ・シャケおにぎりと作り置きのエビフライとハンバーグ、そしてブロッコリー&プチトマト。

読者の方々にいただいたアドバイスを参考に、彩り、栄養バランスを配慮し、今日はブロッコリーを初投入してみました。

お弁当については、毎回もの凄い数のメールを全国の主婦読者の方々からいただくのですが、なかなかその豊富なアイディアを反映することが出来ませぬ…。

もうね、アップアップで作ってますからマジで。

ごめんなさいね…でも、余裕があったら実践してみたいアイディアばかりなので、どうぞ長い目でもって温かく見守って下さいませ。


さて、そんなこんなで、ほんの今、息子を園に無事送り届けてきたマッチャー。

その道中、フイに息子が「パパ、今日は頑張るからね」と言い出した。

なんのことだかよく分からなかったので、取りあえず「うん、お友達と仲良くいっぱい遊ぶんだよ」と答えておき、程なく園に到着。

いつものように息子を見送り帰ろうとすると、担任の先生に「ちょっといいですか?」と呼び止められた。

「むっ?! なにか私めが粗相を…」

ドギマギするマッチャー。

そんなマッチャーに先生がおっしゃることにゃ、

「昨日、パパにちゃんとバイバイを言えなかったって、朝からずーっと(息子が)泣いてたんですよぉ。授業中も、パパ戻って来ないかなあって、何度も入り口の窓を覗きに行ったりして…」


そういや、そうだったかも知れない。

マッチャー的には普通に見送ったつもりだが、昨日の息子は教室に入っても終始うつむき加減でかなり緊張していた様子だった。

ただでさえ人見知りな上に、昨日は夏休み明けで久々の登園…。

長期の休みの間にリセットされて、教室の雰囲気になかなか馴染めないのも無理はないだろう。

そのため窓の外で見送るマッチャーなど、息子の眼中にはまるで入ってなかったような気がする…。

先生の言葉にそんなことを思い出していると、マッチャーのところに息子がトコトコやってきて、

「パパ、バイバイ」

と手を振った。

それはいまだほぐれない緊張のため微妙にこわばった顔だったけれど、さっき息子が口にした、

「パパ、今日は頑張るからね」

の真意が分かり、なんだか胸がキュ〜〜〜ってなった。

今頃息子はとってもとっても少しずつだろうけど、きっと昨日より園を楽しめているんだろう。

だけど、息子にとってその“少しずつ”は、大人が想像も出来ないぐらい、大きな大きな頑張りなんだろう。

なんだか奥さんのブログみたいになってきたが、とにかくそんなことを思ったよ、今日は朝っぱらから。

俺ももうじき『シャープさんフラットさん』の本番だ。

数少ない残りの稽古、行けるとこまで頑張ろっと。


じゃ、シーユー。



 

|

« 初日のお弁当。 | トップページ | 3連戦最後のお弁当。 »