« もしくはDAIGOとか。 | トップページ | なぜかワンダーランド。 »

2008/10/16

未来を生きる男。

そんなこんなで昨日はパスポートの更新のため都庁に出向いたマッチャー。

で、必要書類と期限が切れたパスポート、そして宮崎あおいちゃんを意識したとは到底思えない撮り直しホヤホヤのキャリアは長いが一切客の指名が取れない残念なホスト風な証明写真を提出したところ、係の人に、

「このパスポート、まだ期限、有効ですけど」

と至って淡々と告げられた。

「そんなハズないですよ。2016年までってなってますよね?」

「今年は2008年です」

「えっ?2020年じゃなくて

「2008年です(と半笑い)

「いや、確か20年…」

「(遮って)平成

「はい?」

平成20年(と再びの半笑い)

「………」

「前回更新されてからすぐにニューヨークに行かれてますよね?2006年に。まだまだ使えますよ、このパスポート。有効期限10年ですから」

「………」

我ながらアンビリバボーな男だ。

西暦すら把握していないなんてバカ過ぎる……一応、六大学出てるのに。

どんだけボケっと生きてるんだ。

先進国に住んでる人間とはとても思えませんな。

好きなホラー映画だったら1分間で15本は言える自信あるのに、今、自分が生きているのが何年かも自覚せずに生きているなんて、ある意味カッコ良過ぎじゃね?

大体、2020年って結構な未来よ?

干支、一周よ?

その頃、俺、50歳よ?

マッチャーじゃなくて、もはや抹茶よ。なんとなくのイメージだけど。

そういやどんな書類でも西暦を書く欄は、必ず空欄で提出してるもんな。

だって全然関心無いんだもの、西暦。

大体でいいと思ってるんだもの、西暦。

それに確かにちょっと前に行ったわ、ニューヨーク。スシ王子の取材で。

風邪こじらせて毎晩ベッドでヒーヒー言ってたよ。分不相応な高級ホテルで。

やー、そんなのすっかり忘れてたわ。完っ全に記憶から抹消してた。

つか、なんだよ、散々証明写真撮り直したのにぃ。

どうすんだよ?残されたド変態残念なホストの写真は。

これじゃ自分の写真写りの悪さをブログで公表して、とんだ赤っ恥をかいただけじゃないか。


では、今後このようなことが二度と無いように、魂の復唱。

今年は2008年ねっ。

で、来年2009年で再来年が2010年ねっ。

で、2020年で俺50歳、そしてもはや抹茶ねっ。


じゃ、シーユー。


 

|

« もしくはDAIGOとか。 | トップページ | なぜかワンダーランド。 »