« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009/01/25

たのんますたのんます。


1.25(日)AM10:00より チケット一斉発売!(大阪)



今日です、今日!!!


じゃ、シーユー

|

2009/01/24

たのんます。


1.25(日)AM10:00より チケット一斉発売!(大阪)



明日です、明日!!!


じゃ、シーユー

|

2009/01/23

曜日感覚すら崩壊…。

ここ一週間、冒頭に貼付けてた


1.25(土)AM10:00より チケット一斉発売!(大阪)


の情報、


1.25(日)AM10:00より チケット一斉発売!(大阪)


の間違いでした。

むー、全っ然気付かなかった…。

とんだフライングキッズ。

もうー、みんなしてマッチャーのことバカだと思ってたでしょう?

飲み屋で唇の端にオクラの種くっつけたまま真顔で恋バナするぐらい超恥ずかしいっすわ(←オアシズの大久保佳代子が以前、マッチャーの前で長時間そうだった)。

ま、そんなこんなで関西地区の皆々様、何とぞ何とぞ何とぞよろしくお願い申し上げます。

じゃ、シーユー。

|

2009/01/22

仮想ファミリー体験。


1.25(土)AM10:00より チケット一斉発売!(大阪)

真心一座的な小劇場ケースで芝居を作る場合、これはもう常に予算との闘いになるわけで、毎回四苦八苦の思いをしているわけだが、

こんなことなら小室全盛期にglobeに入っとけば良かった…。
んで、もらったお小遣い、貯金しておけば良かった…。

などと不景気の最中に迎える今回の公演などは特にそう思うわけだが、

誘われてねぇし。

というそもそもの問題を前に猛烈に落ち込み、でもその直後、

パンサーもマッチャーも似たようなもんじゃん。

と思い直して強気になり、で、またその直後、

やっぱ誘われてねぇし。

とそもそもの問題を前に再び落ち込むわけである。

ああ…なんであの時、誘ってくれなかった、小室よ。


出会ってねぇし。


じゃ、シーユー。

|

2009/01/21

グラビア業界初、下ネタTOPアスリートに認定いたします。



1.25(土)AM10:00より チケット一斉発売!(大阪)


もうダメ…。

日々、舞台の稽古があっぷあっぷでブログを更新する余力がない。

きっぱり、ない。

でも、稽古は楽しい。

なので俺的に大丈夫。


で、昨日は稽古終了後、素敵グラビアアイドルと某雑誌対談。

4時間もの間、彼女の奇異な恋愛相談に乗りまくり、グラビアアイドルにあるまじきその冥府魔道な恋愛体験に猛烈な衝撃を受け、マッチャーも負けじと普段の稽古のストレスをぶつけるがごとく、確信的に雑誌掲載不可な話に終始した。

おい、楽しかったぞ、グラビアアイドル。

本気で癒されたぞ、グラビアアイドル。

あと5時間ほどどこにも公表出来ない話、し続けられたな俺達。

ここでまだその内容に触れられないのがとっても残念だけど、もし載せられる話が不足してたらいつでも呼んでくれ。

そして、また粘液粘液言ってくれ。

しかし、まあ……なんつう仕事だ。


じゃ、シーユー。

|

2009/01/19

オリーブオイル・エブリデイ。


1.25(土)AM10:00より チケット一斉発売!(大阪)

そんなこんなで真心一座、チケット好評発売中(東京)でして、ご購入いただけた方、本当にありがとうございました。

痔になるくらい死力を尽くして頑張りますので、一座の生き様、どうか見届けてやって下さい、そして未購入の方は見届けに来て下さいマジで。


さて。

このところパスタばかり食べているマッチャー。

自炊生活が楽しくて毎日キッチンに立っているのだが、作るものといえば


パスタパスタパスタパスタパスタ…。


たまに近所のご飯屋さんに入っても注文するものといえば、


パスタパスタパスタパスタパスタ…。


もうパスタしか目に入らない。

憎いヤツだぜ、パスタ。

河原パスタって改名しかねないほどだぜ、パスタ。

簡単で美味しくてバリエーションがあって、飽きさせないヤツだぜ、パスタ。


で、今朝も朝からパスタ。

ウインナーとキャベツのペペロンチーノ的パスタ。

多分、イタリア人より食べてると思うぞ、パスタ。

でも、こんな食生活で大丈夫なのか…?

答えてくれ、パスタ!


じゃ、シーユー。

|

2009/01/18

うっかり君もどうしよっかなあ君も。


1.17(土)AM10:00より チケット一斉発売!(東京)


昨日です、昨日!!!

でも、今日でもいい!!!



そして新サブリミカル。


1.25(日曜)A.M 10時より チケット一斉発売!(大阪)

Mimokokoomote_3

こちらもよろしくんに(土下座)


じゃ、シーユー。

|

2009/01/17

麗しの君よ、携帯を握れ。

1.17(土)AM10:00より チケット一斉発売!(東京)


Mimokokoomote_2


今日です、今日!!!


じゃ、シーユー。







|

2009/01/16

THE DAY。


1.17(土)AM10:00より チケット一斉発売!(東京)

Mimokokoomote


いよいよ明日に迫って参りました、真心チケット発売日。

どうか、どうか、どうかYOROSHIKU。


そしていよいよ今日から真心稽古も始まります。

めちゃめちゃめちゃめちゃめちゃめちゃGANBARIMASU。


じゃ、シーユー。

|

2009/01/15

俺的、素敵競技。


1.17(土)AM10:00より チケット一斉発売!(東京)



あー、どうも、やー、どうも、はー、どうも、マッチャーです。

昨夜は19時〜29時真心一座の打ち合わせ。

好きでやったにせよ、なんだ29時って?!

もうね、休憩時間も一切無し。ぶっ続けのがっぷり四つで芝居の話オンリー。

うわー、いかん。なんだか真面目な話ばかりしてしまった。

10時間ぶっ続けでスケベ話でもしないと精神バランス取れないよ。

今年はどっかのタイミングでそんなイベントを企画してみようかしら。

題して、


猥談トライアスロン2009


まず、参加者はこのネタに共鳴して頂けた読者だけを募集し、取りあえず、

初体験話 30分
性癖について 60分
悲惨な性体験 60分
ビックリ性体験 60分
 

で軽めに肩ならし後、残りの時間をフリー猥談に振り当て真の下ネタアスリートを決定するという、まさに夢の祭典。

完走ならぬ、完猥談後はみんなで輪になって健闘を称え合います。

「俺達、最高にクール下品だったよ!」つて。


よしっ!


想像しただけで今日も頑張って生きられる。


そして最後に。

定額給付金って確かに無茶な政策だけど、どうせ法案通っちゃうなら、せめて一定期間限定の商品券にすればいいのに…と思う今日この頃、下ネタ話で終わるのが大人としてちょっとどうかと思い、無理矢理旬な話題で締めてみましたが、それすら適当です、ごめんなさい。


じゃ、シーユー。

|

2009/01/13

I WANT 広い心 VERY MUCH.


1.17(土)AM10:00より チケット一斉発売!(東京)


昨晩はくるくるミラクルフレンド・篠原ともえ宅におよばれしたマッチャー。

ここのお兄ちゃんは現在フードコーディネーターの仕事をしており、その前はイタリアンだかフレンチだかのレストランでコックをしていたため料理の腕もグンバツなのな。

昨日もわざわざ築地で買ってきた旬のヒラメを丸ごと一匹自らさばいて、昆布締めにしたお刺身&ヒラメのしゃぶしゃぶガツンともてなしてくれました。

もうね、これが美味しいったらないの。

思わず「板長を呼んで下さるかな」って、どっかの社長みたいなこと言いたくなっちゃうの。

ニャオニャオ言ってるおぽんちな妹を引きはがして、本気で家に連れて帰りたいほどの腕前なの。

料理の腕も然ることながら、おっとり顔で普段から草食動物のように大人しく、妹思いの優しい性格とくれば、お兄ちゃん最高じゃない!ってなもんだが、こと料理のこととなると途端に人が変わるらしく、ある日、兄妹で家鍋をやっていたところ、ともえちゃんが最初にお鍋にマロニーを投入した瞬間、

「そんなんから入れるヤツがいるかっ!ダシ出るヤツから入れろっ!常識だ、常識っ!」

とめちゃめちゃ厳しく怒られたそうだ。

ま、人それぞれこだわりがありますから。

どんなに大人しい人間でも肉食ギアが入っちゃうことはままあるわけで。

とはいえ、そんな話を「ねぇ、同情してぇ」みたいな顔で話すしのらーよ…
ご馳走になっといてなんだけど、しょっぱなマロニーはマジあり得ねから。


で、鍋の後は、延びに延びた息子の幼稚園新学期初登園の付き添いに備え、お泊まり。

するとリビングのローテーブルに、息子によってどんだけデリケートなん?な勢いで絶妙に並べられたフィギュアコレクションを発見。

P1130075


これ倒したら間違いなく息子の肉食ギアが入っちゃうんで、近くを通る時は細心の注意を払ってそーっと歩くより他はなく、非常に緊張感に溢れた夜とあいなりました。

前に一度ドミノみたいにフィギュアを倒して、半日、口きいてくれなくなったことがあったのよ。

あの人間以下の愚かな生き物を見つめる冷めた瞳は、決して今でも忘れません。


ちなみにマッチャーは、家の棚を何気にいじった友人がちゃんとアルファベット順にCDを戻さなかったり、DVDをジャンル別に戻さなかったりすると途端に「ウキー!」ってなります。

あと、せっかくコースターを用意して近くに置いているのに、それを使わずグラスをテーブルに直置きするヤツな。

…なんだかそんなことを書いてるうちに、自分が一番みみっちぃ人間に思えて軽く凹んできましたので、本日はこれにて失礼します。


じゃ、シーユー。

|

2009/01/12

微妙にサブリミナル3














1.17(土)AM10:00よ










じゃ、シーユー。

|

2009/01/11

微妙にサブリミナル2






1.17(土)AM10:0










じゃ、シーユー。

|

2009/01/10

微妙にサブリミナル1



1.17(土)AM10



じゃ、シーユー。


|

2009/01/09

最後の例え、完全に間違ってますけども。





1.17(土)。





てじな〜にゃ!マッチャーです。

昨日は某映画プロット書き、そして身も心も脚本会議にまみれにまみれ、気がつけばド深夜。

今日はこれから身も心も取材を中村倫也君とバチーン!っと受けてまいります。

あ、今回もたいそう面白くなりそうですよ、身も心も

舞台の場合、現場を預かる演出家がその物語をどれぐらい面白がれるかが、これ当たり前ですけど、非常に重要でして。

自分以外の作家さんが書いた本を預かる場合は特にね。

なにせ稽古場で役者さんやスタッフさんにああしてこうしてと指示を出す重い立場ですから。

およそ1ヶ月に渡る稽古期間は、役者さんがセリフや段取りを覚えたり、基本的なスタッフワークを決めたりするためだけではなく、演出家の指示を受けた才能溢れるクリエーター達がそれぞれの感性でそれに存分に応え、それによって思いもよらない相乗効果を生み出し、チーム一丸となって作品の魅力を増大させるためにあるわけ。

なので、稽古場に入る前段階で、まずは演出家がその物語を余すこと無く理解し、かつ、物語に魅力を感じていないと、絶対にいい稽古場にはならないのでございます。

ま、それって演出家として最低限の責任だと思うし。

特にマッチャーの場合、自分がちょっとでも面白がれない現場に身を置くことに人の10倍ぐらいストレスを感じるタイプの人間なので、作家さんと取り組む本作りの作業はとってもとっても大切なのです。

いよいよ来週に迫った稽古初日を前に、相変わらずかつかつで作業しておりますが、真心一座座付き作家・千葉雅子、いよいよ筆が乗ってまいりました。


乗ってて!そのまま乗ってて、千葉雅子!


現在、祈るような心境のマッチャーでございます。


さて、そんなこんなで勝手に恒例のチケット発売日サブリミナル作戦、本日から曜日を追加させていただきました。

これからちょっとづつ情報を足してきますね、ええ、そりゃもう微妙なほどに。

では、年貢を納められなかったお百姓さんがお代官様に許しを乞うテンションで、

なにとぞよろしゅうお願いしまんす!!!



じゃ、シーユー。

|

2009/01/08

胃液な洗礼。

先ず何はさておき、


1.17。


どうも、俺です。マッチャーです。

さて、本日は息子の新学期初日ということで、リエちゃんと一緒に幼稚園まで息子を送りに行く予定だったのですが、昨晩からリエちゃんと息子2人して

ノロウィルスにかかってやがんの。

そんなこんなで本日は送迎中止。

心配で昨晩から駆けつけてたマッチャーも、朝イチから息子がもどした滝のようなゲロを頭からもろに浴びてやがんの。

着替えたばっかの服が瞬時にゲロまみれったらゲロまみれ…。

もはやコントですよ、固まったまま笑っちゃったですよ。

鬼太郎が見たら、「出たな、妖怪ゲロ太坊!」つて、髪の毛針、ビュンビュン飛ばされそうな、そんな素敵なモーニング。

ゲロまみれの人もそうじゃない人も頑張っていきましょう!


じゃ、シーユー。

|

2009/01/07

サイパンの道の真ん中で俺は何をやってるのだ!という発想がまるでないのがエライ。


1.17。



えー、どこに行っても不況不況の声が飛び交う昨今、このXデーが訪れるまではサブリミナル的にしつこく唱えていこうと固く心に誓う今日この頃、昨日はシャワーのお湯がなかなかお湯にならず、一人、フルチンでガス湯沸かし器と格闘していたマッチャーです。


ま、格闘っつってもキン肉マン太郎ばりの惨敗だったけどね。

やっとお湯になったと思ったら、何の前触れも無く突然冷水になっちゃうのな。

「お前は出川か!お前は出川か!って2回自問自答したくなるくらい、

「あひゃあ!うひゃあ!」

ってナイスリアクションしちゃいましたよ、お風呂場で。

東京ガス呼ばなきゃですね。ええ、呼びますとも。


さて、昨日はマッチャーの所属事務所、ハイレグタワーの新年会。

旧知の仲間に囲まれて賑やかに飲んだわけだが、ハイレグ時代からのメンバーでコバさんという、同い年にしてマッチャーも舌を巻くほどの下ネタアスリートがおりまして。

普段はこわもてで、仁義に熱い男の中の男キャラで通っているコバさんは、こと猥談においてもその勇ましさは天井知らず!

人を殺しそうな顔で次々と名言を連発していく。


「日に一度のオナニーは欠かせません。オナニーは俺のダイアリーですから


(隣の女性が机に置いたリップクリームを見て)なにこれ?タンポン?


「コバさん、どんだけスケベで頭いっぱいなんスか?」と言ったらば、


俺、精子のまま大人になっちゃったから(苦笑)


…ねっ?ひどいでしょ?

でも、こんなのほんの一部ですから。

ここで載せられない話のオンパレードですもん、コバさん語録は。

では最後に、すべらない話ならぬ、コバさんのスケベにも程がある話を紹介して本日のブログはお開きということで。


「彼女とサイパンに遊びに行った時、道を歩いてたら同じ目的地に向かう黒人に車を横付けされて、『俺の車に乗らないか?』って言われたんです。でも、『乗せるのはガールだけだ』って言うので、俺、頭きて、(※以降、素早く立ち上がり、実演付きで)こう、女をバックから攻める要領で激しくピストン(運動)しながら、

サイ、パン!パン!

ってやってやったんですよ、サイ、パン!パン!(※再度実演)って。そしたらその黒人大笑いしながら俺も乗っけてくれました」


下ネタは国境を超える。

そんなクソどうでもいいことを改めて痛感した、そんな朗らかな新年会でした。


じゃ、シーユー。

|

2009/01/06

これだーっ!みんなメモれコピれーっ!

今夜はブキーバックな見出しでこんにちは。

マッチャーです。


さて、改めまして、年末の発表に驚かれた方も多かったと思われますが、こちらサイドとしましてはとても穏やかに正月を過ごすことが出来ましたので、とりあえずご安心を。

初詣も普通に息子と3人で済ませましたしね。


そんな中、今年は仕事も忙しくなりそうで、まことにありがたいこってす。

こんな時は仕事に邁進するのが一番。

Mimokokoomote
もうね、人生の大きな節目で迎える最初の舞台が真心一座で本当に良かった。

だって、”小劇場界の大衆演劇”を掲げるこの一座、真心込めて好き勝手やってるだけあって純度がめちゃめちゃ高く、毎回すげぇ厳し楽しいんだもの。

やっぱ楽しいだけじゃね、なかなかいいものは作れないから。
日々、厳しさを積み重ねて行く中、それを楽しみに変えてく作業がどこかで絶対に必要で。

これ、人生も一緒だと思うのな、とちょこっと深いことを言ってみる。

ちなみにチケット発売日もいよいよ間近に迫って参りました!

1・17。

もう一度大きく書かせていただくと、

1・17。

まだまだ離婚余波につられて多くの人達がこのブログに寄ってくる間にダメ押しで宣伝させていただくと、


1・17。


えー、心のメモに書き留めていただけでしょうか?

忘れっぽい方は二の腕に1・17とタトゥーを彫ることをお勧めします。

そんなこんなで皆様のご来場、心よりお待ちしてますね。


特典としましては、マッチャーが舞台に現れた瞬間、客席から

「バツイチだ!」

…いやいや、常々思ってたけど、“バツイチ”って、もっとこじゃれた呼び名は無いものか?

「D・K・Aだ!(D独身貴族アゲイン)」

うーん、まだやぼったいか。もうちょいシンプルに、

「バツー1だ!(K−1やM−1風)

ヤダ、そんなグランプリ。一体、何を競い合う?

いいや、この際、

「エイドリアーン!!!」

って声高に叫んでくれて構いません。


嘘です。


本番中は叫ばないで下さい、他のお客様の迷惑になりますから。

せめて劇場の外で凍えながらマッチャーを出待ちして叫んで下さい。

ま、俺、エイドリアンじゃねーけども。


そして最後に、こちらも事務的なご報告。

既にお気づきの方もおられると思いますが、誠に勝手ながらしばらくの間、日頃、読者の皆様から寄せられるメール受付をお休みいたします。

この時期あまりに沢山のメールが送られてくると予想されるため、そうなるとそれらに目を通すマッチャーも仕事が手につかなくなっちゃうんで。

舞台の稽古と平行して、集中してあげなきゃならない書き物があるんすわ。

応援メールもザマーミロメールも今はお気持ちだけで十分!

そんなのわざわざ断り入れなくても、そもそも俺のブログなんだし、俺の好きでいいだろ!って思わなくもないですが、これまで多くの方々に楽しませてもらったり励ましてもらったりしたのでね、ま、一応。

どっかのタイミングで再開した時はまたヨロシクです。

その時の合図は、本かつおー!!!でお知らせしますね。

本かつお、全然関係ねーけども。


じゃ、シーユー。

|

2009/01/05

ぶっ生き返す。


うんこちんちんうんこちんちん!


ヤー!!!




以上を持ちまして、ブログ再開報告の言葉とかえさせて頂きます。

ちなみにボク、一応大卒です。六大学卒の満40歳です。

つか、おNEWの洗濯機がどうにも上手く使いこなせません。

なんでこんなに多機能なんだ、最近の電化製品。

ああ…険しいぞ、フレッシュ新生活。


じゃ、シーユー。



|

2009/01/01

新年明けましておめでとうございます。

そして新年早々、独身となりました。

詳しくはリエちゃんのブログをご覧になって下さい。

決して手抜きではないですから。

僕達2人の思いを余すこと無くそこでリエちゃんが語ってくれてますので、これ以上何を書いても蛇足だと思うのです。

どれだけ言葉を並べても到底全てが伝わるものでもないですしね。


だけど、せっかくなのでちょっとだけ。


彼女と知り合って9年間。

至らぬ自分と健気に連れ添ってくれたばかりか、最愛の息子までこの世に生み出してくれた彼女には心から感謝の気持ちでいっぱいです。

楽しかった思い出も大変だった思い出も全部ひっくるめて僕の財産。

本当にありがとう!と言いたいし、実際言いました、何度も彼女に。

“夫婦”という関係は変わりますが、子を持つ“親”としての関係は死んでも変わらないわけで、これからも互いに手を取り合い、笑ったり凹んだりの時間を目一杯共有しながら、我が子の成長を見つめていきたいと思います。


式場でお祝いして下さった皆様、そして陰なが応援して下さったたくさんの皆様、本当に申し訳ない。

なにせ急なお話なので、「心配しないで下さい」と言っても現時点では難しいかと思いますが、それでもあえて言わせてもらえば、心配しないで下さい。

長い人生いろいろあります。

この経験すらこの先の生き方次第で2人にとって大きな糧になるはずだし、そうしていかねばと強く思います。

何十年か先、成長した息子と3人、笑顔でこの時を振り返ることが出来るよう、今後も精進していくつもりです。

子供は僕らの映し鏡ですから。

優しくたくましく、どんな局面に立っても常に前向きで、人に勇気を与えられるそんな人間にこの子が育つよう、僕達がうんと頑張らなきゃです。


…結局、なんだかんだで長くなりました。

放っとくと一冊の本が出来てしまいそうなので、本日はこれにて失礼します。

あっと言う間にこれまでが過ぎ、新しいこれからが始まります。

彼女ともども、どうぞ今年もよろしくお願いいたします!


じゃ、シーユー。



 

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »