« 平々凡々にこそ非凡な悦びがあるのです。 | トップページ | 決戦!…的な盛り上がり、俺、皆無。 »

2009/03/23

愛を乞う人。

一昨日はリエちゃん、息子と三人で夕飯を食べる。

息子のリクエストでリエちゃんお手製のエビフライとハムカツ。

いいぞ、息子。

父さんも無性に食いたかったんだ、揚げ物。

でも、食事中、突然、

「ボクのチンコ、なんでムケてないの?」

って、スラムダンクばりの豪快な質問浴びせるのやめてくれ。

「まだ子供だからだよ。大人になったら、

と平然を装うマッチャーに、

「ムケてるの?パパは?」

と真っすぐな瞳で続け、

「もちろん」

と答えるマッチャーに

「あれで?」

って上から目線で挑発するのもやめて。

パパにケンカ売ってんの?

つか、そんなに不完全だった?パパのムケ

その後お風呂入った時、無性に心配になって確認しちゃったじゃん。

まあ、ちゃあんとしてましたよ。フリーザの最終形態ぐらいの完全さ具合で。

そんなこんなでかなりの動揺はありましたが、いつもながら楽しい夜でした。


そして昨晩は普段からめっちゃお世話になっている舞台監督さんの結婚披露パーティーに。

マッチャーってばDJ頼まれたのな。

DJはいつだってやりたいし、ましてや大切な仕事仲間のパーティーだから張り切りもするけどさあ…

このタイミングで、俺!!?

人の幸せ盛り上げろってか、離婚間もないこの俺に?!!

てか、めでたい人生の門出に、俺だよ?

不吉…不吉じゃねえ!!?

ってことで、『けんかをやめて』(by河合奈保子)やら『わかれうた』(by中島みゆき)やら『ぼくたちの失敗』(by 森田童子)やら『そして僕は途方にくれる』(by大沢誉志幸)やらを選曲してその期待に(どの期待か分からんが)存分に応えようと思わなくもなかったが、そこはソレ、下ネタと毒舌をこよなく愛すも一応良識ある大人なので、マンモスめちゃんこハイパーHAPPYにやってまいりました。

やー、本当に素晴らしく晴れがましいパーティーだったや。

そんなこんなで、ご両人。

どんな時も手に手を取り合って末永くお幸せにっ!

…と書いてはみたもののどうにも説得力が無い俺だけど。


そしてそして本日。

ほとんど不眠でロケバスに揺られ早朝から映画の撮影ですよ。

もうフラフラです、マジで。

息子にムケたムケないの因縁こかれるし、超ド級の人様の幸せを見せつけられたりで軽くヘコむしで、お願いですから誰かボクのことをかまって下さい。

ああ……檀れいに「金麦冷えてるからー!!!」ってマジ言われてえっス。


じゃ、シーユー。


|

« 平々凡々にこそ非凡な悦びがあるのです。 | トップページ | 決戦!…的な盛り上がり、俺、皆無。 »