« こんにちは、俺です。 | トップページ | 今週はこればっか。 »

2009/04/09

まずあの方には木野花先生の超演技を見ていただきたいです。

えー、本日、秋に演出を担当する舞台の情報がめでたく解禁となりましたので取り急ぎご報告をば。

シミヒロ先輩同様、マッチャーが尊敬する数少ない演劇界の先輩・生瀬さん、古田さん、成志さんによるどうかと思うほどの最強ユニット


ねずみの三銃士第2回公演

『印獣』


です。

所は前回同様、PARCO劇場。なんだかいっぱいの地方公演あり。
そしてやはり前作『鈍獣』同様、宮藤さんが筆を執ります。

で、なにせ今回の超目玉がですね、これだけ主演級の男優が揃っているのに


三田佳子さん


デーン!と主演に持ってくるというまさに仰天キャスティングでございまして。

やー、俺の人生の中で三田さんとお仕事をご一緒するヴィジョンなんて

恐ろしく皆無だったわ…。

しかも舞台の演出家として、ですからね。

どんな顔して三田さんの演技に注文付けるんだっつう…。

090407_154301
ゾンビ顔だと普通に怒られるだろうしなあ…まだ全然イメージできないっス。

宮藤さんと一部の共演者の方々は三田さんとの顔合わせお食事会をすでに済ませているんだけど、マッチャーは仕事で行けなかったのだよ。

その時、

「河原さんにもお会いしたいです」

とおっしゃられていたとのお話を聞いて、マジで瞬時に背筋伸びましたから。


宮藤さん。現場を預かる演出家から魂のお願いです。

三銃士の股間を鬼の形相でまさぐる。

とか

血ヘドをまき散らしつつ、「らーっ!」と叫んで宙に浮く。

とか

ラムちゃんのコスプレをした三田さん、側転しながら唐突に舞台を横切る。

的な無茶なト書きは絶対に脚本に書かないで下さい。


万が一書いたとしても、絶対に絶対に書き逃げだけはしないで下さい。


そんなこんなで今年は真心一座に続き、死霊初代スケバン刑事、そして三田佳子様主演作という、ジャンルもバラバラな豪華素敵舞台三本立てをお送りさせていただきます。

どの作品もカンパニーのみなさんと精一杯力を合わせ、全身全霊で務めさせていただきますので、何とぞよろしくお願いいたしますデス。


つか、2009年は完全にエポックな年になるわ…俺にとって。


じゃ、シーユー。


|

« こんにちは、俺です。 | トップページ | 今週はこればっか。 »