« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/29

今日はこれから

久々、息子の幼稚園のお迎えに行くので手短に。


ゾンビミュージカル、おかげさまで軒並み大好評でございまして、ま、稽古の時点でその自信は余裕であったのだけど、なにせあり得ない環境下(血のりだらけの床でのハードな踊り&殺陣、短期間の公演期間に詰め込まれた超ハードな本番スケジュール)で連日やっているので、本当に気が抜けない毎日がいまだ続いている。

もちろん出来うる限りの安全対策を準備して本番に臨んではいるが、作品の性格上、そして何より、日々微妙に変わる舞台という生モノの性格上、常に100%安全とは言い切れないわけだ。

しかし、いったん幕が開いてしまえば、そんなの忘れちゃうぐらいに、素晴らしいスキルと魅力に溢れた俳優陣が、「何もそこまで…」な勢いで、振り切れるほどバカをやりきっている。

だからこそ、この作品は多くの観客を魅了するわけで。

ここまで来たら無茶を承知で残り一週間、キャスト・スタッフ一丸となって突っ走るしかない。


こうなったら神様……いやさ悪魔でも構わないよ。

千秋楽までどうかこのカンパニーを守ってあげて下さい。

替わりにマッチャーの寿命を1年分ぐらいだったらあげますんで。


P6290004
写真は心あるお客さんからマッチャーに差し入れて頂けた手作りお菓子。

やー、実に素晴らしい。普通に感動したよ。

けど、もったいなくて食えねーよ。

じゃ、シーユー。



|

2009/06/25

食欲も便意もない。



だって緊張の初日ですもの。








じゃ、シーユー。

|

2009/06/24

けれどブログは書いてる俺。

飯も食わず満足な休憩も取らず眠気もシャットアウトしながら、されどグチもこぼさず、もはや半笑いで朝から丑三つ時を越えるまでただひたすら作業に専念する我々なのです。

明日初日かぁ…。

頑張ります頑張ります頑張ります頑張ります。

090624_105001

写真は臨場感溢れる楽屋モニター。

森の中のキャビンっす。


じゃ、シーユー。


|

2009/06/23

つうことで、明日からはホテルで更新です。

うぇぇぇぇぇー、どうも。

相変わらずイマイチ体調の優れない俺です、マッチャーです。

やっぱ酒ばっか飲んでるからですかねー。

寝付きが悪くて夜中に一人でラム酒ばっか飲んでるんだけど、いっこうに眠りが浅くて、稽古場にいる時間以外はヘナヘナエブリディですわ…。

どうせ眠れないならっつて、気分転換に朝方ゾンビ映画とか観るんだけど、精気の無い顔でフラフラ歩くゾンビを見ていると、ホント人ごとに思えなくて…。

ヤツらのことは昔っから愛してやまない俺ではあるが、さすがにここまでゾンビにシンパシー感じたことはないっス。


さて、そんなこんなで昨日からサンシャイン劇場に通っているマッチャー。

これから初日までわんさか準備することがあるので、今日から池袋でホテル暮らしをするわけですが、ここまでお芝居はいい感じで出来てますんでね、なんとか無事に本番を迎えるべく、チーム一丸となって頑張るだけです、ハイ。

これまでミュージカルなんて面白いと思ったことが無かった俺だけど、これはワクワクしますよ、理屈抜きに。

少なくとも日本じゃまずお目にかかれない類いのミュージカルであることは間違いないっス。

つか、「これでもくらえ!!!」って感じかしら。

「まあ、不謹慎!」「デタラメじゃないか!」「いい大人がやること?」「なんのメッセージもないわけ?」なーんて言われても、

知るかバカ!勝手にやらせてもらうわスピリットで真っ向から押し切れる、なぜか初演出ミュージカルなのに、個人的には原点回帰出来たこの舞台。

皆々様、どうぞこれでもくらいに劇場にお越し下さいませ。


さてさて。

先週受付予約を行いました俺パラ3ですが、またまた即完でございまして、とても嬉しい限りでございます。

いつもいつも本当にサンキューベリークンニ!

なんでも前回開催した5月は、風知空知開店以来、最高売上高を記録したらしく、

「俺パラに来て下さるお客様はとにかく飲み食いをして下さる!」

とマッチャーも大のお気に入りのプリティ副店長さんにも褒めてもらい、40目前男もご満悦でございました。

他のイベントじゃなかなかこうはいかないんだって。

素晴らしい!実に素晴らしいね。

もちろんお店のご飯が美味しいこと(最近はごぼうチップスとゴルゴンゾーラのパスタにハマってます)もありますが、みんなどんだけリラックスしてんだって話ですよ。

近いうち、調子に乗って俺パラ特製カクテル(すっごいHな名前の)とか出したいやね。

ついでに、マッチャーが家で作ってる微妙なパスタとか。


そして、今回当日券の発券は見合わせる予定でしたが、急遽予定を変更して、イベント当日までに入ったキャンセル数分だけ当日料金(3500円)にてご入場いただけることとあいなりました。

ですんで、仕事の関係や体調不良などで当日のお越しをやむなく取りやめる方は、大変お手数ですが速やかに風知空知までご一報下さいませ。

その分、予約受付に漏れた方々がアホアホなイベントにご参加頂けるんで。

なお、当日券受付時間などはこのブログで近日中に発表いたしますね。

しかし、「大阪でも!」「北海道でも!」「博多でも!」って、全国から俺パライベントの開催を願うメールが有り難いことによく届くのだけど、そしてマッチャーも全然やぶさかでもないのだけど、さすがに無理だよ。

人、来ないもん。あと、確実に肝臓壊すもん。

とはいえ、実現出来たら相当楽しそうなので、誰ぞ企画して下さいな部活ノリで。


じゃ、シーユー。



|

2009/06/19

プレゼントはアナタの笑顔で十分です。

どうも。

連日、空元気が2時間も持たないマッチャーです。


さて、明日20日は俺パラ3のチケット予約受付日でして。

なので元気が残っているうちに、改めまして告知をば記しておこうかと。

俺色パラダイス3

7月8日(水) 下北沢・風知空知にて
OPEN :18:30【開演までマッチャーDJタイム】
START:19:30
終演 22:30を漠然と予定(イベント終了後もお店にはご自由にお残りいただけます)

ゲスト・清水宏先輩によるミニライブあり

チケット予約受付日
6月20日(土)17:00より先着60名様限り

受付先 03-5433-2191(会場:下北沢・風知空知)
前売り 3200円(1ドリンク付き) 

となっております。
(※基本的に今回当日券は出さない方向ではありますが、場合によっては…ってことにもなるかもなので、その件についてはまた後日)

まあ、お暇な方はいつもの如くお気軽に遊びにきて下さいませ。

40にもなってどんだけスチャラカなん?!!

って思わず注意したくなる独身男のダメぇな酔っぱらい姿が漏れなく拝めます。


そして最後に、今回の俺パラトークゲストをご紹介。


小明ちゃんです。


小明(あかり)ちゃんは以前、サイゾーって雑誌で恐ろしく最低な対談(※最低は俺だけだけど)をさせてもらった素敵グラビアアイドルでして、この子ってば、かなり独特な文才もあり、最近出版された彼女の著作『アイドル墜落日記』は、ここ数年マッチャーが読んだ中でもとりわけ面白い本なのでした。

ま、良かったら読んでみて。

アイドルとは逆行したそのしみったれた感には相当驚愕&感動するから。

ちなみに小明ちゃんのブログがコレ。

こっちもなんだか笑えるからバンバン読むといいよ。

才能豊かなグラビアアイドルに40歳を祝してもらうのもオツってもんだし、加えてオーバー40にしてハバネロ級のパンチを持つ先輩(清水さんね)からその生き様も学べるしで、なかなかに有意義な1日となりそうです。


そんなこんなで、今日分の空元気をここまで結構使ってしまいました。

残りはゾンビ稽古に取っておかねばなので、バハハのハイでございます。


じゃ、シーユー。


|

2009/06/18

よ、よ、よ、よ、よ……

ようやく体調が良くなってきたゼ…。


マッチャーです。


近所のF&Fで買ってきたいんげんを最近の忙しさにかまけて放っておいたら、豆から芽がひょろっと飛び出してきたのでいそいそと鉢植えに埋めておいたところ、結構たくましい勢いで育ってきたのです。

俺もいんげん見習って生き生きしたいぞ。

このまま収穫まで漕ぎ着けていんげん祭りがしたいぞ。

加えて、こないだの稽古休みに近所のお花屋さんでハバネロの苗を買ってそれも育てているのだけど、これってもし実がなったとしたらどう食せばいいのだろう?

つか、ハバネロ祭りは微妙だぞ。


じゃ、シーユー。


☆メールはこちらからお送りください。

|

2009/06/17

ひ、ひ、ひ、ひ、ひ……

引き続き具合が悪いゼ…。


まあ、蓄積疲労による不調ですがね。

稽古が楽しいのでずいぶん救われてますが、稽古が終わるとマジ廃人です、ゾンビすら超えた。


ああ……温泉に行きてぇ。

つか、温泉に住みてぇ。

そのついでに温泉でモテてぇ。

妖怪人間三人衆が「早く人間になりたい!」と思うほどに、「早く元気になりたい!」と切実に思うマッチャーなのでした。


今日は昼から抜き稽古→夕方から通し稽古→照明の打ち合わせ(これが結構大変)→風知空知次回俺パラの打ち合わせ。

ま、俺なんかより忙しい人はごまんといるわけですから。

無心で頑張ります。


そして、間もなく開幕するゾンビミュージカル、そして今週末に予約受付が迫った1日遅れの40歳記念イベント・俺色パラダイス3

どっちもいい感じをお約束しますんで、ぜひぜひおいで下さいませ。


じゃ、シーユー。


|

2009/06/16

ぐ、ぐ、ぐ、ぐ、ぐ……



具合が悪いゼ……。


じゃ、シーユー。




|

2009/06/15

その書きっぷりたるや、よしっ!

土曜日にリエちゃんの舞台を観に行きまして。

息子も一緒に劇場に行き、リエちゃんマネージャーに息子を預けての観劇。

今、自分が作っている芝居とのあまりのギャップに、途中本気で頭がクラクラしましたが、やー、とても心地よい気分転換になりました。

なんせアチラは、『アダルトでロマンチックなラブストーリー』

で、コチラは、『ゾンビでスプラッターなヒーローアクション』

アチラがA級ダルトだから)なら、コチラはB級すら遥か通り越したZ級ンビだから)

切ない大人のラブストーリーを立派に演じ切るリエちゃんを客席で眺めていると、そもそもこんな2人で結婚していたこと自体、不思議に思えて仕方がなく、つくづく人生って面白いなあと再認識。

お互いの仕事・生き方を見つめ合いながら、時に支え合い、時に叱咤激励し合いつつ自分達の関係はこれからも続くわけですが、俺は俺でね、七転び八起きな人生をとにかくフルスイングで楽しんでいこうと思います、俺がリエちゃんにそう望むように。


で、その後、息子と公園を散歩していると、モンシロチョウがヒラヒラ飛んできまして。

で、息子が、「ふうたんも羽が欲しいー」と言うものですから、「なんで?」ってきいたら、

「パパのとこ飛んでいくの!」

とニコニコ顔で言うのです。

その純な健気さと、毎日一緒にいてあげられない申し訳なさで一瞬心がクシャクシャってなったけど、彼のためにも前を向いて生きるのみですわ。
ずっと息子にそんなふうに思ってもらえる存在でありたいですもの。


しかし、リエちゃんよ、いやさ、リエちゃんのブログよ、つか、結局、リエちゃんよ。

舞台のプロデューサーさんに、「復縁しちゃえばいいじゃん」って声をかけられたことに触れるのは全然構わんが、そして「それはない」ってことに触れるのも互いの了承事項だから全然構わんが、

『キッパリ断じて有り得ない』

って、どんだけ徹底的なボキャブラリーだよ。

「猫にロシア語で話しかけられた」

「銭湯で仲間由紀恵が男湯につかってた」

「雪男とサーファーが吉祥寺で肩組んで歩いてた」

レベルの話をされた時にこそ相応しいボキャでしょ、それって。

“有り得ない”にくっつくのは、“キッパリ”“断じて”かのどちらかでいいんじゃないでしょうか?

や、むしろこれで済んで良かったと言うべきか。

さらに“猛烈に”とか“腹の底から”とか“骨の髄まで”とか“人間辞めても”とかって付きかねない勢いだもんな。


うーん…びっくりしたの一周して、やっぱ素晴らしいよ、君ってヤツは。


じゃ、シーユー。

|

2009/06/12

邪のオーラなら負けないのだけど。

昨日はゾンビ初通し稽古。

上々である。

仕掛けや衣装の超早替え、血のりまみれの床での激しいダンスと、まだまだ盛りだくさんの課題があるも、ま、ここまでは順調ではないでしょうか。


が、なにより大変なのはかーくんの発汗量だ。

床にポタポタ、死んでる共演者の顔面にポタポタ、ポタポタポタポタポッタポタ…


別にかーくんが汗っかきというわけではない。

休憩込みで2時間という短い上演時間の中、それほど出ずっぱり叫びっぱなし暴れっぱなし踊りっぱなし歌いっぱなしなのである。


「マッスルミュージカルよりしんどい…」

そう呟きながら大の字でゼエゼエ寝転ぶ彼に、もはや「頑張れ!」などという安易な言葉は気休めにもならない。

「かーくんなら余裕でしょ。スターだもん」

とさらっと声をかけることが一番の良薬で、

「あったりめぇっスよ。オーラ違いますから」

そう答えてクールに微笑む彼はそんな自信に溢れまくった言葉とは裏腹に、本当にストイックでエンタメにかける思いもアホほど熱い。


思えばジャニーズ関連の人達(やめちゃった人達も含め)はみんなそうだった。

少年隊、SMAP、TOKIO、V6、キンキ、嵐、NEWS、関ジャニ、MA、光GENJIに男闘呼組と、様々なグループのメンバーとこれまで仕事をさせてもらったが、みんながみんなアイドルというポジションに甘えることなく、こちらの背筋が思わず伸びるほどに請け負った仕事に対して誠実極まりない。

彼らを見ていると、

「やー、俺には死んでも無理だわ、アイドル…」

と、ひとっこ一人オメエにゃそんなん頼んでねぇよ!と分かっていてもついついそんなことを思ってしまう。


汗だくだろうがオーラむんむんのかーくん、そして全てのキャスト・スタッフが怪我無く無事にこの公演を務め切ってくれることを心から願う。


じゃ、シーユー。


|

2009/06/10

ゾンビに人権を!

今日は昼からマスコミ用ゾンビ公開稽古と稽古場記者会見的なことがあるらしく、いつもより入り時間が早いのだった。

が、しかし。

チンポとかマンコとかアナルといったセリフが陽気に飛び交い、血しぶきがさわやかに飛び交うこの芝居のどこら辺を地上波で流せるのか、チト不安。

もちろんそれだけじゃないけどね、なにせファミリーミュージカルだから。

つか、こんなことばかりブログで書いてるから誤解を招くわけで、あくまで純然たるコメディ作品という情報が世間にあまり行き届いていないような気がするので、なんとかそこら辺が伝わるような朗らか会見にしたいものです。


あー、今頃、元・奥さんは渋谷のお洒落な劇場で『LOVE 30』なる小粋な舞台をやってるのか…。

で、その元・亭主が『ZOMBIE 40』的な邪悪な舞台を必死こいて作っていると考えると、なんだか感慨深いですな。

俺も来年やりたいなー、『LOVE 30』

ゾンビで恋愛ものの二人芝居、自分で書いて売り込んでみようかしら?


『LOVE ZOMBIE 40』

20年ぶりの同窓会に参加した女性が実はゾンビで、異臭を押さえるために全身をキムコで覆いつつ、再会を果たした、かつて彼女が恋い焦がれていた男性に首がもげるほどの勢いで切なる思いを打ち明け、うっとりした男性の隙をうかがい彼の肩口を甘がみし、「実は私、生ける屍なの」とも打ち明け、その直後、本当に首がもげ、「それ、ついでに言うことじゃないだろ!」と、首がもげてるもんだから目も合わされずに怒られるも、翌朝2人はまばゆい朝日に照らされながら肩を並べて街をユラユラ徘徊する…みたいなちょっぴりビターなロマンチックストーリー。


ああ……共演してくれる女優さん、いなさそう。

そして売り込んでも余裕で却下されそう。


じゃ、シーユー。


|

2009/06/09

こうなりゃ自分博物館作るしかないね、例え年中無人でも。

今、自分が死んだら、大切に所持しているアレやコレやはどうなってしまうんだろう…と考えたことはないだろうか?

俺なんかはよく考える。

で、「俺にとっては大切でも、そのほとんどは人から見たらなんの価値もないわけで、で、『おい、コレどうする?』って話を近しい人達にされるに決まっているわけで、で、それって大変心苦しいのだけど、つっても自分は死んでいるのだから心苦しいもなにもないわけで、じゃ、せめて遺書に細かくその配分やら処理の仕方やらを書き記しておこうとも一瞬思うんだけど、それってすっげー面倒くさいわけで、だからまだ死ぬとか考えたくないわ…ま、いつか死ぬけどね…でも、もうちょい生かしてお願いだから」

みたいな感じで結論を先延ばし続けている俺なのだ。

自分が買ったDVDや聴いた音楽、自分が遺した仕事なんかは全て息子に観たり聴いたり触れたりしてもらいたいというささやかな思いはある。

もちろんそんなの息子の勝手だから強要こそしないけど、ちょっとでも彼の興味がわくアレやコレやを遺してあげたいと心から思いつつ、でも、舞台の臨場感なんて、むしろ残らないところが好きでこの仕事やってるんだよなーと思ったり、今日もポストにAmazonで注文したナチ女親衛隊 全裸大作戦などというDVDが投函されているのを見ると、ダメだこりゃ……と本気で天を仰ぐ俺なのでした。

じゃ、シーユー。


|

2009/06/08

たまには『無題』でもいいじゃないか。

先日、久しぶりに息子の幼稚園のお迎えに行った際、ふいに

「ふうたん、パパのことずっと大好きだったよ」

と言われ、思わず本気で涙ぐみそうになった瞬間、


「じゃっ!!!」


とこれまたふいに強烈パンチをチンコに放たれ、すれ違う女子大学生達に、

「マジ痛そうー!」

と大声で同情された、こんにちは、お願いだから俺に構わず素通りしてくれ、マッチャーです。


さて、こちとら、相も変わらずゾンビに追われる毎日を送っているわけですけど、ここまでの経過は、まあああああああああ、デタラメに面白いですわ。

いや、デタラメで面白いと言うべきか。

こんなおバカ丸だしのミュージカルはまずこれまでの日本にはない!!!と激しく言い切れる、ある意味、朗らかファミリーミュージカルとなっております、なぜかゾンビなのに。

もちろん稽古場ではまだまだ詰めなきゃいけないことが一杯でいっこうに予断を許しませんが、デタラメにさらなる磨きをかけるべく、日々、どうやら諸(もろ)ヴィックなるお水まで作っているという諸星君とともにめっちゃ頑張ります。


で、最後にイベントの告知。

俺色パラダイス3回目が7月8日(水)に決定いたしました。

なりたて40歳な俺をどうか笑顔で囲んでやって下さい。

もちろん手ぶら、もしくは手ブラでお越し下さって結構です。

予約受付開始日は、6月20日(土)17時よりいつもの風知空知にて。

そして、なりたて40歳のマッチャーを祝うべく参加して下さる一組目のゲストは、マッチャー念願の


清水宏先輩


によるハイパー生き様ライブです。

やー、むしろお客さん入れずに一人で堪能したいぐらいだわ、清水宏。


そんなこんなで支離滅裂な本日のブログ、終了!


じゃ、シーユー。


|

2009/06/04

ブログネタとしては非常に助かる。

昨日はかーくんからまたこんなんもらったよ。


P6040001


別にコレはかーくんプロデュースじゃないみたいだけどね。

しかし、なぜにたこわさび…?

さっそく晩酌のつまみにしたら、やっぱうめぇでやんの。

やー、今日は何がもらえるのかしら?

イチローの連続安打記録ばりに気になってしょうがないわ、マジで。


じゃ、シーユー。



|

2009/06/03

どんなおだしが出るんだっつの。

先日、かーくんにもらった彼プロデュースのカップ焼きそば。

P6010005


せっかくだから、白いGジャン姿もまぶしいかーくんをアップめで。

P6010006


これ、1個800円するんだって!

で、食ったら、マジうめぇでやんの。

あと、かーくんって、バカ息子ってお米や、諸茶っていうお茶っぱや、諸だし昆布っていうだし昆布とかもプロデュースしてるんだってさ。

ごめーん、俺、全然知らなかったわ。

きっとこっちもバリウマなんだろうなあ。


しかし、もろだし昆布って……。

お願いだからそこまで俺の気を引いてくれるな。


じゃ、シーユー。


|

2009/06/02

俺パラと俺ポリ。

DOUMO、マッチャーだす。

一昨日は雨の中、続・俺パラにお越しいただけた皆様、とってもありがとうございました。

本当は昨日ちゃんとここでお礼を言いたかったのだけど、あの日は結局朝6時まで飲んじゃって、ヘロヘロでパソコンのキーすら叩けませんでした。

すんませんね、来月で40になる大人なのに。

相変わらず行き当たりばったりもいいところのイベントでしたが、個人的にはどえりゃー楽しめました。

それもこれも物好きな皆様の寛大なお心のおかげでございます。

来てくれただけでもありがたいのに、差し入れなんかもいただいちゃって。


世界一の切れ味を生む波刃、ウェンガーの包丁

これで料理やる気、がぜんアップです!


和也さん愛飲の(常には飲んでないとは思うけど)
精泉マカビンビン液

ここぞの場面でガブガブ飲みます!


『スーパービッグボーイズ』なる馬並みサイズ用のコンドーム。

ここぞの場面でブカブカします!


今後もなんとか飽きずに続けていこうと思ってますんで、その時はまた遊びにきて下さいね。

そして風知空知スタッフの方々、あとゾンビまみれの雰囲気を常夏なウクレレライブで一掃してくれたゲストのプリティ双子にも心より感謝の弁を述べさせていただきます。


さて。

先週金曜日のブログについて、読者の皆様よりこれまた心優しきメールがこんもり届きました。

そうでしたね。

よかった探しは小公女セーラじゃなく、ポリアンナでしたね。

そりゃもう、ポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナ、アナタ達はポリアンナの親族か!な勢いですんげぇダメ出しされましたよ。

心で、ポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナポリアンナ反復して、今後、間違えのないようにしたいと思います。

ごめんちゃいちゃい。


じゃ、シーユー。


|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »