« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/31

ヨレヨレだけど、それでいいじゃないか年越しなんて。

去年のこの日、離婚届を提出したんよ。

確かあの時もいい天気で、大変のどかな大晦日だった記憶がある。

気持ちの方はすでにさっぱりしたものだったので、離婚した実感すらあまり無かったのであるが、そうですかあ、あれから一年経ちますかあ。

こうして一人で部屋にこもってブログなんぞを書いていて、今ようやく「独り身になったんだな」って実感がわいてきました。

今年もいろいろあったけど、きっと来年もいろいろある。

夫婦という関係では無くなったけれど、リエちゃんは俺の人生において殿堂入り的ポジションになり、息子は永遠の宝ものに変わりはない。

今後も様々な変化はあるだろうが、そこんとこだけはブレることなくこの先も陽気に生きていくのです。

いい一年だったかどうかなんて、正直分からない。

ただなんだか一生懸命やったよ、みんなにすっげー助けられながら。


では、皆々様、良いお年を。

そして俺にもカモン!良いお年と良い来年。


じゃ、シーユー。


☆今年1年、皆さんはどうでしたか?穏やかで良い1日と、明日からをお過ごしください!そしてメールはこちらからお送りください。

|

2009/12/29

めでたくない俺が今晩もめでたい席ではしゃぎ倒す。

只今、息子はおじいちゃんに連れられエンジョイ・パーク中でありまして、マッチャーはといえば、その間、バタバタと帰り支度をしているのですが、その合間を縫ってせっせとブログを更新している俺は我ながら結構マメな男だ。

本日は息子をリエちゃん宅に送り届け、その後、お友達の結婚パーティーでDJを担当することになっている。

東京に戻ったらでアワアワで選曲せねばだ。


で、それが終われば呑気に年越し。

久々に一人で迎える新年はどんな感じなのだろう。

取りあえず抱き枕でも買っておこうかしら。

あと美味い日本酒とか。


そして本日をもって我が事務所も年内仕事納めだそうで。

ブログでなんだが、今年一年、またもや大変お世話になったということで、ハイレグタワーの皆々様、本当に本当にご苦労さまでした。

ミセス・イワノフも連日のブログ更新、すげー感謝しております。

時に「あんまりだろ!」とパソコンのディスプレイに思わずツッコみたくなるミセス・イワノフのコメントも、最近では密かな楽しみになってるよ。

来年も引き続きよろしくです。


ま、年内もう一回ぐらいブログ書くけど。


じゃ、シーユー。


|

2009/12/28

福井にいるよ。

091228_161001

息子&姪っ子達とウルトラマンかるたとかやってるよ。

わざと負け続けてるよ。

ま、大人だからね。

とはいえ、いい加減悔しいよ。

よってたかって「どんくさーい!」って大声で叫ばれると、ついつい本気出しそうになるよ。

加えて、時たま思い出したように、「パパは最近太ったんだよ」って息子から若干釈明めいた紹介をされると、「なぜ、このタイミングで?!」と激しく動揺するあまり、スピーディーな大人ぶりを無性にアピールしたくなるよ。

つか、何度かムキになって本気出したけど、普通に子供達にかるた先に取られたもんだから、傷つくのを恐れてやっぱ本気出すのをやめたよ。


しっかし、ギャーギャー楽しそうだなコイツら。

ニコニコしてる息子見てると幸せな気持ちになるよ。

あと、それ見て喜ぶ親の顔を眺めてるとこれまた幸せな気持ちになるよ。

リエちゃんも少しはのんびり出来てたらいいんだけど。


明日は帰京だよ。

いろいろとやることあんのさ、どんくさい大人なれど。



じゃ、シーユー。


|

2009/12/25

アゲアゲには程遠い…レザーフェイスをもってしても。

昨日はリエちゃんと息子と穏やかなクリスマスイヴを過ごしたマッチャー。

午前中から息子と遊んでお昼に焼き肉食ってその帰りにケーキ買って夕方まで息子と遊んで夕飯にお寿司食ってデザートにケーキ食って最後に軽めに息子と遊んでホクホクな感じで一日が終わる。

去年のイヴも確かこんな感じだったが、やー、今年も平和だった。

もちろん去年とは大きな事が変わってますけどね。

それだけに心からご先祖様に感謝しなきゃですわ。

思い返せば、幼き頃からクリスマスという行事になんの執着も無かった家庭で育った人間からすれば、近年、かなりの充実したクリスマスライフを過ごさせてもらってますよ。

オヤジとかいまだに七面鳥を鳥の妖怪だと思ってるフシ、大アリだもん。

いや、これマジで。


さて、話変わって。

最近、読者の方々の親切メールで知らされたのですが、マッチャーは来年、前厄じゃなくバチーン!と本厄なんだそうで。

そんなことすら無自覚な厄ビギナーなんですな、恥ずかしながら俺って。

これじゃますます気合い入れて払わなきゃですやん。

でも、同じく「厄払いは厳かな気持ちで一人で行った方が良し」的なアドバイスもいただいたので、ウキウキ気分で待ち合わせしてお祓いに行くのはさすがに自粛しとこうかと。

今のところ7日のお昼頃に明治神宮で済ませようとは思ってますが、万が一、マッチャーを見かけても、お祓い終わりを見計らって「あけおめあけおめ」お声をかけて下さいませ。

アホみたく清々しい笑顔で、あけおめあけおめ返ししますんで。

まあ、そんな物好きな方はそうそういないとは思いますが、こないだブログでお誘いしちゃった手前、一応、当日はそんな感じってことで。

つか、明後日からちょびっと実家に帰るのですが、腰痛をおして混み混みのJTBで買った新幹線の往復切符、どっかに落としちゃったんだよなあ…。

4万円弱があっさりフイですよ。

どんだけツイてないんスか、今年末の俺。

憂さ晴らしに家で『テキサス・チェーンソー』大音量で観たんだけど、むしろ負のテンションがバカ上がりしちゃって、こっちまでチェーンソー振り回したくなっちゃいましたよ。

俺、改めて、払う気まんまんでござい。


じゃ、シーユー。


|

2009/12/22

払う気まんまん。

読者の方に厄払いを一緒に行きませんかメールをいただいた。

そうなんですよぉ

来年前厄のマッチャーもがぜん行こうと思ってたんですよぉ。

ちなみに厄払いって申し込みとかいるんスかね?

厄払いビギナーとしましてはそんなお誘いでしたらひょいひょい乗りますっス。

7日以降、明治神宮あたりで行こうと思っているのですが、ご希望の方はぜひ。



じゃ、シーユー。


|

2009/12/21

勝負に勝って競技に負けた笑い飯は

あれでいいと思う!


鳥人、本気で感動したよ。



じゃ、シーユー。



|

2009/12/18

自虐アイドルを気取って。

今日は知人に紹介してもらった整体師さんに痛んだ腰を診ていただいたマッチャー。

なんでもひどく首の骨が歪んでいるそうで、まずそれを大矯正。

アゴ周りの骨もやっぱりひどく歪んでいるそうで、続いてそれも大修正。

すっげー小顔になってビックリした。

鏡で見たらどっかの妖精かと思ったよ、軽く嘘だけど。


先生は患部を矯正している間、何度も何度も

「なかなかのもんだ。なかなかのもんだ」

と熱を帯びた感じで呟いていた。

漁船でマグロを釣ってる松方弘樹も時々そんな風に言うのだろうな…

と瞳を閉じて思いを馳せる診察室が心地よい。

で、体全体をわっしわっしされながら、夏に出た血尿の件、日頃、肩や背中がパンパンに張ってる件などを話したら、先生曰く、今回発症したぎっくり腰は、

「今年の総決算」

なんだそうだ。

なんでも体中から尋常じゃない量の溜め込んだストレスが感じられるらしい。

思い返せば、今年は仕事もプライベートも本当に大変な一年だった。

心ではなんとか乗り越えられたつもりでも、体は正直になったなあ、40歳。

でも、まだまだ倒れるわけにはいかないので、例え今後もぎっくりや血尿にちょくちょく見舞われようとも、まだまだなにかとガンガンやったります。

で、そのうち前のめりに倒れますんで、読者のみんなぁ!


きっと見ててねっ☆




じゃ、シーユー。



☆見ててね40歳へのメールはこちらからお送りください。


◎メールマガジンより迅速、更新情報もすぐにわかるハイレグタワーon twitterはじめました。フォローどんどんどうぞ!

|

2009/12/17

陽気過ぎだろ。


よっ!ギックリ!


と、メールをもらいました、昨日元奥さんから。

これも彼女なりの励ましなんですよ。

実際、笑っちゃったし。

でも、逆の立場だったら確実に「ああ?」と睨み返されます。


腰の具合は相変わらずダメダメだけど、明日には知人の紹介で凄腕整体師という名の、ちょっと早過ぎるサンタに会えるんで、ま、そこでなんとかね。

そして、明日幼稚園に行けば、息子は冬休みかあ。

今年も一年楽しく通えたんで、褒めに行きたいけどなあ。

ちょっち無理かも…。


さてさて。

今度の日曜日は、マッチャー次回演出作『NECK』の一般チケット発売日だそうで。

先行発売でだいぶ売れちゃってるみたいですけど、印獣に負けず劣らずのかなあああああり特殊で刺激的な舞台になりそうだし、マッチャー的に初仕事ばかりの魅力的な俳優陣の中、いつかご一緒してみたかった板尾さんもご出演なさるしで、興味のあられる方はどうぞ張り切ってチケットの方、お買い求め下さいませ。

只今、全力で脚本と格闘中です。

もちろん腰をさすりながら!!!


じゃ、シーユー。


|

2009/12/16

セカチュウの森山未來君以上に「助けてくださーい!」な俺。

只今、人生初のぎっくり腰に激しく襲われているマッチャー。

やべーよ。

超やべー。

そーーーーーーーーーーーーっとしか歩けねえよマジで。

昨夕から急に「あれ?イタタ…アタタ…ウクク…」ぐらいの異変を腰に感じていたのですが、夜には痛みがどんどん増してきて、今朝起きたらベッドから起き上がるまでに20分かかってやんの。

あー、今日も出先で打ち合わせ2本あんのに…ほふく前進で行くしかないわ。

つか、着替えだけでどんだけ時間かかるんだっつう。

今も部屋で一人、腰をさすりながら激痛に耐えていると切なくてしゃーない。

や、こういう時、改めて独り身は堪えますな。

完全に介護がいりますもん。

ぎっくり腰ビギナーとしましては、今後どうしたらよいのでしょう…?

しっかし、これまで無縁だったぎっくり腰だったけど、噂以上にスゴいヤツだったんですね。

なんかの番長だよ、絶対コイツ。

 


じゃ、シーユー。


|

2009/12/14

やっとこさ。

全公演、無事、終了いたしましたぜ印獣。


昨日の打ち上げでは全てのキャストが嘉穂劇場で舞台を締めくくれたことをとても感慨深く、そして幸せだったと語っておりまして、それはそれはマッチャーも同感なのでありました。

今はあまりのやりきった感に寂しさの欠片も無く、むしろ「あー、楽しかった!」と、どうかと思うぐらいスカっとしております。


気持ちはすでに来年のお仕事に真っすぐ向かっておるですよ。


ねずみの三銃士企画は自分にとっても特別なお仕事だし、これから控える全ての作品がこんな晴れ晴れとした気持ちで終われるよう、日々精進せねばな、と。

そんなこんなで、印獣に足を運んで下さった全てのお客様に感謝感謝。

また嘉穂でお芝居が出来るよう、マッチャーもよりいっそう頑張ります。


けど、客席でこんなうちわを笑顔で振るのはどうだろう…?

091214_104801


お気持ちは大変嬉しく受け取りましたが、うちわをせっせと作って下さった方々が周囲のお客に、

抹茶?バニラじゃダメなの?てか、ここ京都?てか、バカ?

などと思われていないかとてつもなく心配になりました。

ま、なにはともはれ、ありがとうございましたです。

記念に自宅に飾らせていただきますね。


何度もここで書いてますが、俺、抹茶じゃねーけど。


じゃ、シーユー。


|

2009/12/11

嘉穂劇場。

これが正面入り口にある立て看板。
091211_115201


で、これが二階席から見た舞台。
091211_120301


で、で、これが舞台から見た客席。
091211_121101_3



幸せです!!!!! !!


じゃ、シーユー。



|

2009/12/10

博多の空から完食を祈る。

本日はタラコスパ、ハンバーグ、じゃこ入り卵焼き、きゅうりの塩昆布和え、そしていつものプチトマト。

091210_075101

頑張って緑モノを作ってみました。


ああ…息子の判定が気になりまする。


じゃ、シーユー。


|

2009/12/09

ちんこまんこ。

と唐突に見出しに書いてみたが、どうだろう。


俺自身、この曇り空を吹き飛ばすぐらい気が晴れたが、テンションがた落ちの読者もいるのではないか。


知ったこっちゃないので先に行くが、本日は夕方まで仕事をして、それから息子と夕食、お風呂に歯磨き、寝かしつけ。

翌朝、お弁当を作って息子を幼稚園まで送り、その足で第三回目のダンス部、それ終わりで羽田に行って飛行機に飛び乗り、博多に到着後、三田さん主催のお食事会、で、その後、間違いなく古田さん達と中洲で二次会といった流れである。

そんな慌ただしいスケジュールをこなすには、ちんこまんこちんこまんこ言っていないとやってられない一方で、そんなの言わずして日々の生活を懸命に送る殊勝な方々もたくさんいらっしゃることは周知の事実であり、かといって言った者勝ちだと開き直る俺は、実は言った者の負けだであることも十二分に承知している非常に分別をわきまえた大人なので、どうぞご心配なく。



じゃ、シーユー。


|

2009/12/08

兄に感謝し、妹に食い過ぎを注意した夜。

先日、(篠原)ともえちゃんとそのお兄ちゃんがマッチャー宅に遊びに来まして。

ま、この季節ですからね、をばやりました。

以前、お兄ちゃんの料理上手についてはここで書かせてもらいましたが、今回もお兄ちゃんは築地で最高の金目鯛を丸ごと一匹仕入れてき、前日自らとった渾身のお出汁をペットボトルに入れて持参し、かつ、初訪問のマッチャー宅に着くやいなや料理道具&食器各種&冷蔵庫事情を黙々と入念にチェック、初めてのマッチャー'sキッチンにもあっさり順応し、なんとも手際良く美味しい美味しい金目鯛のしゃぶしゃぶ鍋を完成させたのでございます。

なんなんでしょうねぇ…しゃぶっていいんですね、金目鯛って。

ありがたく塩ポン酢でいただいたところ、一口食う度に「あっふーん」って声が漏れちゃうほど甘美なエクスタシー味。

やっぱスゲーわ、ともえちゃんのお兄ちゃん、略してとも兄。

サンジの替わりにルフィの船に乗せてもらえばいいのに、とも兄。

で、ついでになんかの能力も身につけちゃえばいいのに、とも兄。


それに引き換え、マッチャーとともえちゃんはなんもしてないですから。

テレビ観ながら、「メシ食わせー!メシ食わせー!」言ってただけですから。

やー、とも兄には週3程度、マチャ兄にもなってもらいたいぐらいです、がぜん俺が年上だけど。

そんなこんなで、本当はせりやクレソンも投入された目にも楽しい鍋写真をアップすべきなのですが、夢中で食べるあまりあっさり撮り忘れてしまったので、仕方なしに鍋の待ち時間中、ともえちゃんが湯気で曇った窓に指でちょちょいと戯れで描いた落書きを載っけときます。


091206_2034


ねっ、ぽいでしょ?


じゃ、シーユー。


|

2009/12/04

最後の最後にきておNEWな印獣。

観劇して下さった全国のお客様から多くの嬉しい感想メールがマッチャーのところに届いているところをみると、その後、印獣は名古屋→新潟と順調に旅を続けている、らしい。


東京と違い、普段演劇に触れる機会が限られる地方のお客様に自分が携わった舞台を観ていただくのはとても嬉しいと同時に、かなりの重責を感じる。

それで面白くなかったらもう演劇観ないって人もいるだろうし、逆に面白かったらもっと演劇を好きになってくれる人もいるだろうし。

このご時世、決して安いとは言えない金額を払って劇場に足を運んで下さるお客様には、『チケット代に見合う』を通り越し、出来れば『チケット代を忘れられる』ぐらいの作品を常々提供していきたいと、まだまだ未熟な演劇人ではあるけれど、そんなふうに思うのだ。


まずは自分が心底観たいと思える舞台を、その都度チーム一丸となって作ることが基本中の基本。

で、あとは「えーい、ままよ!」で客席に放る、と。

そこで大多数に受け入れられないことが続いたらさっさとこの仕事は辞めるし、なーなーな感じで観客に媚びるようなものしか作れないようであればもっともっと早く辞めるし、でも、自分が納得出来る球が投げられるうちは、上手くいくいかないは毎回あるけれど、うんうん頑張ってこの仕事を続けていきたい。


印獣最期の地、嘉穂劇場にはマッチャーも伺わせていただきます。

嘉穂劇場は常々憧れの劇場でしたから。

幸せでありんす。

なにせ嘉穂は普通の劇場には無い芝居小屋の風情がぷんぷんなもんで、三田さんを主演にお迎えした今回、逆にハマる部分も多いにあるのではと大変期待しております。

なにせ照明バトン(照明を吊るす鉄製の棒)がですもん。

花道とかも普通にありますし、劇場内も赤提灯でいっぱいですしね。

とはいえ、あのねずみの三銃士ですから。

そんな風情との大いなるギャップもかなり楽しめるんじゃないかと。

ここにきて新鮮通り越してスリリング。

や、演出しといてなんですけど、今からマジでわくわく&ドキドキでございます。


でも、その一方で、なんでも劇場が博多から少々遠いこともあり、お客様的には終演時間の都合上、なかなか夜の部の公演に足を運ぶのが一苦労だとも伺っております。


福岡近郊だけじゃなく九州地方だけじゃなく、演劇好きの全国津々浦々の人々よ。


観ないともったいないから来ちゃいなよ。


印獣はマッチャーも納得の信用のブランドです。


じゃ、シーユー。


|

2009/12/03

言っときますが、この柔軟、本気でやってます。

運動不足マッチャー対策委員会として有志とともに勝手に発足したダンス部。

昨日、その第一歩をなんとか踏み出しましたっ!

……はいいけど、ストレッチから先が思いやられるぞおおおおお、俺!!!!


091202_123601


ひどい…余りにひど過ぎる…。

これじゃ虚ろな老人じゃん。

隣の師匠と同じ柔軟をやっているとは、とてもじゃないけど思えませぬ。

「息、吸ってぇ、ハイ、吐いてぇ」

の声に従い、素直に息を吐いてるつもりが、マッチャーひとりだけ、

「むぬぁぁぁぁぁ」

とか

「ふひぃぃぃぃぃ」

とか

「どぶぅぅぅぅぅ」

みたいなことになっちゃって、部員達の集中をことごとく断ち切ってしまいました、大変申し訳ないことに。

「妖魔退散!!!」

と、スタジオの外に放り出されないよう、おいおい慣れていかなきゃです。


けど、おかげさまで、ここ数年で一番のブタ汗がかけました。

やー、ホント久々ですよ、この感覚。

気持ちいいのな、汗かくって。

みんなでニコニコしながら体を動かせるんで、とても楽しかったです。

部活帰りのランチビールもすっげー美味かったし(午前中限定開催なのです)。

あくまで部活ノリ。やっぱこれが肝ですね。

華麗に踊れるのはまだまだだいぶ先だと思いますが、つか、一生華麗には踊れないと思いますが、健康のためストレス発散&深酒防止のため、出来るだけ長く続けていきたいマッチャーなのです。


じゃ、シーユー。



☆ダンスはうまく踊れないかたもドゥダダンシングなダンシングジェネレーションも、メールはこちらからお送りください。

|

2009/12/01

でもスポーツに関してはちゃちゃ入れないのな、俺って。

昨日は来年演出舞台のスチール撮影にお邪魔したマッチャー。

情報解禁はまだ先なので詳しくは書けないが、これもまた大変な舞台になることは間違いなく、なぜに骨身を削らざるを得ない仕事しか引き受けないのか我ながらとっても不思議なのだが、とにかく頑張るしかないのでいっぱい頑張って面白くします。

撮影自体はこれまでになく楽しかったけどね。

あんなに笑いが絶えない現場は初めてでしたわ。

なんでも始めが肝心なわけで、そういう意味では良かった良かった。

出演者一人一人のポージングやら表情やらにいろいろリクエストを出させて頂いたマッチャーだが、あれ、完全に演出とは言えないね。

完全にちゃちゃね。

ちゃちゃ入れるのって昔っから大好きなんです。

ちゃちゃ入れるとこじゃないでしょ!ってシチュエーションでも平気でバンバン入れてくからね、ちゃちゃ。

で、いまだにちょくちょく怒られますからね。

それでこそのちゃちゃですよ、よく分かんないけど。


つうことで、昨晩は前日の深酒による二日酔いとちゃちゃ疲れで完全にグロッキー状態でして。

先日、ナイロン100℃の新谷ちゃんと大倉君、シャンプーハットの赤堀君、そしてちょっとしかいれなかったけど坂井真紀ちゃんとで我が家で家飲みしたのね。

酒のつまみはおもに内藤亀田戦。

まあ、どういうジャンルであれスポーツ観戦、とりわけビッグマッチは友達とわいわいやりながら見る方ががぜん面白いっスから。

どっちが勝つかというより、二人がどういう試合を残せるかに興味があった人間としては、そりゃ試合を見た直後はいろいろ不満に思うこともあったけど、ま、あれはあれで仕方ないなって境地に至りました。

お互い、ああいう闘い方を選択するしかなかったんだ、と思う。

頑なに『先』を見据えた亀田と観衆を意識した『今』に賭けた内藤。

あれで内藤が勝ってたら真のヒーローになれたんだろうけど、結局勝ち切れなかったや。

そういう意味じゃ、内藤はいいボクシングが出来なかった。しゃーないよ。

もちろん心意気は買うし、観衆を意識するのはプロとして当然の責任だけどね。

勝負の世界は究極的にやっぱ勝たないと。

負けて先がないのは年齢的には内藤だけど、ここまでの流れを考えると世の中的には亀田も超崖っぷちだったもの。

あの試合に限れば、勝つための作戦を冷静に遂行し切った亀田を素直に評価していいんじゃないかと。

とはいえ、今後の試合も追っかけたいと思わせる魅力的な新チャンピオンとして亀田が世間の目に映ったかどうかはこれまた別の話。

薬師寺辰吉戦はこちらの熱い期待を遥かに凌駕した名勝負だったからなあ。

ありゃやっぱスゴかったよ。伝説だよ。

そういう意味じゃ、せめてもうちょい盛り上げて欲しかった…けど、上記のことを思えばやっぱ仕方ないなって思うし…ま、そんないたちごっこ気分ですわ。

とかくビッグマッチは国民の期待値が高過ぎる故に凡戦になることも多いわけで。

ま、決して凡戦じゃないんだけどね、残念ながら魅せる試合では全然なかった。

…とせっかくだからそんな個人的な見解をざっくり書き残し、今日はさらば。


じゃ、シーユー。



|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »