« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/26

もぬけの殻も許されない。

NECK、無事閉幕いたしました。

ご来場頂けた多くの皆様、そして全てのキャスト・スタッフの皆々様、本当にありがとうございました。

あれが俺の限界です。

や、いろいろと勉強になったし、それはそれは楽しかったですよ。

あ、NECKでお世話になった加藤啓君が主催するモッカモッカの宣伝用動画にマッチャー、出てます。

これ、終演後の楽屋でしなーっと撮ってます。

暇な人は見てやって下さい、そしてモッカモッカもがぜん観て下さい。

俺が語る以上に面白い芝居になるでしょうから!


で、今年はあと4本、芝居をやる俺。

プロペラ犬が筋肉少女帯と組んだ赤坂BLITZ、そのすぐ後に大好きな俳優・山内圭哉君と組むシュールなおもしろ翻訳劇『醜男』、で、松重さん、粟根さんを再びゲストに迎えての身も心も第一章再演(来年、古田さんをゲストに迎えて最終章もやります)、そして秋にまだ非公開のどうしようもなくおバカ舞台が一本。

相変わらずジャンル、バラバラですな。


思えば去年もゾンビミュージカルに下町人情喜劇ときて三田佳子様モノ、で、こないだの舞台がホラーサスペンスと、まるで一貫性なかったもんなあ。

俺、完全にノン・ジャンル演出家。

俺、完全に偉くならなさそう。


ま、それが性に合ってるし、出来れば何ものにも捕らわれずこの調子でこそこそ演劇続けていきたいですわ。


そんなこんなで、来年のお仕事も含め(やはり恐ろしいぐらいノン・ジャンル)、さっそく準備にかからねばなりません。

どの舞台も一本一本身を削って臨むため、万全の体勢で生きている自信がさっぱりありませんが、ま、半死半生程度に頑張ります。

どなたか介護の方、本気でよろしくです。


じゃ、シーユー。


|

2010/02/23

つか、休めんのか、俺。

芝居の本番中は本当にブログに書くネタがない。


起床劇場本番飲酒就寝 のループが基本的に続くだけの芝居奴隷の日々…。


仕事だからそんなもんだろうけど、そろそろプライベートに飢えてきた。


NECK、もう一息。

誠心誠意お客様に尽くし果て、で、終わったら死んだように休みます。


じゃ、シーユー。


|

2010/02/22

流血上等。

カーリングを欠かさず見ている。

完全に面白い。

ロシア戦の勝利には本当に感動した。

そして今もドイツ戦を観戦しつつこのブログを更新している。

厳しい勝負が続いているが、なんとか予選を突破してもらいたいものだ。


ああ…カーリングやったら俺も痩せるかしら?


至極勝手に、カーリング女子とお付き合いしたい演劇人NO.1を自称したい。


今日も舞台で首だけ出してくるが、彼女達なら「ヤー!ヤー!」言いながらストーンでマッチャーの頭を狙われても全然構わない。

どうせなら気が遠くなるぐらいゴツン!!!といわせて欲しい。


『NECK』もあと3日。

喉も痛けりゃ腰も背中も痛い。

この際、頭が痛くなるぐらいなんだっていうのだ。

カーリングは面白い。

完全に面白い。


じゃ、シーユー。


|

2010/02/19

首、突っ込み過ぎてる。

満身創痍ながら連日、舞台で首だけ出して頑張っている。


ご覧頂いた方なら余裕でお分かりだろうが、『NECK』の主要人物は首だけ残して地面に埋められた状態で90%芝居が進行する。

しかも終始バカみたくハイテンション。

急な代役で舞台に立つことになったが、ストレスはたまるし、集中力もいるし、喉は痛いしで、本来なら絶対やりたくないシチュエーションだ。


実際代役になる前は、普通に出演者達に、

「よくこんな仕事受けますな。ホント物好きですな」

としょっちゅう軽口を叩いていた。


で、今はがぜん俺も埋まっている。


代役を引き受けた時、出演者達にそれはそれは笑われたものだ。

演出、脚色業だけでもいっぱいいっぱいだっつうに…。

まあ、そんなもんスよ、人生って。

お客様の温かい拍手と差し入れで頂くお酒だけがささやかな癒しですわ。


では、本日も首だけ出しに行って参ります。


じゃ、シーユー。


|

2010/02/16

“ま”だけあってた。

昨日、幼稚園のお迎えに出向き、息子を抱っこしながら歩いている道中。


息子が突然、

「ふーたんにはパパがふたりいるんだよ」

とのたまうので、そのあまりの衝撃に思わずフリーズするマッチャー。

すわ、リエちゃんに永井大的存在がっ?!!

と、出し抜けに聞くとさすがにビックリもするが、そんなことも普通にあるさ…いやさ、むしろ普通にあって然るべきさ…と思い直し、

「…で、誰?まさる?

と息子に訊いたところ、


「マイケル!!!」


とはち切れんばかりの笑顔で答えられたので、

「…なにそれ、マイケルってマイケル・ジャクソン?

と訊き返したところ、どうやらその通りだった。

「じゃあ、ふーたんは、フー・ジャクソンなの?」

と訊くと、息子は「うん!」と答える。

ああ…いつから息子はジャクソンファミリーに加入したのだろうか…?

よもやリエちゃんが、「あなたのパパはマイケルよ」と人種を越えたガセ情報を息子に与えているのだろうか…?


ま、それはないか。


とにかく謎は深まるばかりだし、ぶっちゃけマイケルならいいやって思った今日この頃なのである。


じゃ、シーユー。


|

2010/02/15

ひとまずホッとする月曜日。

NECK、無事過ぎるぐらいに無事に初日が開きまして、引き続き絶賛公演中であります。

芝居の内容についてはいろいろと語りたいこともあるのですが、なんせネタバレしちゃうと元も子もない無いことだらけの舞台なんでここでは書きません。

大変有り難いことに、どうやらいい感じで面白いことになってるらしいです、自分もわんさか出ててイマイチ実感無いけど。

主演の淳平君はとっても清々しく若さほとばしっておるし、おっさん役者陣もさすがの味を贅沢に出しておるし、二足のわらじ中の俺もあり得ないぐらい全力でのらりくらり演じておるんで、興味お暇お金がある方は、ぜひ!


さて、今日は夜イチの本番なので、午前中から息子を幼稚園に迎えに行き、小屋入りギリギリまで遊び倒します。

やー、これ以上のご褒美はないね。

ホントないよ。


あと息抜きに久々に俺パラやりたい。

まだ、人、来てくれるかしら…?

ま、いいや。

やりたくなったら勝手にやるんでどうぞ勝手に来たり来なかったりして下さい。


じゃ、シーユー。


|

2010/02/12

全然、大丈夫。


と、10回繰り返し呟き、家を出た。


今日はNECK初日。


ここまではなんとか順調…と言っていいと思う。

今日もやるだけやって、劇場にてお待ちしております。

これまでも沢山の初日を迎えてきたが、これだけはいつも一緒。


ま、なるようにしかならんさ。


じゃ、シーユー。


|

2010/02/11

そんな一日。

本日もいよいよ明日に迫った初日に向けて死に物狂いで終わるだろう。

とはいえ、いざこう書いてみると、“死に物狂い”ってもんの凄い迫力のある文字だからして、いくらめちゃめちゃテンパっているとはいえ、

いえいえ、そこまで死にかけてもいませんし狂ってもいません

って現状なので、せいぜいぱっつんぱっつんで終わるだろうって感じかしら。


ま、なんでもいいや。


明日からは無理矢理でも俳優業に気持ちを切り替えなきゃならん。

やれるだけの演出業を今日は頑張ります。


じゃ、シーユー。


☆死にもの狂いだけど生きててまともなマッチャーへのメールはこちらからお送りください。


ハイレグタワーon twitterはメールマガジンより迅速で更新情報もすぐわかります!twitter始めたらフォローよろしくどうぞ。

|

2010/02/10

それだっておそらく入念にリハーサルやってるぞ。

只今、青山円形劇場にて絶賛仕込み中。

日々、最近愛聴している毛皮のマリーズに癒されながら奮闘している俺…。

や、いつもながら戦場ですよ。まさに時間との戦いですよ。

この劇場、隣接する形で“こどもの城”なる有名な子供達のお遊戯場がありまして、劇場を出ると、たちまち沢山の子供達のわいわいする姿に遭遇するのだが、その度に胸がきゅんきゅんして大変困る。


息子よ、パパは頑張ってるぞ。

何かっちゃあ、芝居と関係なくうんこちんこ言いながら頑張ってるぞ。

幕が開いて芝居が一段落したら、また狼男アメリカンの変身シーンでも見ながら多いに盛り上がろう。

変身する際全裸になるのは、あくまで特種効果を派手に見せるための便宜上だけど、君から見たらそりゃあ解せないよね。

上着はビリビリっと破るけど、ズボンはパンツと一緒に一気に脱いでるとはいえ、ベルトをこまめに外しつつ、わりと普通に脱いでるもんね。 


でも、いつか君にも分かる日がくるよ。


ジーンズは破りづらい。


それもまた便宜上だ。


じゃ、シーユー。


☆裂かないで、ジーパンだけは!というわけで、メールはこちらからお送りください。


ハイレグタワーon twitterはメールマガジンより迅速で更新情報もすぐわかります!twitter始めたらフォローよろしくどうぞ。

|

2010/02/09

三田さんと三銃士の破壊力、ここにきてまた痛感。

そんなこんなで『NECK』、本日より小屋入りであります。

ま、ここまではいつもながらやれるだけのことは身を粉にしてやり尽くしましたよ。

昨年作り上げた真心一座、ゾンビミュージカル、斉藤幸子、そして印獣と比肩するほどの見所満載の刺激的な舞台だと思います、稽古場までの仕上がりは。

初日に向けてもう一踏ん張り。

演出業、俳優業ともどもさらに追い込んで頑張りますんで、よろしかったらぜひ劇場まで足をお運び下さいませませ。

チケットも多分、まだどうにかなるでしょ、よく分かんないけど。


そして、先日NECKの激務を縫って印獣DVDの編集に携わった。ド深夜まで。

印獣の模様はWOWOWですでに今年2回放送されているのだが、その素材は諸事情でマッチャーの手が入っていない編集となっておりまして、もちろんWOW版も十分面白いのだけど、もうじき商品となりますDVD映像はよりダイナミックに、よりバカバカしく、早い話がより臨場感溢れる超スリリングな作品に調整されていますので、どうぞ観てやって下さい、決して損はさせないので。

映像版なりの楽しさも一杯あるし、特典映像も満載だしで、まんず素晴らしいDVDになるんじゃないかなあ。

つか、去年の9月から稽古始めて、これでやっと手が離れた感じですよ…印獣。

あー、しんど。


さっ、次よ、次。

じゃ、シーユー。




 

|

2010/02/05

いざ遭遇してたらはしゃいでいた、とは思う。

昨日の午前中は久々のダンス部でしこたま汗をかき、そして午後はお稽古。

ダンス部は昨年の暮れにぎっくり腰をやって以来ずいぶん間が空いてしまったが、やっぱり何も考えず汗を流すのはとても気持ちがよい。

稽古場や家でなにかと張りつめてばかりの毎日がずっと続いていることもあり、出来るだけこの手のリフレッシュの時間は取っていかねば、と痛感。

夜な夜なホラーDVDを観るばかりが唯一のストレス解消法じゃ、不健康もいいところじゃないか。


さて、NECK稽古も今日を入れてあと3日。

ここまで奇跡的に順調と言えば順調だが、まだまだいくらか課題を残している。

課題が明白なことを含めての“順調”なので、しっかり修正して小屋入りを迎えたい。

さすれば、いい感じに面白い舞台になるんじゃないか、と結構思う。


あ、そうそう。 マッチャーは時間差で会えなかったのだが、昨日、スタジオを間違えてふいに稽古場にデーブ・スペクターが現れたという。

で、快くみんなにバシャバシャ写メを撮らせてくれて、笑顔で稽古場を去ったという。


生デーブか…。


どう思えばいいのか軽く戸惑うよ。


じゃ、シーユー。


|

2010/02/03

本番までには痩せときます。

弁当、作ったぞ。


100203_075302


ナポリタンにしゅうまいにじゃこ入り卵焼きにプチトマトにブロッコリーの塩ゆで。

いつもながら完食をひたすら祈る。


さて、昨晩は想像の遥か上を行く息子のスリラーダンスにマジで感涙し、そんな息子が「パパも!」と言うので向かい合わせで胸いっぱいで踊っていると、

「ここは、こう!」

とわりと本意気のダメ出しを繰り返し受けたため、気がつけば必死になって踊る感じになっていて、で、その後、ゾンビつながりでマッチャーが昨年演出したゾンビミュージカルを見る流れになり、つってもそれは大和田美帆ちゃんのマネージャーさんが資料用で撮影した引きのアングルのみのとっても簡素なものなのだが、それでも息子は喜んでそれを最後まで見倒してくれて、でも、途中、何度も「どれがマイケル?」って息子がきいてくるので、「ここにはいないよ」って何度も答えたのだけど、それでも「どれがマイケル?」ってやっぱりきいてくるので、とりあえず「この人」とかーくんを指差しておきました。

そうなると役柄的に美帆ちゃんはジャネットってことになるんだけど、あくまでかーくんはマイケルではないので、やっぱり美帆ちゃんは美帆ちゃんのままです。


NECKの宣伝写真が俺に指し代わったヤツを今朝初めて見た。

なんでこう邪悪顔なのだろうか…と今更になってまたまた反省。

誰か助けて。


じゃ、シーユー。


|

2010/02/02

親子でゾンビ。

今日は最後の稽古休み。

夕方から久しぶりに息子とワー!キャー!わめきながら多いに遊ぶ。

相変わらずやんなきゃいけないこと一杯だけど、息子と過ごす時間を取らないとマジでシオシオォォォってなっちゃいますから。

ヤツってば、現在マイケルのスリラーPVにはまっているので、おそらく今夜はそれを繰り返し繰り返し一緒に踊ったりするんだと思います。


さて、『NECK』稽古はいたって順調。

たっぷり英気を養って、残り少ない稽古を駆け抜けるであります。


じゃ、シーユー。


☆NECK公式サイトにも画像が登場したマッチャーへ、メールはこちらからお送りください。


ハイレグタワーon twitterはメールマガジンより迅速で更新情報もすぐわかります!twitter始めたらフォローよろしくどうぞ。

|

2010/02/01

ミラクル☆DOUBLE☆ショルダー。

昨日、稽古帰りの電車でボケーっと座っていた時のこと。

先ずうたた寝していた左隣の美女がマッチャーの肩にしなだれかかってき、続いて右隣の美少女がやはりうたた寝しながら右側の肩にしなだれてかかってきで、見事、難易度Aの双肩モテを初めて経験した。


やー、なんだかスゴい得したっ。 


もう少しで前に座っていたおじさんに写メ撮ってもらうの頼むとこだった。


「学生、ちゅうもぉぉぉく!」

って昭和な先生みたく硬派な声を張り上げるとこだった。


しばらくして先に降りたんだけど、この絶妙なバランスを崩すと美女と美少女が頭ごっつんこしちゃうんじゃないかと心配で心配で、あり得ないぐらいそーっと間を抜けてきた俺。

もう、我ながら神業の体術だったね、さながら魁!!男塾の雷電ばりの。

双肩モテ中もお二人を起こさないように、右に左に左に右と繊細なボディバランスを常時心がけ、無事、お二人の安眠を守り通しまして。

やー、電車を降りた瞬間、まさに肩の荷が下りた気分になりましたよ!


…って、こんなんで心癒されてる安い男ですよ。

この程度で、「人生、報われた…」って勝手に大風呂敷広げて私鉄で遠い目になるくだらない男ですよ。


うー、そんなこんなで今日も頑張る。


じゃ、シーユー。


|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »