« “ま”だけあってた。 | トップページ | 流血上等。 »

2010/02/19

首、突っ込み過ぎてる。

満身創痍ながら連日、舞台で首だけ出して頑張っている。


ご覧頂いた方なら余裕でお分かりだろうが、『NECK』の主要人物は首だけ残して地面に埋められた状態で90%芝居が進行する。

しかも終始バカみたくハイテンション。

急な代役で舞台に立つことになったが、ストレスはたまるし、集中力もいるし、喉は痛いしで、本来なら絶対やりたくないシチュエーションだ。


実際代役になる前は、普通に出演者達に、

「よくこんな仕事受けますな。ホント物好きですな」

としょっちゅう軽口を叩いていた。


で、今はがぜん俺も埋まっている。


代役を引き受けた時、出演者達にそれはそれは笑われたものだ。

演出、脚色業だけでもいっぱいいっぱいだっつうに…。

まあ、そんなもんスよ、人生って。

お客様の温かい拍手と差し入れで頂くお酒だけがささやかな癒しですわ。


では、本日も首だけ出しに行って参ります。


じゃ、シーユー。


|

« “ま”だけあってた。 | トップページ | 流血上等。 »