« つか、休めんのか、俺。 | トップページ | 足りないことが多いので今があるとしたらそれにも謝謝。 »

2010/02/26

もぬけの殻も許されない。

NECK、無事閉幕いたしました。

ご来場頂けた多くの皆様、そして全てのキャスト・スタッフの皆々様、本当にありがとうございました。

あれが俺の限界です。

や、いろいろと勉強になったし、それはそれは楽しかったですよ。

あ、NECKでお世話になった加藤啓君が主催するモッカモッカの宣伝用動画にマッチャー、出てます。

これ、終演後の楽屋でしなーっと撮ってます。

暇な人は見てやって下さい、そしてモッカモッカもがぜん観て下さい。

俺が語る以上に面白い芝居になるでしょうから!


で、今年はあと4本、芝居をやる俺。

プロペラ犬が筋肉少女帯と組んだ赤坂BLITZ、そのすぐ後に大好きな俳優・山内圭哉君と組むシュールなおもしろ翻訳劇『醜男』、で、松重さん、粟根さんを再びゲストに迎えての身も心も第一章再演(来年、古田さんをゲストに迎えて最終章もやります)、そして秋にまだ非公開のどうしようもなくおバカ舞台が一本。

相変わらずジャンル、バラバラですな。


思えば去年もゾンビミュージカルに下町人情喜劇ときて三田佳子様モノ、で、こないだの舞台がホラーサスペンスと、まるで一貫性なかったもんなあ。

俺、完全にノン・ジャンル演出家。

俺、完全に偉くならなさそう。


ま、それが性に合ってるし、出来れば何ものにも捕らわれずこの調子でこそこそ演劇続けていきたいですわ。


そんなこんなで、来年のお仕事も含め(やはり恐ろしいぐらいノン・ジャンル)、さっそく準備にかからねばなりません。

どの舞台も一本一本身を削って臨むため、万全の体勢で生きている自信がさっぱりありませんが、ま、半死半生程度に頑張ります。

どなたか介護の方、本気でよろしくです。


じゃ、シーユー。


|

« つか、休めんのか、俺。 | トップページ | 足りないことが多いので今があるとしたらそれにも謝謝。 »