« おまじないの域。 | トップページ | 技術の進歩はナメられないですから。 »

2010/04/12

つか、俺の中では四面どころか八面ぐらい。

土曜日はリエちゃん、息子といきつけの寿司屋へ。

相変わらずマッチャーの私服、髪型に手厳しいリエちゃんは、道中、ハンドルを握りつつ後部座席に座るマッチャーをミラーでチラ見しながら、

「どーなんだよ、そのパーカー?だからヤメろっつってんの、そのヘアバン」

を連発。

本人は「愛情だよ」とのたまうが、とてもそうは聞こえないぞ、なんだか投げやりな江戸っこ口調だもの。

そのうちマッチャーの隣でベビーシートに座る息子まで、

「死ぬ気でやれよ」

ってニタニタ言い出すし。

寿司食う前に、なにかと四面楚歌。


日曜日は息子と河童はもういないけど河童公園へ(←息子が命名)。

はしゃぐ息子に

「ゾンビで襲ってきて!」

「狼男で襲ってきて!」

「ドラキュラで襲ってきて!」

「マタンゴで襲ってきて!」

「ガイラで襲ってきて!」

「ヘドラで襲ってきて!」

と次々にリクエストを出され、その都度、「なあああああ」「ぐわあああああ」「ざますううううう」「ほっほっほっほっ」「きいいいいい」「どろろおおおおお」などとわめきながらヨタヨタ息子を追うのだが、そんなことをやっているといつしか他のお子様まで集まってきて、気がつくといつしか大勢の子供達を相手にすることになり、最終的に逃げるのに飽きた子供達にいつしか一斉に襲われている俺がいる。

ま、いつものことなんだけど。

もうすぐ始まる実写版『怪物くん』、ヒットするかも知れないですね、少なくともこの公園に集まる子供達には……なあんてことを考えながら一緒にはしゃいでいたわけですが、ヤツらの全力、結構痛いっス。

で、その後も、河童がそうさせたのでしょうか…いつしか大勢の子供達相手に相撲取る流れになりまして。

そりゃ何度も転がされますよ、力士じゃないんだから。


そして、そんな様子を知り合いの奥様に目撃され、ひきつった笑顔で会釈する俺…。

今春、近所の公園でも四面楚歌。


じゃ、シーユー。



☆そのうち河童に次いで、公園の名物おじさんになりそうなマッチャーへのメールはこちらからお送りください。


|

« おまじないの域。 | トップページ | 技術の進歩はナメられないですから。 »