« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/28

なにせ舞台が大詰めなんでね。

来週は、書く!!!


あと、ちょっとした嬉しい報告も、書く!!!



じゃ、シーユー。


☆みなさまの嬉しい報告やトホホな報告など、ツイートもいいけどメールはこちらからお送りください!


ハイレグタワーon twitterはメールマガジンより迅速で更新情報もすぐわかります!twitter始めたら フォローよろしくどうぞ。

|

2010/05/21

お前は遭難者か。

今、まさに稽古に出かける寸前だ。


ブログになにか一言!

と、いきり立ち闇雲にパソコンを開いたのだが、なにせ闇雲だけに何も浮かばない。


えーっと、とりあえず、なんとか生きてます。


じゃ、シーユー。



☆生きてるマッチャーへのメールはこちらからお送りください!(※死んでるマッチャーはいません)


ハイレグタワーon twitterはメールマガジンより迅速 で更新情報もすぐわかります!twitter始めたら フォローよろしくどうぞ。

|

2010/05/19

こんなんなんだ!

100519_092001

サボテンの花が咲いた。

なんか感動した。

これで今日も頑張れるよ。


じゃ、シーユー。


|

2010/05/17

若かりし日の無茶がアホほど報われています。

観る人側のことは分からない。

人の好みは千差万別だからして。

もともと偏った人間だからして。


だから常々、自分が面白いと心底思える舞台を作ることだけを死ぬ気で心がけているし、それが作り手側の最低限の責任だと思っている。

稽古もいよいよ佳境に差し掛かり、まだまだ詰めないといけないことも膨大だけど、

『アウェー・イン・ザ・ライフ』

ここまでのところ大いに自信作です。


じゃ、シーユー。



|

2010/05/13

勝手にヌーベルヴァーグ。

夏に開催される真心一座の詳細でございます。

モチーフは『月曜日のユカ』でございます。


バスタオルおばさんとかいて伝わらないかと思うけど。


どうかひとつよろしくお願いいたしますね。


じゃ、シーユー。



|

2010/05/12

もりもりもりもり盛りだくさんだからして。

ブログを始めてかれこれ3年になるが、現在、これまでになくハードな毎日を送っていて、ほとほとブログを書く気になれないのである。

じゃあ、なぜ今こうしてブログを更新しているのかと言えば、ほとんど意地としか言いようが無い。

なんの意地かは自分でも分からないけども。


やー、『アウェー・イン・ザ・ライフ』

いろんな意味で忘れられない舞台になるわ、ぶっちぎりで。


まあ、せっかく更新したのだから、最近思ったことを漠然と書き足すと、サッカー日本代表はFW一人減らしてでも石川を選出すべきだったのではないかということと、


玉置浩二、あなた、やっぱ面白いわ。



じゃ、シーユー。



|

2010/05/10

嵐の恩恵を地味に受けてる俺、の巻。

もう何年前に書き下ろしたのかとんと思い出せないのだが(とはいえ、7〜8年前かしら)、ピカ☆ンチのノベライズが増刷されているらしい。

「らしい」と言っておきながら後書きだけ先月書き足したんだけどね。

「書き足した」と言っておきながら以前の原稿はそのまま残して、別原稿をくっつけただけなんだけどね。

初版の後書きを今読み返してみると、当時の青臭さ(と言っておきながら30は越えていたんだけどね)がなんとも気恥ずかしく、当時結婚したばかりのリエちゃんについてもちょこっと触れてたりして、「あー、当時の俺…」と思わず遠い目にもなるのだが、やはり過去にあった『今』を通過しての『今の俺』だと思うと、どうにもこうにも『当時の俺』をナシにする気にはならず、こっ恥ずかしさは多分に残るものの、『当時の俺』に手を入れる気になれなかったのだな。


今やってる仕事も今選択している生き方も後から考えたらきっとそんなふうに感じるのだろうな、もちろん気恥ずかしを含め。


ていうか、そう感じることが出来るようになるべく、瞬間瞬間『当時の俺』になっていく『今の俺』は、ちょいちょい怠けたりコケたりしながら、ただひたすら目前のことを頑張っていくしかないのだな。


待ってろ、今度当時を振り返る俺。


そしてもっと売れろ嵐、もっと売れろノベライズ。


何度でも後書きを書き足す準備は勝手に出来てるぞ。


じゃ、シーユー。



|

2010/05/07

心はすでに引退選手。

連休に仕事のパツパツさが重なり、ブログの書き方をすっかり忘れてしまった。



ブログってどうやって書くんだっけ?



てか、俺、ブログとかやってたっけ?



じゃ、シーユー。(←これはかろうじて覚えてた)



|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »