« ほんとやんなっちゃう。 | トップページ | 醜男なのにモード系。 »

2010/06/30

稽古場は動物園や賭博場ではありません。

つい先日アウェーの大千秋楽だったのに(大阪公演ご来場下さった皆々様、本当にありがとうございました)、それも束の間、昨日から醜男が小屋入り。

なんだか演劇ばっかやっているぞ。

醜男は来月2日の初日に向けて、その準備は順調にきている一方、今回一番の発見はなにかと言えば、内山理名ちゃんという女性の非常にチャーミングなすっとぼけぶりだ。

一昨日なぞはダメだし中の、「理名ちゃん、このシーンのここはこうしてああして」というマッチャーのオーダーに、くったくのない笑顔で、

「さいっ!」

って快活に返事した。

こちらが一瞬「…今、なんつった?」と固まっていると、

あ、まちがえちゃった。はいっ!

って小声と張りのある声をダブルで使って言い直す。

これに近いすっとぼけが、必ず一日一回あるから彼女はすごい。

俺にしても入江さんにしてもタカヤ君にしても、おじさん連中は皆、彼女のそんなオモシロに日々、転がされているわけで、じゃあ、もう一人の俳優・斎藤工君(理名ちゃんと同い年)はまともかと言えば、めちゃめちゃカッコいいくせに全然そうじゃなく、工君曰く、「81年生まれはおかしな人が多いんです」と、完全に生まれ年のせいにしているわけだが、もちろんそんなことは絶対になく、単にこの二人がおかしな人なだけである。

工君にはなんなら81年生まれの人全てに軽く謝って欲しいぐらい。

そんなこんなで、間もなく開幕するシニカル・コメディ『醜男』、とてもいい感じでございますので、どうかひとつよろしくお願いします。


そして、マッチャーのライフワーク真心一座第一章再演も先週からチケット発売となりました。

こちらもひとつよろしくお願いします。

おいおい、なんだかやっぱり演劇ばっかやってるぞ。

本厄は仕事しまくりながら祓い切るつもりの俺、もうすぐ41歳。

やれんのか?おい、ホントにやれんのか?と己に問うならば、答えはこうだ。


さいっ!


じゃ、シーユー。



|

« ほんとやんなっちゃう。 | トップページ | 醜男なのにモード系。 »