« 俺パラ東京のゲストは、 | トップページ | 上手に負けることで,その先の大きな何かをつかめることは人生、ままある。 »

2010/06/15

大阪もすっかりホーム気分。

どもども、マッチャーです。


東阪俺パラ、おかげさまで初日完売とあいなりまして、まずはそのお礼から。


いつもながら本当にありがとう、ありがとう、東京。

そして、バツイチやさぐれ演劇人をあたたかく出迎えてくれるなんて、やー、ほんまおおきに、おおきにやでぇ、大阪。

びっくりするぐらいノープランでグダグダなイベントですけど、どうかワイドな心でよろしくお願いいたします。

当日券はですね、東京はいつものようにキャンセル分のみの発券、大阪は立ち見席を含め、現在検討中でございます。

決まりましたらここでお知らせしますので、当日気が向いた方はどうぞぶらっとおいで下さいませ。

あと大阪も東京と同じく、イベント終了後そのままお店に残って飲んでいっても構わないとのこと。

飲み足りない方はそのままガブガブどうぞ。


今月はアウェー・イン・ザ・ライフでも大阪に参りますが、醜男の稽古を激しく縫いながらってことで、初日を見たらそのままほとんどトンボ返りなのな。

だから7月16日は、その分多いに満喫したいと思いますん。


さて、東京でもいよいよ今週の金曜日までとなったエンゲキロック

毎回毎回、血ヘド吐きながら全力でステージを務めてくれる愛すべきキャスト・スタッフ陣のおかげで大変充実した作品となっております。

全身全霊で好き勝手やらかしたマッチャーも大好きな舞台となっておりますので、未見の方はぜひぜひブリッツまで。

現在のところ映像化の予定もないし、なにせライブハウスでコレ観れるのは赤坂だけですんで。


じゃ、シーユー。


|

« 俺パラ東京のゲストは、 | トップページ | 上手に負けることで,その先の大きな何かをつかめることは人生、ままある。 »