« 「ふう」と「ぱぱ」。 | トップページ | 関係者の皆様。次回から差し入れはこの酒で。 »

2010/08/04

じっくり過去と向き合うことでフィナーレを見据えられる贅沢。

体調を良くする為に先ず必要なことは、口に入れたものをよく噛むことだと知った。

胃腸まわりの環境はこれで大きく変化し、栄養が体全体によく行き渡る。

そして、適度な運動。

人生も芝居作りもこれと一緒ですな。

目の前のことをよく咀嚼して、そして行動。

煮詰まってきたら、先ずは行動に出ることも大切だけどね。


先ずは、噛む。

時間を惜しむことなく、噛む。


真心一座、残り少ない稽古日数ですがギリギリまで噛み締めます。

原点に立ち返ることで、来冬に開催する最終章に向けて刺激的な影響をしょっちゅう感じている。

そういう意味でも本当にやって良かったよ、再演。

5年前と変わらず参加してくれた松重・粟根両先輩に心より感謝。

やっぱ素晴らしいんだな、お二人とも。

そして最終章は、愛すべき古田・池田両先輩を迎えての公演だからして、これまたスペシャルな舞台を作りたいと思っている。

そんな最終章への予習の意味でも、8月はぜひTOKYO FMホールへ。

一座の出発地点を目撃出来る上に、これを踏まえておけば最終章をより一層楽しめますんで。


では、本日も稽古場に行って噛みまくってやります。


じゃ、シーユー。


|

« 「ふう」と「ぱぱ」。 | トップページ | 関係者の皆様。次回から差し入れはこの酒で。 »