« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/30

基本的には「ご苦労様です」と思っているよ。

只今、我がマンション、外壁工事真っ最中でありまして、マンション周辺に組まれた足場に早朝から工事のおじさん達がドヤドヤ乗っかってくるため、もうなんだか騒々しくて落ち着かないやら、目が覚めちゃうやら。

平日は気がつくと毎日窓越しに人がおって、「こんにちわー」とニコやかに挨拶は交わすものの、長髪で目つきの悪い(特に寝起きは)俺を見て、

 「この人、いったいなんの仕事してる人なんやろ…?」 

と思われていることは間違いなく、かといって無言でカーテンを閉めるのも感じ悪かろうと、結構必死で平静を装っているわけだが、知らない人から見れば、ゾンビとPerfumeのDVDが散乱しつつ、ほんのりガーデニングが施してある部屋はあまりに謎が多かろうと、工事の人にうっすら笑顔を浮かべつつ、しれーっとカーテンを閉める日々…。

うっすら笑顔を浮かべる分、余計気味悪がられている自覚こそあれ、工事の人達との距離感がいまだつかめない歯痒さを胸に、果たして俺はどうしたものか…な今日のブログでした。


ああ…早く終わらないかな、外壁工事。


じゃ、シーユー。


|

2010/11/26

ついでにシモ心も持ち合わせている。

今日もこれからオレンジ稽古。


やー、多くの初顔合わせの方々と作品を形作っていく稽古始めは、いつもながらエネルギーを多大に消耗する。

そのぶん刺激的なことも多いけど、毎日が子供の頃の海帰りのような脱力感でいっぱいだ。

ま、自分の場合、遊び疲れにも似た仕事疲れなのでそれはそれでよいのだが。

「名作映画を舞台化するプレッシャーは?」などとよく取材で聞かれもするが、そんなのマッチャーには微塵もない。

強いてプレッシャーがあるとすれば、「心底楽しみ、妥協なしで納得のいく作品作りが出来るだろうか?」というぐらいのもの。

そしてそれは三銃士だろうがふんどしだろうがオレンジだろうが変わりはない。

この作品を取り巻く諸処の事情は以前のブログで読んでもらうとして、もともと女・子供、そして男女を問わず良識人が手放しで受け入れてくれるような内容ではないので、そういう不謹慎さを含めて、ダイナミックな舞台にしたいと思っている。

そもそもダーク・ファンタジーだと捉えてますから、このお話。

だって、徹頭徹尾、清々しいほど悪意に満ち溢れた凶悪な主人公や、その脇を固める個性的な登場人物って、ある意味、全く現実的じゃないでしょ?

そんな主人公が治療という名のありえない罰を受けた果てにどうたらこうたらって、ある種、訓示を秘めた寓話ですよ、まるで日本昔話にもあるような。

なので、演劇的なタブーなど楽々超えたような、舞台ではあまりお目にかかれない悪意に満ちたファンタスティックな作品になればと思っている次第であります。


その一方で(どの一方か分かんないけど)真心一座の東京追加公演がこのほど大決定いたしまして。

しかも劇場を変えての8公演。

や、こちらもスゲー頑張らねば。

おかげさまで悪意も真心も両方ガツンと持ち合わせている人間なので、来年初頭はそれらを思いっきり込めるだけ込めさせていただきます。


その一方で(これは正しい使い方)、最近あまりに休みが無さ過ぎてなかなか子供とのんびりする時間が持てないのが悩みという、そんな当たり前な親心も持ち合わせている。

バイセクシャルも楽じゃないよ、ホント。


そんなこんなで、本日も悪意の稽古場に行ってまいりますわ。


じゃ、シーユー。


☆悪意と真心と親心とシモ心満載のマッチャーへ、メールはこちらからお送りください!


ハイレグタワーon twitterはメールマガジンより迅速に更新なうもすぐわかります! twitter始めたらフォローよろしくどうぞ。

|

2010/11/24

一応、大衆演劇目指しているんだけども。

真心一座身も心も
『流れ姉妹たつことかつこ最終章〜エンド・オブ・バイオレンス〜』

宣伝写真がこのたび完成いたしまして。


Mimokoko_final_2_4


まあ、この素材はあくまでイメージで、公演内容との関連性はあってないようなものだけど、とりあえず古田さんはジェームス・ディーン風、成志さんはマッドでサイコキネシスなドクター風、村岡さんは古田さん合わせでアメリカンな50‘s風、マッチャーは成志さん合わせでトレードマークの黒ポーチ片手にサイコキネシス風(髪立てただけだけど)、千葉さんはいつも通りのバスタオル風、で、坂田はいつものようにノー・コンセプトなんだけどなぜか根拠に満ちあふれた自分を見失ってる風となっております。

この写真は、先日ブログで掲載させていただいた今週末に開催される真心一座上映会にお越しのお客様に、特別にプレゼントされるとのこと。

制作サイドの話では、この写真に加え、合成前の真心メンバー・ソロカットもおつけしようということなのですが、

こんなんや

Nagare42614


こんなんや

Nagare42459


こんなの

Nagare43151

ならまだしも、


こんなんや

Nagare42862


こんなの

Nagare42890

は果たしていりますか?


ま、なにはともあれこぞってご参加くださいませ。


一座定番、ゲストラバーの成志さんが微妙な男女の機微を醸しつつ千葉さんと恋に落ち、ゲストレイパーの古田さんがエンターテイメントに村岡さんをあの手この手で陵辱する真心一座最終章一般チケット発売は、12月18日(土)A.M.10時よりとなっております。

死ぬほどよろしく。


しっかし、我が一座ながら公演タイトルなげーよ。


じゃ、シーユー。

|

2010/11/22

真心一座の上映会が決まりましたでございます。

どうも、マッチャーです。

昨日で初めて挑戦させていただいたイケメンふんどし舞台がありえないほど大盛況で幕を閉じ、今日はこれからバタバタとオレンジの稽古場に行ってまいります。

ふんどし部のフィナーレでは会場中の女子が、グッズで販売していたふんどしタオルをリズミカルに振りながらイケメン達にエールを送っていた様子を見て、

「ふんどしなのに…」

と毎回毎回不思議な感覚を強く覚えましたが、まあ、これまであまり体験のない一体感を目にしたあの感動はしばらく忘れられないと思います。

うら若きキャストのみんな、そして公演を支えてくれたスタッフさん達、そしてそして会場に足を運んでくれたばかりか、ふんどし片手に前のめりで舞台を楽しんでくれた観客のみなさま、本当にありがとうございました。


では、間もなく出かけなきゃなので、最後にバタバタと告知。


真心一座がファイナルに向けて、かつての公演の模様を一挙にお送りするというイベントを急遽開催する運びになりました。

会場は俺パラでもおなじみの下北沢・風知空知

美味しいご飯とお酒をいただきながら、真心一座をまだ観たことの無い方も、ずっと応援してくれている方も、来年のファイナルへの予習・復習をかねまして大いに楽しんで下されるとスゲー幸いです。

なので、とってもよろしく。


真心一座身も心も ザ・ファイナル記念
流れ姉妹シリーズが一気見できる2DAYS
『真心一座上映会@風知空知』

日程:2010年11月27日(土)・28日(日)

来年1月27日より、シリーズファイナルを迎えます「真心一座身も心も」。
今までのいろいろな方々より、過去作を上演の要望が多かった「流れ姉妹シリーズ」を一気見できる上映会を、真心メンバーが慣れ親しむ下北沢の風知空知をお借りしてお贈りします。
初日27日(土)は、先日TOKYO FMホールで行われた第一章再演。
二日目28日(日)は、第二章・第三章の二本立てで上演します。
会場の関係上、30名限定のスペシャル上映会。
来年のファイナルをより楽しむために、ファン必見の2DAY。
風知空知のおいしいごはんとお酒を飲みながらご覧いただけます。
お待ちしております!

会場:風知空知 東京都世田谷区北沢2−14−2 JOW3ビル 4階 (下北沢駅徒歩3分・南口商店街)

27日(土)上演:第一章(今年8月の再演の映像)
OPEN/15:00〜 START/16:00〜
料金 ¥1,000+1D

28日(日)第二章・第三章
OPEN/14:00〜 START/15:00〜 (途中休憩あり)
料金 ¥1,800+1D

・両日ともに、限定30名のスペシャル上映会となります。

・真心一座のメンバーは出演の予定はありません。

<予約方法>

受付開始日時:20日(土)00:00〜 info@fu-chi-ku-chi.jp

上記Eメールアドレスまで以下のことを明記し、お送りくださいませ。

・お名前(フルネーム)
・予約枚数
・連絡用メールアドレス
・お電話番号

<注意事項とお願い>
・お一人様、予約枚数4枚までとさせて頂きます。
・4日00:00以前に届いたメール、 または上記予約メールの内容に不備があった場合はご予約は無効とさせていただきます。
・予約を受け付けたお客様にのみ連絡用メールアドレスに、風知空知より確認メールが届きましたら、予約完了となります。 飲食店と平行して営業している為、確認メールをお送りするのにお時間を頂く場合がございます。
22日(月)23時までに確認メール送付予定ですが、それまでにメールが届いていないお客様は、お手数ではございますが、風知空知(03-5433-2191)までご連絡下さいませ。
・キャンセルついては、基本的にお受けしておりませんが、やむを得ない事情の場合は、必ず店舗までご連絡ください。(メールでもお電話でも構いません)
問い合わせ 風知空知03-5433-2191(17時〜26時)


じゃ、シーユー。


|

2010/11/18

なんとか勃ち直ったとして。

今日は一日場当たりをやって、明日から『押忍!!ふんどし部』の本番。

やー、早いもんですわ。

舞台の方は、イケメン芝居としては恐らく類を見ない、自分らしいデタラメな舞台に仕上がっているとして、この本番が終わる日曜日からは『時計じかけのオレンジ』の稽古も始まって、もう、なんだか凄い勢いで毎日が加速していく。


それと平行して『真心一座身も心も ザ・ファイナル』の本作りも佳境にさしかかっているのだから、まあ、大変。


どんだけ大変かというと、このブログを書いていても『押忍!!オレンジ部』と思わず書き間違えをしたりするほどで(もちろんすかさず訂正)、さすがに『時計じかけの真心『真心一座ふんどしもなどと無理矢理な間違いは起こさないまでも、一日中頭がつーんとした状態が連日続いている。


ようは、とっても充実した毎日を送らせてもらっているということだ。

ありがたやありがたや。


『時計じかけ』は、衣装、美術、音楽と着実に打ち合わせを重ね、とにかくいろんな意味で、「こんなの見たことない」という世界観をえっちらほっちら構築している真っ最中。

正月からこんな暴力的な作品を容赦なくやれることは幸せこの上ないと同時に、こんなのやった直後に真心と銘打った一座をいけしゃーしゃーとやろうというのだから、自分でもその振り幅には驚愕。

来年2月には、この両公演が同時期に大阪で幕が開くわけで、なんだか俺祭りな関西となる。

関西人の皆々様、あくまでセットで俺、なんでどっちも観に来て下さいませ。

真心は続き物ですが、サイトをご覧になってくれればこれまでの流れも分かりますし、作品自体、初観劇でも普通に楽しめる作りになっているので、なんの問題もありませんから。


では、そんなこんなで、今日はふんどし。

つーんな感じでいってきますん。


じゃ、シーユー。


|

2010/11/16

そんなこと言ってるから、こういう目に遭うのだよ。

昨日は踏んだり蹴ったりの一日だった。


顔と手を派手にすりむき、財布を落とし、風邪をひきかけた。

お気に入りのハットもベコベコだ。


なんなんだ、なんなんだ、なんなんだ!!! 


あまりの落ち込みで、現在なかばED中…。

ま、これも厄年による災難と受け止めれば、これで済めばいい方なんだろう。


立ち直れ、自分。

勃ち直れ、チンコ。


じゃ、シーユー。


|

2010/11/10

変わるべきは俺じゃない。本能の方だ。

最近何かの本で読んだのだけど、女性という生き物には、男性の二の腕と胸板の筋肉に惹かれる本能が元来宿っているらしい。


俺、二の腕にも胸板にもそんなの、ない。

かといって鍛える気も、さらさらない。


二の腕ぷよぷよ女子だろうが胸脂肪スッカスカ女子だろうが、そんなの大いにウェルカムな俺にしたら、ずいぶん失敬な話だ。


でも、おなか回りには筋肉とは違う肉がそこそこ、ある。

八重歯とかもあって、下ネタセンスに至ってはかなりの自信が、ある。

押さえきれないぐらいの邪気も、ある。

ただし借金は、ない。 一切、ない。

ただし、いい年なので年に一回の健康診断の必要は、結構ある。


さあ、どうだろう、世の女性諸君。

なんとか惹かれてくれないかしら?


じゃ、シーユー。


|

2010/11/09

今回は大阪と新潟にも精一杯の真心を運ばせていただきやす。

昨日はふんどし部衣装パレードと劇中に使用するひたすらおバカな映像撮影に立ち会い、その後稽古場を後にして、古田さん、千葉さんと真心一座最終章の取材をなんだかいっぱいこなしたマッチャー。

ふんどし部はイケメン芝居としては画期的な暴挙をいっぱい働いていて実に楽しいし、真心一座では(お会い出来なかったのだけど)取材前のチラシ用スチール撮影に池田成志先輩も元気に駆けつけてくれたようで、まずは一安心し、かなり充実した一日であった。

どんなスチールを撮ったかというと、真心一座のサイトにて村岡希美座長がその模様を報告してくれている次第でして、これらを見る限り、先輩、膝から上はかなりの好調さがうかがえます。

古田さんも2年前に「ぜひ出演したい」と言ってくれて今回の運びとなったわけですが、この両先輩はマッチャーにとって、本当に特別な演劇人だからして、改めて感謝の念と、その期待に応えなければとの思いに強く駆られましたとさ。

その期待に応えることが、ご来場下さるお客様にそのままダイレクトで跳ね返ってくるわけですから。

つっても、何事も気負い過ぎはよくないので、例えマッチャーの中でライフワークに例えられる真心一座ではありますが、これまで通りひたすら楽しんで臨みたいと思います。

あ、今回の真心チラシもいい感じですよ。

ちなみに古田さんがジェームス・ディーン成志先輩はサイキックなマッド・サイエンティストをイメージしています。

お二人とも実にいい顔して写ってますが、 もちろんお芝居の内容とは一切関係ございません。

真心一座は昭和臭漂いまくり&お約束満載の小劇場版大衆演劇を目指してますから。

完全なる、そして意味不明なノリの産物です。


じゃ、シーユー。


☆真心一座も気になるけど、ふんどし部にふんどし以外の衣装が…?!と気になるかたも気にならないかたも、メールはこちらからお送りください。


ハイレグタワーon twitterはメールマガジンより迅速に更新なうもすぐわかります! twitter始めたらフォローよろしくどうぞ。

|

2010/11/08

いっそ持ち歩け!ってだけの話だけど。

タルタルソースが大好きで。

揚げ物にはなんでもかんでも、文字通りタルタルっとタルタルをつけたくなる。


ただ外食の場合、お店によっては揚げ物の量に対してタルタルの分量が少なく、一口に対するタルタル量の配分に苦心することがしょっちゅうある。

長めのエビフライなどは特にその傾向が顕著なんだな。

あと、カキフライ。

配分を間違ってタルタル不足に陥っても、俺は絶対にソースに逃げない。

例え、『心なしか酸っぱい』ひいては、『もはや揚げ物自体の味しかしない』事態に追い込まれても、あくまでタルタルにこだわる男…それがマッチャーだ。


なら、注文する際にどうにかすればいいって話だが、タルタルはマヨネーズと比べるとなんだか高価な気が勝手にしていて、どうにも「タルタル多めで」とは言いづらい。


仮に、

タルタルが初任給。

だとさすがに腹立つが、

仕送りがタルタル。

だったら、「やーん!ありがとぉぉぉん」と猫なで声で実家に電話をしてしまうぐらいの価値を感じてしまっているのだ。


要するに、余りあるタルタルを始めから出してくれるお店……それがマッチャーの理想の洋食屋さんなわけ。

で、昨日、初めて入った近所の洋食屋さんでミックスフライを食べたのだが、そのお店はかつて類を見ないほどタルタルが充実していて、かなりの幸せを感じることが出来た。

ヒレカツと長めのエビフライ、カキフライ2個それぞれにタルタルっとタルタルソースをつけてもお釣りがくるぐらいのタルタルがお皿に盛られ、余ったタルタルを山盛りのキャベツにタルタルっとからめられるほどのタルタル天国。

41年生きてきて、これほどマッチャーを満たしてくれるタルタルなお店に出会ったことがない。感動だ。


真心一座ふんどし部オレンジの演出プランを練るという仕事を丸一日部屋にこもってやっていると、そんなタルタルな幸せだけで、

「神様、ありがとう…」

って気持ちになれるんだな。

心が弱ってるのかしら…?

いやいや、タルタルが美味しすぎるのだよ。


じゃ、シーユー。


☆タルタルファンのかた、今日タルタルしているかた、メールはこちらからお送りください!


ハイレグタワーon twitterはメールマガジンより迅速に更新なうもすぐわかります! twitter始めたらフォローよろしくどうぞ。

|

2010/11/05

戦闘準備は出来ている。

えー、超取り急ぎ、真心一座身も心も最終章のサイトがリニューアルされました。


とにもかくにもご覧になって下さいませ!!!


一座恒例、千葉雅子演じるスーパー荒ぶる姉・たつこ(得意技/バスタオル姿&目突き)の恋のお相手【ファイナルゲストラバー】池田成志先輩

同じく、村岡希美演じるスーパー健気な妹・かつこ(得意技/世話焼き&薄幸)を劇的に犯す陵辱のお相手【ファイナルゲストレイパー】古田新太先輩

と、超豪華ゲスト布陣でドカーン!!!と来冬お届けいたします。


最終章はマッチャー演じるスーパー謎の保護観察司・末次ちゃん(得意技/黒いポーチ&うさん臭い)が物語のキーを握っておるわけですが、詳しい粗筋はまたおいおい。


このサイトを見てもらえれば、一座のコンセプトならびに、真心初心者の方でも滞りなく最終章を楽しめる情報が載っかってますんでね、

どうかひとつふたつみっつよっつよろしくお願いいたします。


ちなみに一般チケット発売は、12月18日(土)10:00〜となっております。

そんなこんなで、取りあえず今回はリニューアル第一弾つうことで。

また更新した際は、改めて報告させてもらいますわ。

じゃ、シーユー。

|

2010/11/04

ぽち袋だけでも勝手に作る勢い。

相変わらず切羽詰まった毎日。


『押忍!!ふんどし部』

『時計じかけのオレンジ』

『真心一座身も心も最終章』

稽古やら打ち合わせやら本作りやらが地続きで続いている。


ま、頭を切り替えつつ妥協知らずで頑張るだけだし、これらの舞台への思いは過去のブログを読んでもらうとして、とにかく俺は昨日のPerfume東京ドームを見れた幸せを胸に今日も楽しくお仕事に励むのです。


細かいことを書くのはよそう。

Perfume最高!彼女達に感謝!

遠縁で構わないのでなんとか親戚のおじさんあたりになれないか?

お年玉あげるのに。


じゃ、シーユー。


|

2010/11/01

そんなの無理だと分かっていても。

週末は雨だった。


先日もビニ傘をさして稽古場に行ったのだが、帰りに大量のビニ傘がささった傘箱を前に、どれが自分のビニ傘だかさっぱり見当がつかず、

「これがそうなのか?サイズはこんなだったっけか?はたまた柄のところにAPOってあるのがそうだったか?つか、APOってどういう意味なんだ?つか、つか、APOっての4本あるわ…

とほんの数分だけど時間を消費し、結局、「ま、今日はここいらで」と適当に手を打ち、一番なんでもなさそうなビニ傘をさして帰った。

もしも俺の人生に、『自分のビニ傘がどれかで悩む口座』があったら結構な時間が貯まっていると思う。

こんなことってしょっちゅうあるけど、傘広げた瞬間、ガックリするぐらいちいちゃいビニ傘にあたることもままあるんだよなあ。

絶対俺のじゃないんだけど、そして、面積的にかなり損した気分にもなるんだけど、面倒くさいから「ま、これでいっか」ってそのまま濡れて帰っちゃう。

昨今は可愛いデザインのビニ傘も増えたりしているが、そういうのってなんだか人に持ってかれること多いでしょ?

ビニ傘は消耗品だとはいえ盗られると悔しいからさ、ついつい半透明のなんでもないビニ傘買っちゃう。

名前書いときゃいいのかっていうと、そこまで気合いも入らないし…。

だって、ビニ傘だもん。


DEAR ビニ傘業者さん。

半透明…だけど愛を注げるビニ傘求む!!!


……と、レジに続き非常に地味目な訴えをもって本日のブログ終了。


じゃ、シーユー。



|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »