« 一応、大衆演劇目指しているんだけども。 | トップページ | 基本的には「ご苦労様です」と思っているよ。 »

2010/11/26

ついでにシモ心も持ち合わせている。

今日もこれからオレンジ稽古。


やー、多くの初顔合わせの方々と作品を形作っていく稽古始めは、いつもながらエネルギーを多大に消耗する。

そのぶん刺激的なことも多いけど、毎日が子供の頃の海帰りのような脱力感でいっぱいだ。

ま、自分の場合、遊び疲れにも似た仕事疲れなのでそれはそれでよいのだが。

「名作映画を舞台化するプレッシャーは?」などとよく取材で聞かれもするが、そんなのマッチャーには微塵もない。

強いてプレッシャーがあるとすれば、「心底楽しみ、妥協なしで納得のいく作品作りが出来るだろうか?」というぐらいのもの。

そしてそれは三銃士だろうがふんどしだろうがオレンジだろうが変わりはない。

この作品を取り巻く諸処の事情は以前のブログで読んでもらうとして、もともと女・子供、そして男女を問わず良識人が手放しで受け入れてくれるような内容ではないので、そういう不謹慎さを含めて、ダイナミックな舞台にしたいと思っている。

そもそもダーク・ファンタジーだと捉えてますから、このお話。

だって、徹頭徹尾、清々しいほど悪意に満ち溢れた凶悪な主人公や、その脇を固める個性的な登場人物って、ある意味、全く現実的じゃないでしょ?

そんな主人公が治療という名のありえない罰を受けた果てにどうたらこうたらって、ある種、訓示を秘めた寓話ですよ、まるで日本昔話にもあるような。

なので、演劇的なタブーなど楽々超えたような、舞台ではあまりお目にかかれない悪意に満ちたファンタスティックな作品になればと思っている次第であります。


その一方で(どの一方か分かんないけど)真心一座の東京追加公演がこのほど大決定いたしまして。

しかも劇場を変えての8公演。

や、こちらもスゲー頑張らねば。

おかげさまで悪意も真心も両方ガツンと持ち合わせている人間なので、来年初頭はそれらを思いっきり込めるだけ込めさせていただきます。


その一方で(これは正しい使い方)、最近あまりに休みが無さ過ぎてなかなか子供とのんびりする時間が持てないのが悩みという、そんな当たり前な親心も持ち合わせている。

バイセクシャルも楽じゃないよ、ホント。


そんなこんなで、本日も悪意の稽古場に行ってまいりますわ。


じゃ、シーユー。


☆悪意と真心と親心とシモ心満載のマッチャーへ、メールはこちらからお送りください!


ハイレグタワーon twitterはメールマガジンより迅速に更新なうもすぐわかります! twitter始めたらフォローよろしくどうぞ。

|

« 一応、大衆演劇目指しているんだけども。 | トップページ | 基本的には「ご苦労様です」と思っているよ。 »