« まんじゅうよりもスーパーこわい。 | トップページ | ぽち袋だけでも勝手に作る勢い。 »

2010/11/01

そんなの無理だと分かっていても。

週末は雨だった。


先日もビニ傘をさして稽古場に行ったのだが、帰りに大量のビニ傘がささった傘箱を前に、どれが自分のビニ傘だかさっぱり見当がつかず、

「これがそうなのか?サイズはこんなだったっけか?はたまた柄のところにAPOってあるのがそうだったか?つか、APOってどういう意味なんだ?つか、つか、APOっての4本あるわ…

とほんの数分だけど時間を消費し、結局、「ま、今日はここいらで」と適当に手を打ち、一番なんでもなさそうなビニ傘をさして帰った。

もしも俺の人生に、『自分のビニ傘がどれかで悩む口座』があったら結構な時間が貯まっていると思う。

こんなことってしょっちゅうあるけど、傘広げた瞬間、ガックリするぐらいちいちゃいビニ傘にあたることもままあるんだよなあ。

絶対俺のじゃないんだけど、そして、面積的にかなり損した気分にもなるんだけど、面倒くさいから「ま、これでいっか」ってそのまま濡れて帰っちゃう。

昨今は可愛いデザインのビニ傘も増えたりしているが、そういうのってなんだか人に持ってかれること多いでしょ?

ビニ傘は消耗品だとはいえ盗られると悔しいからさ、ついつい半透明のなんでもないビニ傘買っちゃう。

名前書いときゃいいのかっていうと、そこまで気合いも入らないし…。

だって、ビニ傘だもん。


DEAR ビニ傘業者さん。

半透明…だけど愛を注げるビニ傘求む!!!


……と、レジに続き非常に地味目な訴えをもって本日のブログ終了。


じゃ、シーユー。



|

« まんじゅうよりもスーパーこわい。 | トップページ | ぽち袋だけでも勝手に作る勢い。 »