« けど、完全に目が血走っているのできっとすぐにお開きにされるよ! | トップページ | どちらの舞台も心よりお待ち申しておりまする。 »

2010/12/28

今年最後のブログ。

なんでも明日からハイレグタワーがお休みに入るそうで、「所属タレントが正月返上でひーこら働いてるのに、事務所が休むとはなにごとだ!」と文句のひとつもたれそうになるが、働いているこちら側に問題があるだけなので、タワーのみんなにはゆっくりじっくりハッピーに休みを謳歌していただきたい。

タワーの皆様、今年も本当にお世話になりました。

ブログ越しでなんですが、来年もひとつよろしくお願いいたしますね。


そんなこんなでこれが今年最後のブログになると思う。


のんびり1年を振り返りたいところだが、明日からオレンジの小屋入り、幕があいて間もなくすると真心一座の稽古初めを迎える俺にそんな余裕は1ミリもなく、


今年1年、こんなしょーもないブログにおつきあいいただきありがとうございました!!!


と親愛なる読者の皆様にお礼を書くのが精一杯だ。


思えば特に演劇漬けの1年だったが、板尾さんの代役を受ける形となり急遽俳優も兼ねた演出作『NECK』に始まり、赤坂ブリッツでの『アウェー・イン・ザ・ライフ』、ドイツ翻訳劇『醜男』、真夏の真心一座第一章再演、久々の俳優業に専念出来た『窓』、イケメン舞台にあるまじきイケメン舞台『押忍っ!ふんどし部!!』ときて、あと数日で初日を迎える『時計じかけのオレンジ』と、どの作品もチャレンジ精神をフルに発揮し、とても愛着の持てる仕事ができ、実に恵まれた2010年だった。

これらに関わって下さった全ての方達、そしてご覧いただけたお客様に心より感謝。


年またぎで進行しているオレンジは、自分自身、かなり刺激的な舞台になっているように、ここまでの時点で激しく思う。

同じ原作をキューブリックが映画というジャンルでああいう表現に変換したとしたら、自分なりに演劇というジャンルで時計じかけを表現するとこうなります!と自信を持って提示出来る作品になりそうなので、あとは観た人が煮るなり焼くなり好きにしてよろし。

厳密に言うと、舞台原作を激しくアレンジしているのだが、そちらも原作者自身が書き下ろしたものなので、そういう目線で舞台を見ていただけたら、よりいっそう楽しめるかと思います。

とはいえ、まだまだ詰めなければいけないところも満載なので、魅力的なカンパニーとともに引き続き頑張りますわ。


そして、真心一座最終章

 

Mimokoko_final_a

Mimokoko_final_aa

下北沢・本多劇場での公演はおかげさまで間もなく完売となりそうですが、来年中旬には東京最終凱旋公演のチケットが発売される運びとなっております。

年の瀬や新年を迎えた勢いで、下北沢、凱旋公演ともども、どうぞバンバン観に来て下さいまし。

全力でスゲー面白いの、作ります。


ではでは改めまして、2010年、まことにありがとうございました。

来年もマジでよろしくね。

のんびり休みつつも、師走や正月にがむしゃらで働いている俺がいることをたまあああに思い出してくれると非常に幸いです。


ほいじゃば、みなさん、めちゃめちゃ良いお年を!


じゃ、シーユー。


|

« けど、完全に目が血走っているのできっとすぐにお開きにされるよ! | トップページ | どちらの舞台も心よりお待ち申しておりまする。 »