« 先日までエンジョイ帰省中だったマッチャーが | トップページ | 明日は俺パラ11でございますわよ。 »

2011/08/24

昨夜引退を発表したあの方にしても朝青龍にしても、

その『技』を見れなくなるのは本当に本当に残念ですな、個人的に。

「面白けりゃいい」


「強けりゃいい」

では許されないご時世になっちゃってるのはずいぶん前からそうだけど、ケレンミっていうのかなあ、良い意味での破天荒さっていうのかなあ…そういうのが加速して失われていくのは、テレビ・映画・スポーツなどなど昭和という時代から多くのエンタメに親しんできた自分にとってはチョー残念なわけで。

もちろん悪いことは悪いですよ。
許されないことは許されるべきじゃない。

けど、正論を盾にやたらめったら淘汰ばかりが進んじゃうと、これまで以上に誰かさんの顔色ばかりをうかがう“ことなかれ主義のエンタメ”ばかりが世に横行し、結果、楽しむ側が全く興味の引かれない貧しい世界になって行くんじゃないかなあ、と。

誤解を恐れずに言えば、表現者の多くは(ここでは一流スポーツ選手も含む)特殊技量を持つが故に、一般感覚とは異なる“大盛なるはみだしスピリットが原点”と言えなくもないわけで。

ある種のいびつさっていうのかなあ、「俺が一番面白い」「俺、超カッコいい」「あたし、人より足が長くて奇麗だからみんなにチヤホヤされたい」「大勢の前で歌い踊りたい」「絵が描きたくて描きたくて仕方ない」「役として別の人間の人生を人前で演じてみたい」「1秒でも早く走りたい」「1メートルでも高く飛びたい」「ゴールを決めてヒーローになりたい」「誰よりも強くありたい」などなど、それらの強烈な欲求をあえて“いびつさ”と例えるならば、生来、表現者とはそのいびつさを原動力に、世間の人々が出来ないスペシャルな生き方をズンズンズンズン突き進んでいくわけで。
これは一流の人になればなおさらね。

(※ちなみに上記の話は、『表現者全般は心に問題を抱えている』って意味では決してないのであしからず)

だからこそ、数多の表現者の中から見事に開花した『才能』というかけがえのない宝は、これまで多いに楽しませてもらった分、(ま、昨今ここが難しいのだけど)限度はあるにせよ、才能を守っていく度量を企業や大衆は持たなくちゃいけない気がするんです、至極個人的に。

「毒も喰らう。栄養も喰らう。両方を共に美味いと感じ、血肉に変える度量こそが肝心」って史上最強の生物・範馬勇次郎先生も仰ってますよ、思いっ切り漫画だけど。

そういう時流をなんとかキープすることが、“文化の豊かさ”につながっていく気がするんスよねー。

『このご時世』で済ませるには、あまりにもったいなさ過ぎるというか。

あ、こんだけ書いといてアレだけど、別に擁護したいわけではないの。

今度の方も朝青龍にしても、別段熱烈なファンだったってことでもないし。

けど、俺自身これまでなにかと楽しませてはもらいましたから。


そのトークに、プロデュースしたM1に、その比類無き豪快な横綱相撲に。

なので、その人が好きとか嫌いとか下手な感情論で話をしても不毛なので、(言葉足らずな上に、上手く言葉に出来なかったけど)俺なりに今度のことをこんな風にフラットに感じてみましたっていう、ね。

やー、ホントなにかと難しい。
そして、なんだか無性に侘しい。

この件に関してはいろんな意見があると思うし、もちろんそれでいいと思う。

なにはなくとも清廉潔白であれ!って意見もそりゃそうだと基本的には理解している。

今回の騒動だって、政局や被災地そっちのけでこれだけ大変なことになっているわけだから、この先どんな事実が明るみになっていくか、まだまだ予断が許されない部分も当然ある。

けど、とにかく本格的にこじんまりとしてきたことだけは確かだよ、前途多難もいいところだよ、日本のエンタメ。

それでも十分楽しいって言うんだったらそれをとやかく言う権利はないけれど、俺はますます興味なくなっちゃうなあ。

だって、昔と比べて断然おもんないもん。

奇跡のようなデタラメな才能や作品もどんどん出ずらくなっちゃうだろうし。

とはいえ、かくいう自分も演劇という表現に身を置くいびつ者でありますから、アナログ極まりない素敵満載な舞台の魅力を客席に存分に伝えられる作品を提供出来るよう、不届きものなりにこれからも精一杯トライしていかなきゃと思います。

ま、世の中がどうあれ、『人間、先ずは自分が出来ることをやるだけ』なので、とりあえずは目の前に迫った今週土曜日の俺パラ、どこまでもユルくてデタラメなイベントになるようめっちゃ頑張ろうかと。

…ま、このイベントの場合、悲しいかなほっといてもそうなるんだけど。


よろしかったらおいでやす。


俺色パラダイス11

8月27日(土) 下北沢・風知空知にて
OPEN :16:00【開演までマッチャーDJタイム】
START:17:00
終演 21:00過ぎを漠然と予定(イベント終了後もお店にはご自由にお残りいただけます)

ゲスト・aCKy & sonechang From 面影ラッキーホールによる弾き語りライブあり

チケット受付&お問い合わせ 風知空知【03-5433-2191】 ※17時〜26時まで

前売り 3200円(1ドリンク付き)当日 3500円(1ドリンク付き) 


じゃ、シーユー。

|

« 先日までエンジョイ帰省中だったマッチャーが | トップページ | 明日は俺パラ11でございますわよ。 »