« ハメス・ロドリゲスのハメス部分に下ネタを感じるぐらい | トップページ | いやおうなしな日々、時々著書の宣伝。 »

2014/12/01

おそらく今年最後の更新な勢い

を感じさせるほどお久しぶり。


ぶっ生きてます、マッチャーです。


かつては日々のルーティーンとして、わりと優勢順位が高めだったブログの更新も今ではとんと忘却の彼方…。

ネットを使っての発信にまるで興味を失ってしまったんですな、特に理由はないのだけれど。


日々、目の前のことだけやってりゃいい。
日々、直に関わる人とだけ関わってりゃいい。

そんなシンプルライフに回帰したということなのでしょう。


なので、例えば移動中とかの何気ない日常でも、無闇に携帯をいじったりするのやめました。

本を読んだり音楽聴いたり、景色に目をやったりとかですね、不必要に入れなくていい情報と距離を取る毎日を心がけていた次第。

一昔前までは当たり前だったライフスタイルは、今や心がけなきゃいけないほど意識しないとなかなか取り戻すことが難しく、が、最近はなんとなくそれが出来るようになってきたので、その余裕も手伝って久々にブログを書く気になったのでしょう。



えー、今日から次の舞台『いやおうなしに』の本格稽古が始まるとです。

先週から歌稽古がちょっとずつ始まっていたのですが、あのキョンキョンが自分が昔から愛してやまない面影さんの裏ぶれファンキーな楽曲の数々を歌っている姿を眺めているだけで、実に感動的と言いましょうか。

まあ、自分ばかり感動していてもちっとも意味がないので、観た人の心に刺さりまくるオリジナル音楽劇を作るべく、明日からは忘年会もクリスマスも正月休みもすっ飛ばして創作活動にのめり込む所存であります。


あと、つい先週のことになりますが、『ジ・アルカードショー』の再演もめちゃめちゃ無事に閉幕いたしました。

今回の再演でようやくやりたかったことが少しは出来たかな、と思います。

もともと初演と再演でワンパックのつもりだったので。

ネットでのふいな新曲PV先行発表やら、千秋楽での客席と一体となってのアルカードポーズやら、この舞台企画でしかなし得ない可能性を推し進めることが僕にとって一番のモチベーションだったので、ひとまず良かったなと思うばかり。


ご覧いただけた方は百も承知だと思いますが、ツンデレなアルカードにアンコールは絶対に似合わないわけで、千秋楽のアレは僕の中でもアンコールという類いではございません。

フィクションと現実が融合し、それが結実した瞬間を確信的に作るためのアルカード的ドS儀式とでも言いましょうか。

劇中にもありますが、アルカードに取り憑かれた人達は、彼らを求めれば求めるほどその血がどんどん美味しくなるわけで。

ま、楽しんでいただければなんでもいいのですけどね。

若い出演者陣は、ほんの一年でなにかと成長するもので、今回、そこに触れられたこともかなり刺激になりました。ステージングを細かに変更したり、新たなキャストを投入することでブラッシュアップも計りましたが、彼らの表現者としての成長こそが、今回のアルカードをさらに押し上げられた一番の要因だと思っております。

なにはともあれ、この舞台に関わって下さった全てのキャスト・スタッフ、そして劇場に足を運んで下さった皆々様、本当にありがとうございました。

もし、アルカードに次があるならば、更に飛躍したなんらかの企みを胸にのぞみたいと思います。アルカードでやりたいことは個人的にまだまだありますし。



ああ、あと近々、立て続けに本を出させていただきます。

詳しくは発売日が決まったら改めて。

どうせ、「買って!買って!」としか書かないだろうから、先行して今から「買って!買って!」と書いておきます。


そんなこんなで、また気が向いたら更新するので、ひとまずはここまで。


今はひたすら『いやおうなしに』の稽古が楽しみなのと、ツインピークス復活のニュースに心踊らせて生きていこうかと。

ツインピークス、久々に見直したけど、やっぱアレとんでもなく面白いわ。

特にリンチ監督回なんて毎度震えが止まらないもの。

この年末年始にかけて、未見の方は予習の意味で、以前ご覧になった方は復習の意味で鑑賞することを強烈にお薦めします。


ではでは、かなり気が早いですが良いお年を。

もしも年内に更新することがあったら、良いお年をアゲインってことでいけしゃーしゃーとよろしくお願いしますデス。


じゃ、シーユー。


★本、1冊は来週発売の古田新太さんとのこれですよ!「いやおうなしに」は名古屋と大阪の追加公演も決定!東京公演は予定枚数終了ですが他会場はまだお席があるところもあるのでお急ぎくださーい。そんでもって、この1年振り返ってメールでもしちゃおっかな、というかたがいらっしゃいましたらこちらからお送りください☆

|

« ハメス・ロドリゲスのハメス部分に下ネタを感じるぐらい | トップページ | いやおうなしな日々、時々著書の宣伝。 »