« おそらく今年最後の更新な勢い | トップページ | ダブルの意味であけまくってめでたい。 »

2014/12/25

いやおうなしな日々、時々著書の宣伝。

今年はもう更新しないつもりでしたが、今現在、クリスマスもクリトリスもクンニリングスも大晦日も大陰唇も正月も小陰唇もへったくれもなく稽古に没頭する毎日を送っているし、これからしばらく送り続けるであろう歌謡ファンク喜劇『いやおうなしに』がずいぶん楽しい舞台になりそうなのでまずはそのご報告と、前回のブログで書かせてもらったマッチャー著書の本がめでたく立て続けに出版されたので、ついでにそのお知らせを。


一冊目は

古田先輩との共著『気になちょるモノ』


で、二冊目は、

『スターおすすめられシネマ アナタ色に染めて欲しいの…』


えー、とっても雑な感じでスイマセン。
ここでアレコレ説明するよりamazonに飛んでもらってそれぞれ解説を読んでもらった方がなにかと早いですもんね。


先輩との方は先輩のエッセイもめちゃ愉快ですし、シネマの方は今をときめく豪華な人気者達がマッチャーにイチ推しするフェイバリット映画を通じて、興味深い彼らの感性にバンバン触れられますしね、「おいおい、どんだけ他力本願だ」と言われようが、両册とも結構な読み応えを保証します。


えー、俺はというと相変わらずこんな調子で好き勝手書かせてもらっただけなので、もしも俺が普段気になっているものや、俺が愛してやまない映画を知ってやろうじゃねえの!などと息巻ける大変奇特な方は、ぜひぜひ買ってやって下さいませ。


シネマの方は小栗君や斎藤工君、園子温監督やみうらじゅんさんとの対談も載っているので楽しいと思いますよ? どうぞよろしくお願いします。


で、舞台『いやおうなしに』ですが、「ああ…これやるためにここまで演劇やってきたのかぁ」と寒空に思わず呟いてしまえるほど、これまでのヤクザな演劇人生の集大成的作品になるかと。あ、もちろん現時点で。

日々、こんなにクタクタ&あっぷあっぷになることもなければ、こんなに笑ってることもこんなにジーンとなることもない、そんな稽古場であります。

まあ、言い出しっぺだからっていうのも当然あると思いますが、俺の大好きなO.L.H.と演劇がぐっちゃぐちゃに混ざり合ったことで立ち上がったこの独特な世界観を一人でも多くの方々に届けられたらこんなに幸せなことはございません。


ま、ひでー話なんですけど。


けどねえ、ひでーの先にはなんともいえない希望もあるのですよ。
それこそ、いやおうなしにぐっちゃぐちゃな。

ま、なにはなくとも引き続き頑張ります。

頑張りが過ぎて、なにがどうなってそうなったか分からんがSTAP細胞発見出来ちゃうぐらいに頑張ります。

マジでてんこ盛りな舞台なんで。


ではでは、皆々様、改めまして良いお年を。


じゃ、シーユー。




★あと何日かで今年も終わるから、そして再来週には「いやおうなしに」が神奈川で幕をあけるから〜♪途切れ途切れのブログを見に来ていただいてありがとうございました。それでは皆さま、どうぞよいお年をお過ごしください。メールしたくなったらいつでもこちらからどうぞ!

|

« おそらく今年最後の更新な勢い | トップページ | ダブルの意味であけまくってめでたい。 »