2014/12/25

いやおうなしな日々、時々著書の宣伝。

今年はもう更新しないつもりでしたが、今現在、クリスマスもクリトリスもクンニリングスも大晦日も大陰唇も正月も小陰唇もへったくれもなく稽古に没頭する毎日を送っているし、これからしばらく送り続けるであろう歌謡ファンク喜劇『いやおうなしに』がずいぶん楽しい舞台になりそうなのでまずはそのご報告と、前回のブログで書かせてもらったマッチャー著書の本がめでたく立て続けに出版されたので、ついでにそのお知らせを。


一冊目は

古田先輩との共著『気になちょるモノ』


で、二冊目は、

『スターおすすめられシネマ アナタ色に染めて欲しいの…』


えー、とっても雑な感じでスイマセン。
ここでアレコレ説明するよりamazonに飛んでもらってそれぞれ解説を読んでもらった方がなにかと早いですもんね。


先輩との方は先輩のエッセイもめちゃ愉快ですし、シネマの方は今をときめく豪華な人気者達がマッチャーにイチ推しするフェイバリット映画を通じて、興味深い彼らの感性にバンバン触れられますしね、「おいおい、どんだけ他力本願だ」と言われようが、両册とも結構な読み応えを保証します。


えー、俺はというと相変わらずこんな調子で好き勝手書かせてもらっただけなので、もしも俺が普段気になっているものや、俺が愛してやまない映画を知ってやろうじゃねえの!などと息巻ける大変奇特な方は、ぜひぜひ買ってやって下さいませ。


シネマの方は小栗君や斎藤工君、園子温監督やみうらじゅんさんとの対談も載っているので楽しいと思いますよ? どうぞよろしくお願いします。


で、舞台『いやおうなしに』ですが、「ああ…これやるためにここまで演劇やってきたのかぁ」と寒空に思わず呟いてしまえるほど、これまでのヤクザな演劇人生の集大成的作品になるかと。あ、もちろん現時点で。

日々、こんなにクタクタ&あっぷあっぷになることもなければ、こんなに笑ってることもこんなにジーンとなることもない、そんな稽古場であります。

まあ、言い出しっぺだからっていうのも当然あると思いますが、俺の大好きなO.L.H.と演劇がぐっちゃぐちゃに混ざり合ったことで立ち上がったこの独特な世界観を一人でも多くの方々に届けられたらこんなに幸せなことはございません。


ま、ひでー話なんですけど。


けどねえ、ひでーの先にはなんともいえない希望もあるのですよ。
それこそ、いやおうなしにぐっちゃぐちゃな。

ま、なにはなくとも引き続き頑張ります。

頑張りが過ぎて、なにがどうなってそうなったか分からんがSTAP細胞発見出来ちゃうぐらいに頑張ります。

マジでてんこ盛りな舞台なんで。


ではでは、皆々様、改めまして良いお年を。


じゃ、シーユー。




★あと何日かで今年も終わるから、そして再来週には「いやおうなしに」が神奈川で幕をあけるから〜♪途切れ途切れのブログを見に来ていただいてありがとうございました。それでは皆さま、どうぞよいお年をお過ごしください。メールしたくなったらいつでもこちらからどうぞ!

|

2014/12/01

おそらく今年最後の更新な勢い

を感じさせるほどお久しぶり。


ぶっ生きてます、マッチャーです。


かつては日々のルーティーンとして、わりと優勢順位が高めだったブログの更新も今ではとんと忘却の彼方…。

ネットを使っての発信にまるで興味を失ってしまったんですな、特に理由はないのだけれど。


日々、目の前のことだけやってりゃいい。
日々、直に関わる人とだけ関わってりゃいい。

そんなシンプルライフに回帰したということなのでしょう。


なので、例えば移動中とかの何気ない日常でも、無闇に携帯をいじったりするのやめました。

本を読んだり音楽聴いたり、景色に目をやったりとかですね、不必要に入れなくていい情報と距離を取る毎日を心がけていた次第。

一昔前までは当たり前だったライフスタイルは、今や心がけなきゃいけないほど意識しないとなかなか取り戻すことが難しく、が、最近はなんとなくそれが出来るようになってきたので、その余裕も手伝って久々にブログを書く気になったのでしょう。



えー、今日から次の舞台『いやおうなしに』の本格稽古が始まるとです。

先週から歌稽古がちょっとずつ始まっていたのですが、あのキョンキョンが自分が昔から愛してやまない面影さんの裏ぶれファンキーな楽曲の数々を歌っている姿を眺めているだけで、実に感動的と言いましょうか。

まあ、自分ばかり感動していてもちっとも意味がないので、観た人の心に刺さりまくるオリジナル音楽劇を作るべく、明日からは忘年会もクリスマスも正月休みもすっ飛ばして創作活動にのめり込む所存であります。


あと、つい先週のことになりますが、『ジ・アルカードショー』の再演もめちゃめちゃ無事に閉幕いたしました。

今回の再演でようやくやりたかったことが少しは出来たかな、と思います。

もともと初演と再演でワンパックのつもりだったので。

ネットでのふいな新曲PV先行発表やら、千秋楽での客席と一体となってのアルカードポーズやら、この舞台企画でしかなし得ない可能性を推し進めることが僕にとって一番のモチベーションだったので、ひとまず良かったなと思うばかり。


ご覧いただけた方は百も承知だと思いますが、ツンデレなアルカードにアンコールは絶対に似合わないわけで、千秋楽のアレは僕の中でもアンコールという類いではございません。

フィクションと現実が融合し、それが結実した瞬間を確信的に作るためのアルカード的ドS儀式とでも言いましょうか。

劇中にもありますが、アルカードに取り憑かれた人達は、彼らを求めれば求めるほどその血がどんどん美味しくなるわけで。

ま、楽しんでいただければなんでもいいのですけどね。

若い出演者陣は、ほんの一年でなにかと成長するもので、今回、そこに触れられたこともかなり刺激になりました。ステージングを細かに変更したり、新たなキャストを投入することでブラッシュアップも計りましたが、彼らの表現者としての成長こそが、今回のアルカードをさらに押し上げられた一番の要因だと思っております。

なにはともあれ、この舞台に関わって下さった全てのキャスト・スタッフ、そして劇場に足を運んで下さった皆々様、本当にありがとうございました。

もし、アルカードに次があるならば、更に飛躍したなんらかの企みを胸にのぞみたいと思います。アルカードでやりたいことは個人的にまだまだありますし。



ああ、あと近々、立て続けに本を出させていただきます。

詳しくは発売日が決まったら改めて。

どうせ、「買って!買って!」としか書かないだろうから、先行して今から「買って!買って!」と書いておきます。


そんなこんなで、また気が向いたら更新するので、ひとまずはここまで。


今はひたすら『いやおうなしに』の稽古が楽しみなのと、ツインピークス復活のニュースに心踊らせて生きていこうかと。

ツインピークス、久々に見直したけど、やっぱアレとんでもなく面白いわ。

特にリンチ監督回なんて毎度震えが止まらないもの。

この年末年始にかけて、未見の方は予習の意味で、以前ご覧になった方は復習の意味で鑑賞することを強烈にお薦めします。


ではでは、かなり気が早いですが良いお年を。

もしも年内に更新することがあったら、良いお年をアゲインってことでいけしゃーしゃーとよろしくお願いしますデス。


じゃ、シーユー。


★本、1冊は来週発売の古田新太さんとのこれですよ!「いやおうなしに」は名古屋と大阪の追加公演も決定!東京公演は予定枚数終了ですが他会場はまだお席があるところもあるのでお急ぎくださーい。そんでもって、この1年振り返ってメールでもしちゃおっかな、というかたがいらっしゃいましたらこちらからお送りください☆

|

2014/06/13

ピカ☆★☆ンチ

って、書いて『ピカンチ・ハーフ』と読むのだが、「なんなんスか、それ?」ときかれれば、10年ぶりに脚本を書かせてもらった嵐主演の青春映画の続編もどき?だったりする。

『ピカ☆ンチ』(13年前)『ピカ☆☆ンチ』(10年前)ときて今回のハーフは、彼らがこの10年間をいかに過ごしてきたかについて存分に描かせてもらったスピンオフ企画なわけですな。

この先、実現するかどうかも分からない新作本編『ピカ☆☆☆ンチ』(ピカンチ・ターキー)の長編プロローグだと思ってもらえるといいかも知れない。

仕事の依頼を受けたマッチャーが、錆びついた心の垢を懸命に落としながらおのれの“青春感覚”を掘り起こし、2週間で一気に書き上げたこの作品。自分の中ではもはやスピンオフという感覚はまるでなく、本編以上に遊び心をいっぱいまぶした充実作だと至極勝手に自負していて。

つか、今や日本を代表するアイドルグループから「やりたいんスよー」ってお願いされて誰が断れますかっ。

彼らのライフワークの一つがよもや自分のライフワークの一つになるだなんて思いもよらなかったわけで、もうね、せっかくだから必死こいて遊ばせてもらいました。

前作、前々作未見の方でも全く問題ない上に、これを観てもらえればこれまでのピカンチがおおよそ分かる作りにもなっているので、今年の夏休みはご家族ご友人とお誘い合わせの上、TOKYO DOME CITY HALLまで是非もんで足を運んでいただけると、これ幸い。

(→公式ページはこちら。随時情報アップとのことなのでブックマークを!)



んでもって、只今の俺ときたら、次回演出作『カッコーの巣の上で』の絶賛稽古中。

えっと、ごめんなさい。このお芝居、超面白いス。

映画でしかこの作品を知らない方がほとんどだと思うのですが、元々が舞台作品なわけで、よって戯曲としても本当に秀逸。

映画だと重苦しい印象を抱かれる方も多いと思われますが、舞台版は決してそれだけの印象に終わらない、愉快で味わい深い手触りになっているというか、そういう感じをこのカンパニーで目指しているというか。

ジャック・ニコルソンとは似ても似つかぬ小栗の旬君が主演ですが、彼は彼の個性を活かしまくったとっても魅力的なマクマーフィーになるんじゃないかしら。

そんなこんなで、信頼のおけるキャスト・スタッフに囲まれながら、日々ウハウハで頑張っているわけですよ、夢精するぐらいの勢いで。

夢精する勢いが果たしてどんな勢いだか自分でもさっぱり分かりませんがね、よろしかったらこちらも是非。




じゃ、シーユー。


☆ピカンチハーフもカッコーもどちらもよろしく!ってなわけで、夢精する勢いのメールはこちらからお送りください。

|

2014/05/28

ま、どれもこれもスゲー楽しいんスけどね。

ブログとか更新してないとだいぶ面倒くさくなりますね。

おひさー。マッチャーです。


先々週、大阪で『中の人』って舞台が大変無事に終わり(関係者の皆様、ご来場下さった皆様、その節はありがとうございました!)、それ終わった後、先週公開開始の『オー!ファーザー』って映画に珍しく役者で参加させてもらった都合で、取材やら劇場での初日挨拶やらでバタバタしつつ(あ、お暇な方はぜひぜひ劇場に!)、空いた時間の全ては、急遽入った映画の本をひたすら部屋にこもって執筆し、んで、それをひとまずほんのさっき書き上げたものの、今週末から始まる演出作『万獣こわい』の沖縄公演はすげー行きたいのに仕事あるからさすがに行けねーな・・・とがっくりうなだれ、しゃーない、間もなく稽古が始まる『カッコーの巣の上で』の演出プランにこれから思いを馳せてみようかと・・・みたいなことこんなとこで報告されてもねー。


つまんないでしょ?


けど、こんなことでも書かなきゃ書くこと一個もないのでどうか許して下さい。

とにかく生きてはいるんで。 なんとかなると思います、はい。



じゃ、シーユー。




☆月曜日にもらってた内容ですが担当都合で本日更新しました…ってこんなことを報告されてもねー。皆さんの、マッチャーにしてもしょうがない報告でも何でも、メールはこちらからお送りください!

|

2014/02/03

明けましておめでとうございまーす!!

超今頃ですっごい恐縮ですが、今年お初の更新ですよ。

すんまへんな。


なんか年明けからずーーーーっとバタバタモヤモヤジリジリヒリヒリな毎日で。


気がつけば、尊敬する演劇界三大先輩ユニット・ねずみの三銃士『万獣こわい』のお稽古がいよいよ明日から始まりまして、その幕が開いたらすぐに稽古が始まる、明治大学が誇るおもしろ後輩・マギーと初めてタッグを組む『中の人』の準備もすでにしみじみ始まっており、で、それが幕を閉じると程なくお稽古が始まる小栗の旬くんとの『カッコーの巣の上で』の準備も、これが意外とガバー!!っと進んでおりまして…って、あれね?エキサイティングなお仕事に追われるのはマジで有り難いスけど、演出家さんって貧乏暇無しで大変ねー、な2014年の始まりでおま。


ま、昨年末に敢行した断食以来よく言われるのだけど、なんだかスッキリ感満載の新生マッチャーですんで、いつものようにエンジョイしながら、あぶくまみれでもがき苦しみ、イキり過ぎてたまにウンコをちびりつつも、圧倒的なトンデモ演劇をフルスイングで本番の舞台に乗せられるよう、早い話が、とっても頑張ります。


なにはともあれ、

本年度も一つ、なにかとよろしくお願いいたしますデス。


追伸。

クンニ。まあまあハードクンニ。



じゃ、シーユー。



☆万獣のチケット一般発売は今週末2/8(土)からですよろしクンニ!マッチャーへの励ましなどのメールはこちらからどうぞ。

|

2013/12/27

今はただただサブちゃんの祭りが楽しみ。

いやいやいや、みなさんお元気にしてはりますか?

おそらくこれが今年最後の更新になるかと思いやす。

ちょっと早めでやんスがね。

みなさん良いお年を送るといいでゲスよ。

僕もせいぜいそうさせていただきやすし。


えー、これ以降、面倒くさいので語尾は普通に書かせていただくとして、今年最後の報告と言えばですね、先日、念願の初 壇蜜体験を済ませましたよ、とあるお仕事の対談で。

彼女がメディアに出始めの頃から、スケベ心と関係無しに「なんだか惹かれちゃうなー」って勝手に親近感をグツグツわかしていたのですけど、やっぱね、感性というか波長というか世の中の見方ひとつとっても、ずいぶんしっくり噛み合って大変楽しゅうございました。

や、トークもきれっきれですよ、壇蜜。

めっちゃクール(を通り越してもはやドライ)でインテリジェンスに溢れてて、もちろんたまらん色香があって、会話中おもしろボキャブラリーが湯水のように出てくるって、対談相手としてはかなりの強敵。

うっかりしてるとすぐにマウントを取られてしまうので、久々に気を抜かず頑張りました。

こんなドキドキして人と話したことって初めてかも。


その日は彼女のフォトエッセイの発売日だったんでね。

普通に書店に駆け込み購入して、サインを頂戴するというミーハーな年の瀬。


__


とってもいいんじゃないでしょうか!!!

彼女、絶対面白い戯曲書けると思うんだけどなー。

書いてくんないかなあ。

なーんてことを絵馬にでも書いてみようか、初詣行った時。



ではでは、今年もすげーお世話になりました。

不定期更新もいいところですが、お気が向いたら来年もお付き合い下さいませ。

俺パラなんかもひっさびさにやりたいですしね。

ブログもイベントもいったん休んじゃうと億劫になっちゃうけど、ま、そこをなんとか。

そいじゃば改めまして、皆々様、良いお年を。



じゃ、シーユー。


★今年も1年お世話になりました。壇蜜さんも壇蜜さんじゃないかたも、メールはこちらからお送りください。

|

2013/12/16

我ながらなんじゃこの締め?

土日は更新出来ませんでしたが、とっても順調に初の断食プログラム、全日程を終了いたしました!

個人的に、ソチ五輪を決めたカーリング女子ぐらいの感激具合。

これからご褒美に、赤沢温泉の日帰り温泉(パノラマ展望露天風呂!)につかって帰る予定ですん。


行く前は、断食道場と称したサティアンだったらどうしよう…とか、そうでなくても腹ぺこで倒れたらどうしよう…などなど不安もありましたが、終わってしまえば、

3日ぐらい全然余裕ス。メシ食わねぇの。 

多分、あと2日はいけたと思うし、慣れれば一週間ぐらい出来るんじゃないかしら?

毎日の中で、”食べること”が当たり前になり過ぎてて、おまけにそれが過剰になり過ぎてて、だからそれに慣れ切った脳みそが無条件に「メシくわせー」って言ってるだけで、食わなきゃ食わないでもなんとでもしてくれるのね、人の体って。

このまま禁煙出来るかどうかは分からんけども、ここにいる間の一週間、何の苦もなく一本も吸わずにいられたのも大きな収穫でございました。

で、いざ断食やってみてどうだったかというと、体重は2.5kg減 お腹回りは4cm減と、そんなとこ。

断食っつってもたった3日だし、そんな吸収のいい状態で細々だけど補食もとってたしね。

そもそもダイエットが一番の目的でもなかったんで、ま、こんなとこでしょ。

『頭がクリアになった』『体がすげー軽い』以外、「大きくここが変わった!」ってとこはまだ見当たらないけど、重ねに重ねまくった内蔵の負担を一度リセットしてあげたことで、今後、なにかといい影響はあるのでしょうな。


施設の先生曰く、絶好調時は一ヶ月後にやってきて、断食による変化は東京に戻ってからの方が実感する機会が多いとのこと。

確かに。

こっちじゃアホみたくリラックスできる環境の中、普段よりずっと体を動かせたし、管理してもらえたので食事も少量で済ませられたけど、こっからは全て自己責任。

生活習慣について敏感になる頻度はこれまでよりずっと増えると思うし、そんなきっかけになっただけでも断食の価値は多いにある気がするっス。


とはいえ、骨の髄までこびりつた不規則極まりない習慣だもの、そう簡単に変えられないのも現実。

真に大切なのはこれからであります。

大事なのは節度。

そして頑張り過ぎずトータルバランスでまとめる、ですかね。

なーんて、すっかりなんちゃって健康志向な俺ですが、まあ、断食中辛かったことと言えば、仕事のためとはいえ、大好きな壇蜜のDVDを夜中にこっそりお部屋で見なくちゃいけなかったのと、ブログ読者から、なぜこのタイミングかさっぱり分からんけど、「女の子のオナニーについてどう思いますか?」って質問メールを受けたこと。

この一週間、とてつもなくストイック&クリーンに過ごそうと思ってたのに…。

断エロはなりませんでしたわ…残念ながら?…いや、嬉しいことに。


あ、もちろん女子のオナニーは全然アリです。

引くなんてとんでもない! むしろ立派だと思いまっす。



じゃ、シーユー。


★エロめな相談でもエロくない相談でもウエルカムなマッチャーへのメールはこちらからどうぞ。

|

2013/12/13

断食四日目の朝にして、

補食の重湯と梅干しとオニオンスープを食したよ。

出発前、

「舌が敏感になってるからなんでも美味しく感じて感動するよ!」

と経験者の方々がこぞって言うので、どんだけだと思ったら、

ま、重湯と梅干しと玉葱だなあ…みたいな。

そのまんまもいいところの印象でございました。

すっげー楽しみにしてたのに…舌バカなんスかね、俺。


昨日はブログを更新していたお昼過ぎぐらいまでは随分気だるかったけど、その後、のんびり過ごしているうちに調子も良くなってきて、「まだ全然いけるわ、断食」な気分のまま就寝。

だから今朝の補食も食べてしまうのがなんだかもったいなくて。


とあるインストラクターの方のお話では、2週間の断食に挑戦したものの12日目でフラフラになって断念したらしく、俺もせめてあと2日…いや、頑張れば一週間ぐらいいけなくもない気がするけど、東京戻ってお仕事もあるので、ね。


ああ、このままあと三日間かけて普通食に戻すのか。

残りの時間はお部屋で書き物したり、気が向いたら運動代わりに観光したり。

近くに温泉やスパもあるし、ちょっと歩けばいつでも海が見える。

本当にアホかと思うぐらい贅沢な時間スわ。


断食道場にもいろいろあって、断食中も連日雑巾がけや座禅を組むなど、ほとんど修行の域のものから、今、マッチャーがやってる心身のリフレッシュを目的とした観光断食など様々で。

いやあ、ホントこっちでよかったや…。


ご飯しっかり食べてても、あなたに雑巾がけとか座禅とか絶対無理ですからあ!!!

残念—————!!!!! 


吠えたぜ、心の波田陽区。



じゃ、シーユー。


★慌ただしい師走、一足お先に心身リフレッシュ中のマッチャーへ、なにか一言いいたいかたもそうでもないかたも、メールはこちらからお送りください。

|

2013/12/12

断食3日目にして、

超こたえてまっす!

朝、起きたら体が重い重い…。

今朝も頑張っておはよう太極拳やってきたけど、奇妙な動きをぎこちなく繰り出すおじさん度は間違いなくUP!UP!

ヨボヨボ拳だわ、あれじゃ。


うーん、昨日まで全然平気だったのに、未体験ゾーンのガス欠に見舞われ、ようやく断食やってる実感が湧いてきたっていうね。


とはいえ、1週間コースの断食は今日までで、明日からは緩やかに補食期間に移行。

基本、断食した同じ日数をかけて普通食に戻していくのが体に良いらしく。

「なーんだ、意外と短いのね」って思ってたら、補食って断食よりめちゃしんどいって、初日のセミナーで施設の人が言ってた。

少量質素とはいえ、なまじ空っぽの胃に食べ物を入れちゃうもんだから、脳みそがマッハで渇きを思い出し、MORE!MORE!感、ハンパ無いんだと。

なるほどねー。

そりゃ東京の自宅じゃ、俺、絶対無理だわ。

覚悟してなんとか数日間断食は出来ても、その後の補食に関しては厳しく管理してもらわんと、あっさり誘惑に負けてまうやろ〜。

そのあっさり具合といったら、DeNAの三浦番長がコーチ兼任になった途端にリーゼントやめるぐらいのあっさりだと推測されますが……ああ、ちくしょう、腹減ったぁ!!!

もうね、さすがに今日はこれから軽くお散歩したら、パパっと近くの露天風呂につかって、あとはお部屋でのんびり読書でもして寝ますよ。


しっかし、断食してみると、いかにご飯関連のことに毎日の時間が割かれているか分かるね。

食事を作る時間や食べてる時間という実質的な時間はもとより、“今日はなに食べよー”とか“スーパー行くのめんどいなー”とか“どの店いこー”とか“あの店美味しいのかなー”とか“注文したのに遅いなー”とか“結構食べ過ぎたなー”とかそういう思考もひっくるめて。

一日がすっごく長く感じるもの、ご飯のこと1ミリも考えないと。

いいとか悪いとかじゃなくね。

そんなふうに感じるとです、なぜか博多風に。



じゃ、シーユー。


★飢餓!腹ペコマッチャーへの励ましのお便りやその他の雑談のメールはこちらからお送りください。

|

2013/12/11

ボクはここにいるよ。

昨日は更新出来なかったけど、伊豆高原の某施設にて、ちゃんといい子で断食ってます。

俺です、マッチャーです。


今は、毎朝8時からロビーで始まる恒例の“おはよう太極拳”的催しへの初参加を済ませ、無事にお部屋に戻ってきた次第。

夜更かしもせず、こんな時間に起きてるなんて…すげぇ新鮮っ!!!

つか、太極拳がそもそも新鮮っ!!!

とりあえずインストラクターの方の動きを見よう見まねでやってきたけど、端からすると、無駄にスースー息を吐きながら、ぎこちない動きをゆっくりと連発する危ないおっさんにしか見えなかったと思う…これはもう完全に。

なあに、また明日があるさ。

ここを卒業する頃には、“師範代”ってニックネームがつぐらい頑張りますわ。


えー、とにかくアレです。

一昨日の晩飯を最後になんも食べてないです。

ここで支給されるお茶とアルカリ水と、酵母ジュースっていうんスか?口寂しいと、それらをひたすらグビグビ飲んでるだけ。

最後のディナーは豪勢な中華料理のコースだったっけ。

しばらく食を断つ身ですもの…北京ダックやらエビやらカニやらトリュフをまぶしたイカちゃんやら、最後の小粋なデザートまで、味わい鬼か!ってなぐらい、一品一品深く噛み締めましたさ。

時には目をつぶって、全ての神経を口の中に集中してね。

仕事関係のちょっぴり大人なお食事会だったのに、そんなのお構いなしの味わいっぷり。

いっつもああいうシチュエーションで思うけど、料理にしっかり集中しないと(今回はし過ぎたけど)、その美味しさに申し訳ないじゃんねえ?


というわけで、そんなご馳走エピソードを余裕でブログに書けるぐらい、今のところ不思議と苦痛じゃございませんの、断食が。

たまぁに「お腹鳴ってんなー」って思うぐらいで、特に空腹感を覚えることもなく。

あまりの日頃の暴飲暴食っぷりに、どんだけしんどいん目に遭うんだ…つて、正直、行く前は憂鬱だったのに…


むいてる?

ひょっとして、俺、断食、むいてる?


ARE YOU DANJIKI BOY?
YES. I’M DANJIKI BOY!

って、自問自答していいぐらい、断食、むいてる?

さらにここに来て、タバコも一本も吸ってません。

つか、持ってきてもないです。

むいてる?

ひょっとして、禁煙までむいてる?

…とはいえ、まだまだ断食という名の旅は始まったばかり。
禁煙もね、予想通りこっちの空気がきれいだから今んとこ吸う気にならないだけで、この先どうなりますことやら…やめれたら超いいなあとは超思うけど。

ま、心穏やかに平常心で二日目を過ごしていきますよ。

さて、本日はこれからリフレッシュ・マッサージなるものをお受けして、午後からノルディック・ウォーキングなるものに参加してきます。

お、おで…健康的過ぎて死んじゃうかも。



じゃ、シーユー。


★断食中のマッチャーに、心置きなくグルメ情報ほか何でも、メールはこちらから大栗ください!

|

より以前の記事一覧