2014/06/13

ピカ☆★☆ンチ

って、書いて『ピカンチ・ハーフ』と読むのだが、「なんなんスか、それ?」ときかれれば、10年ぶりに脚本を書かせてもらった嵐主演の青春映画の続編もどき?だったりする。

『ピカ☆ンチ』(13年前)『ピカ☆☆ンチ』(10年前)ときて今回のハーフは、彼らがこの10年間をいかに過ごしてきたかについて存分に描かせてもらったスピンオフ企画なわけですな。

この先、実現するかどうかも分からない新作本編『ピカ☆☆☆ンチ』(ピカンチ・ターキー)の長編プロローグだと思ってもらえるといいかも知れない。

仕事の依頼を受けたマッチャーが、錆びついた心の垢を懸命に落としながらおのれの“青春感覚”を掘り起こし、2週間で一気に書き上げたこの作品。自分の中ではもはやスピンオフという感覚はまるでなく、本編以上に遊び心をいっぱいまぶした充実作だと至極勝手に自負していて。

つか、今や日本を代表するアイドルグループから「やりたいんスよー」ってお願いされて誰が断れますかっ。

彼らのライフワークの一つがよもや自分のライフワークの一つになるだなんて思いもよらなかったわけで、もうね、せっかくだから必死こいて遊ばせてもらいました。

前作、前々作未見の方でも全く問題ない上に、これを観てもらえればこれまでのピカンチがおおよそ分かる作りにもなっているので、今年の夏休みはご家族ご友人とお誘い合わせの上、TOKYO DOME CITY HALLまで是非もんで足を運んでいただけると、これ幸い。

(→公式ページはこちら。随時情報アップとのことなのでブックマークを!)



んでもって、只今の俺ときたら、次回演出作『カッコーの巣の上で』の絶賛稽古中。

えっと、ごめんなさい。このお芝居、超面白いス。

映画でしかこの作品を知らない方がほとんどだと思うのですが、元々が舞台作品なわけで、よって戯曲としても本当に秀逸。

映画だと重苦しい印象を抱かれる方も多いと思われますが、舞台版は決してそれだけの印象に終わらない、愉快で味わい深い手触りになっているというか、そういう感じをこのカンパニーで目指しているというか。

ジャック・ニコルソンとは似ても似つかぬ小栗の旬君が主演ですが、彼は彼の個性を活かしまくったとっても魅力的なマクマーフィーになるんじゃないかしら。

そんなこんなで、信頼のおけるキャスト・スタッフに囲まれながら、日々ウハウハで頑張っているわけですよ、夢精するぐらいの勢いで。

夢精する勢いが果たしてどんな勢いだか自分でもさっぱり分かりませんがね、よろしかったらこちらも是非。




じゃ、シーユー。


☆ピカンチハーフもカッコーもどちらもよろしく!ってなわけで、夢精する勢いのメールはこちらからお送りください。

|

2014/05/28

ま、どれもこれもスゲー楽しいんスけどね。

ブログとか更新してないとだいぶ面倒くさくなりますね。

おひさー。マッチャーです。


先々週、大阪で『中の人』って舞台が大変無事に終わり(関係者の皆様、ご来場下さった皆様、その節はありがとうございました!)、それ終わった後、先週公開開始の『オー!ファーザー』って映画に珍しく役者で参加させてもらった都合で、取材やら劇場での初日挨拶やらでバタバタしつつ(あ、お暇な方はぜひぜひ劇場に!)、空いた時間の全ては、急遽入った映画の本をひたすら部屋にこもって執筆し、んで、それをひとまずほんのさっき書き上げたものの、今週末から始まる演出作『万獣こわい』の沖縄公演はすげー行きたいのに仕事あるからさすがに行けねーな・・・とがっくりうなだれ、しゃーない、間もなく稽古が始まる『カッコーの巣の上で』の演出プランにこれから思いを馳せてみようかと・・・みたいなことこんなとこで報告されてもねー。


つまんないでしょ?


けど、こんなことでも書かなきゃ書くこと一個もないのでどうか許して下さい。

とにかく生きてはいるんで。 なんとかなると思います、はい。



じゃ、シーユー。




☆月曜日にもらってた内容ですが担当都合で本日更新しました…ってこんなことを報告されてもねー。皆さんの、マッチャーにしてもしょうがない報告でも何でも、メールはこちらからお送りください!

|

2014/04/22

間もなく開幕する

『中の人』の準備で連日劇場入り。


えーっとですねぇ、非常に雑な感じで申し訳ないですけど、すげー面白いと思います、この舞台。


人気アイドル君が主演をバシっと務めるため、チケット入手困難との話を聞きますが、観劇マニアの方にも沢山観てもらえたらなぁと切に思う今日この頃。

なにせ演劇畑の狂える猛者達が、ここぞとばかりに寄ってたかって自由度高く作り上げましたから。

コメディたるもの、もちろん笑えてなんぼですが、トランス・コメディとでも言いましょうか…五感で楽しむ要素も多分に入った愉快痛快変テコ喜劇、ご興味があられる方はありったけのガッツを発動してご観劇あれ。


んで、『万獣こわい』

只今、地方公演大絶賛巡業中となっております。

先日開催された松本・新潟公演も共に大・大・賑わいだったそうで。

なんだかすげーなあんなハードコアな内容なのに…。

自分で演出しといてなんですけども。


万獣が六月前半に全ての巡業を終える頃、すでに中の人を終えた俺的には、次の『カッコーの巣の上で』の稽古が始まってるんだよなあ。


三銃士っていうか、万獣メンバーってばホント凄いよ。

あんなに忙しいメンツなのに、どんだけ全国で毒を振り撒いてんだ!!

東京で次から次へと迫りくるお仕事と日々格闘している身としましては、万獣カンパニーの健康と公演の成功を祈るばかりでおま。


あ、あとね。

これ、芝居と全然関係無いけど、エドガー・ライト監督最新作『ワールズ・エンド 酔っぱらいが地球を救う』絶対映画館で観た方がいいス。

公開初日にいてもたってもいられなく劇場に駆け込むなんて、今じゃこの人とタランティーノだけだもん。

こんなオイラが毎回“お口ポッカーン”の面白さですから。

ま、騙されたと思って。ね?



じゃ、シーユー。



☆万獣中の人カッコーの巣の上で。と立て続けのマッチャーに、芝居の感想でもそれ以外でも、とにかくメールはこちらからお送りください!

|

2013/05/09

くだらないの中に。

さて、先日といってもちょっと前になるけど、昨年PARCO劇場で上演した『TEXAS』のコメンタリーを星野の源ちゃんとやってきた。


普通に元気だったよ、源ちゃん。


なにせ久しぶりに会ったので、コメンタリー中は芝居の話そっちのけで、スゲーどーでもいいことばっか二人でしゃべってて、後半、スタッフさんにカンペで『舞台について話して下さい!』って注意されました。

2時間余り、だいぶレアな話をいっぱいしたので、もうじき発売されるDVDをぜひ買っていただき、ぜひぜひご鑑賞下さいませ。


で、その翌週、園子温監督の芸人デビューイベントに遊びに行った時も源ちゃんとまた会った。

しばらく会えてなかったのに面白いもんだ。

昼の部はホリエモンと千葉真一。

夜の部は花束贈呈のプレゼンターとして、キンタロー。の偽物がフライングゲットをジングルにゲスト出演。

なんとも豪華で激レアなイベントだったよ。

しかし、素っ裸で股間に天狗のお面だけつけてたり、アホな漫才して頭、豪快にはたかれてたり、なんでもやるなー、園さんてば。

ある意味、尊敬に値するっス。



さて、写真は八犬伝の記念にもらってきた小道具の与四郎

Photo_by_camerakit

もうね、やっと生きてるって感じがさ、ホント可愛くって仕方が無い。

こんなん部屋に飾ってるの、我ながらどうかと思うけど。



うーん、今日はとりとめもない話に終始してしまいますな。

だって、しゃーない。

最近は部屋に閉じこもって書きもの仕事ばっかしてるんだもん。

なんもねーんだわ、そういう時期は。



じゃ、シーユー。


☆とりとめもない話へのとりとめもない感想は、こちらからお送りください!

|

2012/08/20

それらは同じ『ム』で始まる。

先日、ムロツヨシのラジオに加藤啓君とゲスト出演してきた。
次の舞台『阿呆の鼻毛で蜻蛉をつなぐ』の宣伝だ。
んでもって、生放送だ。
さっそくムロに尖閣諸島や竹島について激しく意見を求めたら、ブースの奥のディレクターさん達に一斉に困り顔&苦笑いをされた。
ムロに「次は収録でしか呼べない」と言われたが、編集されるとまるで無口な人みたいになるので収録なら絶対出ない。

とはいえ、ラジオは大好きなのでいつでも出たい。
文化放送はもう呼んでくれないと思う。
全部ムロのせいだ。

あんなにラジオで義眼義眼言ったのも初めてだ。
精子精子言ったのも初めてだ。
台本通り話したつもりなのに…全部ムロのせいなのだ。

収録後、写真も撮った。
三人して帽子がかぶったよ。

Photo_3



そして、その翌日は『ムカデ人間2』の大ヒット記念トークショーにゲスト出演。
お相手は前作で記念すべきムカデ人間第一号(しかも先頭)を大熱演してくれた俺的英雄・北村昭博さん。
ムカ2上映直後のイベントだったのだけど、あまりに映画がハードコア過ぎて、入場してきた時の客席の空気が重かったのなんの。
ま、さすがの俺でも途中から全く笑えませんでしたから。
そんな映画、なかなかねーよ。
サンプル盤を家で観るのと劇場で観るのとではやっぱ大違いスね…。
歯をへし折る音やらウンコまき散らす音やら、とにかくエグかったっ! 小泉元首相ばりに感動したっ!
やー、改めて映画は映画館で観るモノだということを再認識させられました、ムカデ人間で。

あ、おかげさまでトークの方は全然盛り上がりましたよ。
自宅にいる北村さんが、オランダにいる監督さんのオーディションをスカイプで受けた話とかスゲー面白かったです。

監督さん:「ちょっとそこで喉かっ切って死んでみて」
北村さん:「ぐあああああー!!!」
監督さん:「(モニターを指差し)よし、君に決定だ!
北村さん:「(やっぱモニターを指差し)あんた、見る目あるぜ!

ってこんな感じだったんですって。
スカイプ越しになにやってんだか。

つうことで、ぜひお時間がある方は新宿武蔵野館でレイトショーやってますんで、前のめりでご鑑賞下さいませ。
2から観ても全く問題ないし、そもそも作品自体が『問題』な映画なんてそうそうないですから。この機会に劇場でぜひ!

写真は担当者様からいただいた素敵ムカデグッズと、北村さんとの素敵ムカデ記念写真。
1

Nec_0271

トイペは絶対にリビングに飾るし、みんなもこうして写真撮るといいよ。

ちなみにトイペは、担当者さんにお伺いしたところ、
(可愛い笑顔で)張り切って作り過ぎちゃったんですー」
とのことなので、どうかごそっと買ってあげてつかーさい。
じゃないと、社内のみなさんが延々これでお尻を吹くことになるので。

つうことで、ムロもムカデも楽しかったですわ。

関係者の皆々様、大変ご迷惑おかけしつつ、大変ありがとうございました!


じゃ、シーユー。


★「ム」ファンのかたもそうでないかたも、メールはこちらからお送りください!

|

2012/08/11

つ・な・げ・て・み・た・い。

月曜日に更新するつもりだったけど、ちょい前倒しで更新するだよ。

えっと、本日は、3日後に迫った俺パラ大阪最終告知をしなきゃと思っての更新なのですが、もう1個あまりに素敵なイベントへのお誘いを受けましたのでそっちを先ず載っけちゃいます。

8月18日(土)新宿武蔵野館にて『ムカデ人間2』21:15の回上映終了後、前作『ムカデ人間』で日本人代表ムカデ(しかも先頭)を実に華麗に演じて下さいました俳優・北村昭博さんとムカデ人間トークショーをやらせていただくでやんす。

なんでも”大ヒット記念”だそうで、『ムカデ人間』が多くの方に愛されていると思うと、驚きと喜び、そして「この国、大丈夫か…?」的な大いなる疑念が激しく去来する今日この頃、とにもかくにもいちファンとしては大変光栄な限りでして。

夢は見るものではなく、叶えるもの。

思わず沢穂希な気分です。

当日はムカデ愛に溢れた観客の前でムカデトークをせねばならんので多少緊張もいたしますが、どうぞこの機会に一人でも多くの方々にこのとびきりチャーミングかつ、スーパー・デンジャラスな映画に触れていただきたく思います。

変態度では完全に金メダルですんで。
しかも確実に五輪新での、ですんで。

さて、そんなムカデつながりで俺パラ最終告知。

と、その前に。

なにせ久々の開催だし大阪だしで、「俺パラってなにするの?」って思ってる方もいるんじゃないかとここにきて思い、一応簡単に俺パラ概要を説明させていただきますね。

マッチャーが好きな音楽を長々とかけてはしゃいでる中、お客様は店内で酒を飲み、やがて始まるマッチャーの下ネタや人様を罵倒するだけの大変不毛な話をききながら、お客様は酒を飲み、マッチャーがみなさんに押しつけたいマニアック映画の名場面集をアトランダムにモニターに投影する中、お客様は酒を飲み、オープンと同時に飲み始めているマッチャーはここらへんでかなりの酔っぱらいになっているので、グダグダ感をひたすらフォローしてもらうべく素敵ゲストさんのミニライブがあり、そんな中、お客様はやっぱり酒を飲み、そんで、マッチャーのさじ加減で適当に終了。

ってこんな感じです。

伝わったかな?

とにかくユルユルです。
牛乳を入れ過ぎたフルーチェぐらいのユルさだと思って下さい。

会場はマッチャーも初めてお伺いするお店なのですが、料理もとっても美味という話なので、どうぞ俺なんかに気兼ねすることなくガバガバ飲み食いして自家発電で楽しんで下さい。お一人様でのご来場もなにも問題ございません。

終了は一応22時超えを予定していますが、そのままお店に残って飲んでもらっても全然大丈夫みたいです。もちろん俺も残って飲んでるし。

けど、せっかくだからイベント中に『ムカデ人間』の宣伝活動もやりたいので、その時ばかりは胃にモノを入れるのはお控えになった方がいいと思います。

あ、当日券も出るそうですよ!!!

どうやら前売りと料金が変わらないらしいので、遊びに来たい人は当日飛び込みでドシドシお越し下さいませ。

他県からお越し下さるお客様対象のイベント前イベントは、昨日のブログに書いた通り、通天閣の最寄り駅・御堂筋線『動物園前駅』一番出口に出たところで12時半集合(16時前解散)で!

予定通り『通天閣&串カツツアー』になりそうですが、あまりの混み具合に当日うんざりし、急な野球拳の可能性もまだ若干残っているので、気が触れた方は真冬のような厚着でおいでませませ。

俺パラ IN 大阪2

8月14日(火)ジャニスダイニング・JANUSDINING (06-6211-6222)
大阪市中央区東心斎橋2-4-30 GRANDJANUS BLD 1F

OPEN 18:15 START 19:00
3500円(1ドリンク+1フード付き)
(★当日券は下記の担当者直通番号におかけ下さい)

ゲスト:日比直博さん。


チケットの予約受付・公演に関するお問合せ   info.orepara@gmail.com

※先日からチケット受付始まりました。なお、チケット予約のメール本文には、  当日ご来場される方のお名前・連絡先(複数名で予約の場合は全員分)を記載して下さいませ。
※上記に記載した電話番号の受付時間は14:00〜26:00でして、お店に関するお問い合わせのみとなります。
その他お問い合わせ・チケット予約は、企画者直通(080−5127−8995)でも承っております。

なお、直接お店にいらして下さってもチケットの予約は出来ます。



じゃ、シーユー。

|

2010/10/19

フェイバリットな作品に携われている幸福を胸に励むのだよ。

さて、昨日はイケメン芝居の稽古後、オレンジ音楽&配役打ち合わせ。

およそ4時間に渡る打ち合わせが終わる頃には例の如くヘトヘトマッチャーと化した具合だ。


さて、『時計じかけのオレンジ』という作品。

一般的にはキューブリックの映画として広く知られているが、実は(大変小難しい)原作の小説があって、今回舞台化する時計じかけの戯曲は、その原作者自らがかなり昔に書き下ろしたモノをベースにしたものである。

だから映画をイメージしてこの舞台を観ると、なんだか違和感を感じるところもあるだろう。

例えば今回“パンクオペラ”と銘打っているだけあって、(ミュージカルではないけど)原作には結構歌が入ってたりするし、映画にはあって原作にはない設定(逆もしかり)だってバンバンある。


そもそも原作者はキューブリック版のオレンジにめちゃめちゃ怒り心頭だったわけで(これ、マニアの間では有名な話)、そんな人物が舞台化にあたって「これぞオレンジ魂だ!」的な気概を持って発表した…という意味を持つ戯曲だ。

なんだか違って当然なわけですよ。

とはいえ、この作品の魅力の多くは“圧倒的な暴力”にあるのは変わりなく。

平たく言えば、そこに終わらないテーマを掲げていたのが原作者で、ハイセンスかつ、妥協なき演出力を駆使し、暴力のみで押し切ったのがキューブリック。

で、俺の仕事は、原作者が書き下ろした戯曲に沿って演出するという大命題の中で、諸処のアレンジを施しつつ、いかにこの作品の魅力を生の舞台に立ち上げるか…というものになってくる。

なかなかムズいが、トライとして実に豊かで有意義なものだ。


その一方、かくいう自分もご多分に漏れず、この作品はキューブリックで知った人間。

去年演出させてもらった『死霊のはらわた』同様、とても愛着のある映画で、10代に出会って以来、幾度となく見返してきた作品である。


オレンジ魂とキューブリックの狭間を漂いながら、今日もイケメンと稽古する俺…。

ヘトヘトマッチャーの旅はまだまだ続く。


じゃ、シーユー。

|

2010/09/21

それでも、あ〜ちゃんとかしゆかのもやらねばと本気で思っている。

今日は休演日。

で、若干二日酔い。

残念だ…残念でたまらない。 


昨日の本番が終わった後、出演者達や倉持君やスタッフさんや舞台を観に来てくれたお客さんまでもがマッチャー宅に遊びに来て酒盛りをしたのだった。


名目はのっちの誕生日会。


のっち…そう、デンジャラスじゃなくてPerfumeののっち。


そして当たり前だがのっちはいない。


多分、どっか華やかな場所で盛大に祝われていたハズ。

まさに勝手にバースデーパーティー IN 俺んち

しかも遊びに来た人達全員がのっちに興味があるわけではない、これも当たり前ながら。

むしろのっちに思い入れがあるのは若干数。

だからどれだけのっちが、そしてPerfumeが素晴らしいアーティストであるかをプレゼンすべく、無理矢理Perfume DVDを軽く3時間ぐらい見てもらった。

普通に迷惑だったと思うが、ま、いいじゃん。俺んちだし。


今回のカンパニーはスゲーいい人ばかりなので、最終的にみんな心から笑顔で 「のっち、おめでとうー!!!」 って乾杯してくれたよ。


良かったね、のっち。


昨日は「いつ飲んでやろう」と密かに楽しみにしていた高級シャンパンまでホイホイ開けちゃった。

…で、俺、二日酔い。

気がつけば酔いつぶれて床で寝てるヤツもいた。


なにやってんだろう、俺……そしてみんな。


じゃ、シーユー。


☆イエス、we can! perfume大好きっこたち、メールはこちらからお送りください!


ハイレグタワーon twitterはメールマガジンより迅速に更新なうもすぐわかります! twitter始めたらフォローよろしくどうぞ。

|

2010/08/13

いまだ絶不調のパソコンでの更新。

よって、手短に。

真心一座再演のお稽古は佳境も佳境に差し掛かり、昨日は衣装をつけての初通し稽古。

ま、いろいろあるが、順調だ。

再演だから決して楽というものではなく、再演は再演の難しさも当然あるのだが、来るべき四章への前哨戦といった意味でも初心に立ち返る意味でもかなりやって良かった、再演。

5年の月日が経っても面白いものは面白いし、5年が経った今だから出来る新しいアレヤコレヤもある。

他に削るものがないので相変わらず骨身ばっか削ってる一座ですが、19日から幕が開くので、どうかみなさん、劇場まで足を運んでやって下さいませ。

金玉以外は下げてるものがないので仕方なく頭を目一杯下げまする。

よろしくお願いいたします!


と、そんな中、昨夜風知空知でご飯を食べていると、

「私、6回観に行きます」

とお声をかけてくれる人があった。

もうね、天使に見えたよ。

頭に輪っか的な、手に矢的な、背中に翼的なものが見えたり見えなかったり、と言いつつ、さすがにそこまではやっぱ見えなかったり、でも例えとしてエンジェルちゃんに見えたっていう、ね。

いざ観劇されて、「1回でいいや」って思われないよう、むしろ7回観に行く気にさせるぐらいの気持ちで頑張らせてもらいます。


あ、なんだか久々にパソコンの機嫌がいいからついでで書き足すと、こないだ寝付かれず息抜きで鑑賞した『悪魔の毒々パーティ』ってゾンビ映画、めちゃめちゃ最高でした。

疲れた頭に超いいよ、センス良く頭の悪いゾンビ映画。

タイトルからしてアホ感丸出しでしょ?

つか、アホの全裸でしょ?

されどゾンビのみならず、B級映画の魅力を余す事無く押さえてますわ、もはや感動もんの勢いで。

これ観て楽しいと思った人とはソウルメイトになれる自信があるね。

多いに飲むね、語るね、添い寝するね。

とはいえ、これ観る前にまず真心一座観ろって話ではあるけれど。


じゃ、シーユー。



|

2010/04/21

それでもなんとなく更新はするのだけど。

昨日からプロペラ犬の本格稽古が始まっている。

稽古の日々に突入すると、本当にブログに書くことがなくて困る。

なんせ稽古稽古稽古疲れた疲れた疲れた寝る寝る寝るのループに連日入るからだ。

その間、たまに空いた時間も打ち合わせ打ち合わせ打ち合わせ…。

だから本当にしばらくこのブログ読まなくていいです。

シケシケなんで。


あ、マッチャーも編集に携わった最新版印獣DVD、出来ました!

以前、ここでも書きました通り、特典映像もスゲー楽しげに大収録されていますので、ぜひぜひご購入下さいませ。

基本、舞台は劇場で見るものとはいえ、印獣に関してはDVDでも全く問題無し。

編集しながらいっぱい笑いましたもの。

舞台ならではの臨場感がいい感じでコンパイルされてるし、映像独特のディテールの面白さもバンバン活かされてますし。

ほら、三銃士の人達ってダイナミックかつ、マジで芸が細かいですから。


じゃ、シーユー。



|

より以前の記事一覧