2012/08/13

ウォッチャーの闘いもすでに始まっているのだよ。

やー、終わったね、ロンドン五輪。
アテネをほんの1個だけだけど上回る史上最多・38個のメダル獲得だそうで。

まじスゲースゲー。

けど、金メダルの数が前回より激減した現実を、各競技界や政府がいかに捉えて次の五輪につなげるかという命題への対処は今から始まるのでございますよ。
ヨーロッパとはまるで風土が異なるブラジルでは、より厳しい闘いが待っていることはすでに明白なわけで。

とはいえ、優秀な人材自体はいっぱいいると思うんです、この国にも。

サッカーやバトミントン、競泳にバレーボールにアーチェリーだって今回の好結果を受けて競技人口がぐんと増えるだろうし、そんなこれからスポーツを始める子供達や五輪を目指す若手選手達にとって、『本気の世界レベル』を目の当たりに出来たことはめちゃめちゃ大きいと思います。
なでしこ一つとっても、ワンバック強ぇな。モーガン早ぇな。ソロべっぴんだな。ブラジルやフランス上手いし超おっかないな、って痛感させられたわけで。

今回飛躍的に活躍した競技が軒並み女子チームに留まったことは由々しき問題ではありますが(もちろん水泳や体操やレスリングは良かったけどね)、とにもかくにも高いレベルを目指して日々のトレーニングを重ねることでしか真の力はつきませんから。
真剣勝負の場で世界の上位と闘えた意義は、選手達本人にとってもこれからの人達にとっても実に大きいのでございます。


あと何度も言うけどね、スポーツを始め、芸能、文化は国の財産だという認識をお偉い方々にはホント持っていただきたい。

大きな経済効果を産む可能性をいっぱい秘めたコンテンツなんですって。

五輪にしたって、表立って語られることは少ないけれど、『各国が国力を世界中に誇示する場』という側面が確実にあるわけで、そういう意味で日本という国はアホみたいにのんき過ぎるとしかいいようが無い。

今回だって国のサポートを大して得られないまま、こんだけメダルが取れるのよ?マイナー競技のボクシングやアーチェリーだって超頑張ったんだから!

いつまでも車だ、電化製品だって過去の栄光にすがりつくだけじゃなく、スポーツや文化部門の優れた才能を幅広く伸ばすこと、環境を充実させることに長い目でもっと力を注いで行けば、いろんな意味で世界が羨む豊かな国になるんじゃないかなあって激しく思います。

そうすりゃ今後増える一方になるかもよ、金メダル。

演劇だって、(他国でもやってるように)スタジオを支援してくれたり、キャスト・スタッフのギャラをいくらかでもサポートしてもらえたら、もっとクオリティが高い作品が練れて、もっと安い料金でお客さんを劇場に呼べるわけだし。

イギリスやアメリカみたく、観光客がそれ目当てでどばっと訪れることにだってなるやも知れぬ。

がっぽがっぽ外貨が稼げるんだからして。

ジャンルは違えど、韓国なんてそれ目当てでK POPを発展させたわけだから。

不景気続きな今だからこそ、政府には柔軟かつ、広い視野を求めるのだよ。


どうですか、お客さーーーん!!!



…さて。

日頃からうんこちんちんうんこちんちん連呼するのが大好きな俺が、なにを熱く語っとるんじゃ!と我に返る時間帯がとうとうやってまいりました。

明日の俺パラでも好き勝手ゲスを振りまいていこうじゃないかと力強く思っております。

当日券を始め、もろもろの情報は先のブログに書いた通りでおじゃる。

引き続きチケットは受け付けておりますので、良かったらお気軽に遊びに来て下され。
そして当日は、こんな俺をどうか大目に見て下され。

マッチャーは今から大阪入り。
明日に備え、一足先に心斎橋に乗り込んでおくでゲス。




じゃ、シーユー。


★オリンピックへの熱い気持ちや俺パラへのゲスい気持ち、その他なんでもメールはこちらからお送りください。

|

2012/08/10

表彰台の大野がはしゃぎすぎだったとはいえ。

今朝のなでしこ、実に惜しかったですね。

あのアメリカに下手に先制して前掛かりでバンバン攻められるより、点差を守る引き気味の相手に粘り強くゲームを作って後半追いつき、アメリカの疲れが出たところを一気に逆転!みたいな展開の方が勝利の流れを俄然引き込めるんじゃないかと勝手に予想していたので、途中まで実にいい感じだと思ったのだけど…数多くの決定機を決め切れなかった。

ま、そんなことも普通にありますよ。一発勝負ですもん。

勝利に値する敗戦など真剣勝負の世界においては基本無いわけで、けれど、今朝の試合はホント立派ですよ、どういう結果に終わってもめでたいですよ!

そう言い切れるチームだったなあ。やー、同じ時代に生きれて良かった。

ご先祖様、マジありがとう。


えー、めでたいと言えば、いよいよ来週火曜日に迫って参りました、俺パラ IN 大阪。

引き続き、絶賛チケット受付け中ですんで、無理矢理お友達とお誘い合わせの上、超無理矢理お越し下さいませ。


あと、遠方からお越しのお客様対象のイベント前イベントは、どうやら通天閣+串カツコースで決まりそうでして。

現在のところ3〜4名ぐらいの参加になりるかもっつうことで、どっぷりいい感じで遊べますな。

ただ、この時期、通天閣めちゃ混みなんだって!!!

問い合わせ先によりますと、展望台まで行って下りてくるまでに2時間は考えておいた方がいいらしく、となると周辺の串カツ屋さんも当然混雑が予想されるわけで。

ま、そこらへんは臨機応変に考えますか。

「こりゃダメだ!」ってなったら、いよいよホテルに戻って陽気に野球拳とかしとけばいいですもんね。

そんなこんなで、通天閣の最寄り駅・御堂筋線『動物園前駅』一番出口に出たところで12時半に待ち合わせしましょ。

ちなみに解散は16時前を予定しております。

つか、なんなら動物園行ってもいいよな、これだったら。

こちらも引き続き参加者を募集してますので、お暇している方は是非!

遠方と申しましても、京都・奈良的な他県の方も全然OKですんで。

最終決定の情報はまた月曜日にここでアップしますね。



俺パラ IN 大阪2

8月14日(火)ジャニスダイニング・JANUSDINING (06-6211-6222)
大阪市中央区東心斎橋2-4-30 GRANDJANUS BLD 1F

OPEN 18:15 START 19:00
3500円(1ドリンク+1フード付き)

ゲスト:日比直博さん。


チケットの予約受付・公演に関するお問合せ   info.orepara@gmail.com

※先日からチケット受付始まりました。なお、チケット予約のメール本文には、  当日ご来場される方のお名前・連絡先(複数名で予約の場合は全員分)を記載して下さいませ。
※上記に記載した電話番号の受付時間は14:00〜26:00でして、お店に関するお問い合わせのみとなります。
その他お問い合わせ・チケット予約は、企画者直通(080−5127−8995)でも承っております。

なお、直接お店にいらして下さってもチケットの予約は出来ます。


じゃ、シーユー。

|

2010/06/16

上手に負けることで,その先の大きな何かをつかめることは人生、ままある。

戦う前から負けることを考えては試合など出来ない。

しかし、現実的に今の日本代表にとって次のオランダ戦はいかに負けるかが大切なわけで、0−1で負けて、ようやく予選突破がほんのり僅かだが見えてくる。

0−1で負けるためには、最低でも前半は0−0でいかないとかなりマズい。

こないだの対戦のように簡単に点を与えて、スコスコ3点差なぞをつけられては、第三戦のデンマーク戦で大差をつけて勝たなければ本戦に進めなくなり、日本の攻撃力の低さを考えれば、それは到底無理な話だ。

つか、もともと日本よりずっと強いわけだし、デンマーク。

常識的に言えば、オランダ戦はサブメンバーを何人か使って、どんなにつまらないと酷評されるサッカーでもひたすら守備的に戦い(攻撃はカウンターを徹底)、第三戦にベストメンバーをぶつけるべきだと思うし、それを第二戦で出来るのが、なんとか第一戦を勝利した弱者のアドバンテージだと思うのだが、果たして岡ちゃんはどんな戦略を立ててくるのだろうか。

監督の不用意な発言で、『ハエJAPAN』と世界に笑われた今のチームを考えるに、最終戦まで興味を残してくれただけでもホント御の字だけど、せめて納得のいく試合だけはしてもらいたいよ、ここまでワールドカップのほぼ全試合を頑張って観ているサッカー好きとしては。


まあ、それはさておき。


大阪俺パラ、立ち見席でよろしかったら当日券多めに出せるそうです。

受付は開場一時間前を予定しておりますが、正式に決まりましたらまたここで書きますね。

なお、当日は東京と同じく、開場と同時にマッチャーってば呑気にDJなんかをやっておりまする。

お店に入られた方は、多いにくつろぎながらグイグイ飲んじゃってて下さい。

俺的に確実に先にデキあがってますんで、なるはやで追いついて下され。


じゃ、シーユー。



|

2010/02/22

流血上等。

カーリングを欠かさず見ている。

完全に面白い。

ロシア戦の勝利には本当に感動した。

そして今もドイツ戦を観戦しつつこのブログを更新している。

厳しい勝負が続いているが、なんとか予選を突破してもらいたいものだ。


ああ…カーリングやったら俺も痩せるかしら?


至極勝手に、カーリング女子とお付き合いしたい演劇人NO.1を自称したい。


今日も舞台で首だけ出してくるが、彼女達なら「ヤー!ヤー!」言いながらストーンでマッチャーの頭を狙われても全然構わない。

どうせなら気が遠くなるぐらいゴツン!!!といわせて欲しい。


『NECK』もあと3日。

喉も痛けりゃ腰も背中も痛い。

この際、頭が痛くなるぐらいなんだっていうのだ。

カーリングは面白い。

完全に面白い。


じゃ、シーユー。


|

2009/12/03

言っときますが、この柔軟、本気でやってます。

運動不足マッチャー対策委員会として有志とともに勝手に発足したダンス部。

昨日、その第一歩をなんとか踏み出しましたっ!

……はいいけど、ストレッチから先が思いやられるぞおおおおお、俺!!!!


091202_123601


ひどい…余りにひど過ぎる…。

これじゃ虚ろな老人じゃん。

隣の師匠と同じ柔軟をやっているとは、とてもじゃないけど思えませぬ。

「息、吸ってぇ、ハイ、吐いてぇ」

の声に従い、素直に息を吐いてるつもりが、マッチャーひとりだけ、

「むぬぁぁぁぁぁ」

とか

「ふひぃぃぃぃぃ」

とか

「どぶぅぅぅぅぅ」

みたいなことになっちゃって、部員達の集中をことごとく断ち切ってしまいました、大変申し訳ないことに。

「妖魔退散!!!」

と、スタジオの外に放り出されないよう、おいおい慣れていかなきゃです。


けど、おかげさまで、ここ数年で一番のブタ汗がかけました。

やー、ホント久々ですよ、この感覚。

気持ちいいのな、汗かくって。

みんなでニコニコしながら体を動かせるんで、とても楽しかったです。

部活帰りのランチビールもすっげー美味かったし(午前中限定開催なのです)。

あくまで部活ノリ。やっぱこれが肝ですね。

華麗に踊れるのはまだまだだいぶ先だと思いますが、つか、一生華麗には踊れないと思いますが、健康のためストレス発散&深酒防止のため、出来るだけ長く続けていきたいマッチャーなのです。


じゃ、シーユー。



☆ダンスはうまく踊れないかたもドゥダダンシングなダンシングジェネレーションも、メールはこちらからお送りください。

|

2009/12/01

でもスポーツに関してはちゃちゃ入れないのな、俺って。

昨日は来年演出舞台のスチール撮影にお邪魔したマッチャー。

情報解禁はまだ先なので詳しくは書けないが、これもまた大変な舞台になることは間違いなく、なぜに骨身を削らざるを得ない仕事しか引き受けないのか我ながらとっても不思議なのだが、とにかく頑張るしかないのでいっぱい頑張って面白くします。

撮影自体はこれまでになく楽しかったけどね。

あんなに笑いが絶えない現場は初めてでしたわ。

なんでも始めが肝心なわけで、そういう意味では良かった良かった。

出演者一人一人のポージングやら表情やらにいろいろリクエストを出させて頂いたマッチャーだが、あれ、完全に演出とは言えないね。

完全にちゃちゃね。

ちゃちゃ入れるのって昔っから大好きなんです。

ちゃちゃ入れるとこじゃないでしょ!ってシチュエーションでも平気でバンバン入れてくからね、ちゃちゃ。

で、いまだにちょくちょく怒られますからね。

それでこそのちゃちゃですよ、よく分かんないけど。


つうことで、昨晩は前日の深酒による二日酔いとちゃちゃ疲れで完全にグロッキー状態でして。

先日、ナイロン100℃の新谷ちゃんと大倉君、シャンプーハットの赤堀君、そしてちょっとしかいれなかったけど坂井真紀ちゃんとで我が家で家飲みしたのね。

酒のつまみはおもに内藤亀田戦。

まあ、どういうジャンルであれスポーツ観戦、とりわけビッグマッチは友達とわいわいやりながら見る方ががぜん面白いっスから。

どっちが勝つかというより、二人がどういう試合を残せるかに興味があった人間としては、そりゃ試合を見た直後はいろいろ不満に思うこともあったけど、ま、あれはあれで仕方ないなって境地に至りました。

お互い、ああいう闘い方を選択するしかなかったんだ、と思う。

頑なに『先』を見据えた亀田と観衆を意識した『今』に賭けた内藤。

あれで内藤が勝ってたら真のヒーローになれたんだろうけど、結局勝ち切れなかったや。

そういう意味じゃ、内藤はいいボクシングが出来なかった。しゃーないよ。

もちろん心意気は買うし、観衆を意識するのはプロとして当然の責任だけどね。

勝負の世界は究極的にやっぱ勝たないと。

負けて先がないのは年齢的には内藤だけど、ここまでの流れを考えると世の中的には亀田も超崖っぷちだったもの。

あの試合に限れば、勝つための作戦を冷静に遂行し切った亀田を素直に評価していいんじゃないかと。

とはいえ、今後の試合も追っかけたいと思わせる魅力的な新チャンピオンとして亀田が世間の目に映ったかどうかはこれまた別の話。

薬師寺辰吉戦はこちらの熱い期待を遥かに凌駕した名勝負だったからなあ。

ありゃやっぱスゴかったよ。伝説だよ。

そういう意味じゃ、せめてもうちょい盛り上げて欲しかった…けど、上記のことを思えばやっぱ仕方ないなって思うし…ま、そんないたちごっこ気分ですわ。

とかくビッグマッチは国民の期待値が高過ぎる故に凡戦になることも多いわけで。

ま、決して凡戦じゃないんだけどね、残念ながら魅せる試合では全然なかった。

…とせっかくだからそんな個人的な見解をざっくり書き残し、今日はさらば。


じゃ、シーユー。



|

2009/03/24

決戦!…的な盛り上がり、俺、皆無。

個人的にもうなあああああんか抜けた感があります、今回のWBC。

抜けたっていうのは、日本と韓国どっちが勝つんだとか、岩隈頑張れ!イチローここで打たねばどこで打つ!的な興味がぐんぐん薄れ、

ここまできたらどっちが勝っても素晴らしいよ

って、素直にそんな感じ。

だって、そうじゃない?

アジア予選からずっとしのぎを削って、今大会の通算成績も2勝2敗。

で、決勝でまた顔を合わせるっていうんだからホント凄いよ、強過ぎるよ……つか、一周してこれってどうなのよ?

WBC決勝!っていう高揚感はもちろんあれど、ぶっちゃけ「また日韓戦…?」ってなんないスか?

極論言うとさ、アジア予選がそのまま優勝決定戦でも良かったじゃんって、なんだかちょっぴりバカバカしくなってくんのな。

だって、アメリカ主導で始まった国際大会なのにさ、なんだか日本と韓国だけが熱狂し過ぎな気分になっちゃうというか、むしろその通りというか、結局日本が予選リーグ以外で戦った国って、韓国3回、キューバ2回、アメリカ1回ってめちゃめちゃ偏っててさ、

そもそもなんなのこの大会?
どこらへんが“国際”?

ってところに行き着いちゃう。

韓国戦もいいけど、もっと色んな未知の国と対戦してドキドキしたり、真のスーパースター達を集結させたアメリカとのガチの試合って見たくない?

勝ち負けはもちろん大事だけど、ドミニカやベネズエラ、プエルトリコにオランダあたりの野球、応援席の盛り上がりってどんなかしら?

マジになったメジャーリーガー達が団結し、スーパープレーを連発する姿とかめっちゃ興味わきません?

まあ、アメリカを筆頭に、有名メジャーリーガーを多数排出している国々をのけものにして、アジアの2強が決勝戦を戦うシュールな構図は、今後のWBCのあり方をいよいよ大きく変える事件にはなったと思う。

国際ルールやトーナメントの組み合わせ、対戦方式など見直して欲しいことも多いけど、まずはWBCへの一流選手達の参加意欲を向上させ、そして選手を送り出す球団側の意識もなんとか軟化させていかないと、せっかく世界に野球の素晴らしさをアピールしよう!つて発案されたこの大会の意義が、今よりどんどんグダグダになっていく気がする。

本国アメリカじゃ国民の興味を全く引けないダメダメイベントに成り下がってるし、アジアのチームと比べて、他国(特に強豪国)の大会に臨むモチベーションだって明らかに低いときてる。

いくら運命の一戦!って煽られてもただ単に日本と韓国の本気度が高いだけだったって今回改めて思い知らせれましたよ…。

もう、どこ合わせにすりゃいいんでしょう?

開催期間中は世界各国で熱く野球が盛り上がらないとやる意味ないと思うよ、こんな面倒くさいイベント。

関係者でもないのに早くも次の大会が気になって仕方が無いマッチャーもマッチャーだけど、ゆくゆくはサッカーのワールドカップに負けず劣らずのエキサイティングな大会に育っていってもらいたいです、心から。


さてさて、すっかり抜けちゃったとはいえ今日の決勝戦。

主砲・村田の離脱はこう言っちゃなんだけど、日本にはいい方に働きましたね。

自ずと戦い方を全員野球の方向に変えざるを得ないですもん。

イチローに関してはここまで引っ張り続けたらここ一番に期待して使い続けるしかないとして、攻撃はつなぎ役に機動力のある片岡や川崎を据えた今の打線の方がずっと機能している感じなので、連敗を喫している韓国の左腕から早い回で効率よく先取点さえ取れれば、先発の岩隈、中継ぎの渡辺俊も安定してるし、意外と大差で勝てるのでは…と個人的には予測します。

でも、チャンスを潰してなかなか点が取れなかったり、ましてやパンパーン!と先取点を取られるとまた例の負けパターンにハマっちゃいますね、ここぞの爆発力は完全に韓国が上だから。

どっちにせよ、もう十分ですよ。

いい勝負になればそれでいいです、野球を愛する一人の男としましては。


てか、いつも書いてから反省するんだけど、また熱くなってしまったさ…。


一昨日のパーティーで会ったマギーに開口一番、

「河原さんみたいな人がWBCを熱く語ってるのおもろいわー」

って言われたばっかなのに…。

明日からウンコチンコR&Rないつもの自分に戻りますわ。


じゃ、シーユー。


|

2009/03/20

平々凡々にこそ非凡な悦びがあるのです。

しかし、アレね。

マッチャーがブログで『イチロー外せ』って書くたびにイチロー、ヒット打つのな。

なに、このプチ法則?

そうかあ、イチローったら、きっとこのブログを読んで発奮してる……

わけがねえ!!!

どんだけワールドワイドなブログなんだっつの。

でも、たかだか久々に2本打っただけで“イチロー復活!”って安易に盛り上がる報道見るとホントうんざりする。

あのね、そもそも一番バッターって出塁してナンボなの。

プロだもの。しかもイチローだもの。

あんだけゲームに出てたらたまにはヒットも打てるわな。

大体、試合後のイチロー自身が、「まだまだ全然だよ…」って顔してたじゃん。

フラットに考えても、これまでがあまりにチームに貢献出来なかったわけで、昨日の試合でちょっと活躍したからって、それで今までのこと全てがチャラにはならないわけで、つか、もっと早くに打っとけば、今頃余裕で決勝トーナメントに進めてたわけで、昨日の試合に話を戻せば、タイムリーこそ出ても、別に大した場面で打ったわけじゃないわけで、リードオフマンならもっとゲームの序盤にチームを引っ張るプレーを見せてちょうだいなって思うわけで。

そんなの本人はもちろん百も万も億も兆も承知でしょうけどね。

ま、イチローぐらいのスターになるとどうしても厳しい物言いにはなっちゃうけど、残り全試合コンスタントに活躍出来てようやく面目を保てるって感じかしら。


…しかし、再びアレだ。

今日もWBCのことを書いてしまった。

スポーツのこと分かんないから下ネタ希望☆

的なメールがまた読者の方々から送られてくるんだろうな。


いやいや、別にいいのか…?

ラジオのディスクジョッキーじゃないもんな、これ俺のブログだもんな。


確かに下ネタ大好物だげどぼ、後生ですんで好ぎなごと好ぎなタイミングで書かせてくだぜえ、お願えしやすお代官様ぁぁぁ。


さて、昨夜は映画の撮影終了後、リエちゃん宅で久々に息子と遊ぶ。

で、一緒にお風呂に入って一緒にお布団に入って、絵本を読んできかせてる間にそのまま親子で爆睡……。


だあああーーーーー!!!


なんかさっきまで熱く語ってたWBCとか下ネタどうこうの話とかホントどうでもよくなってきた。

もうなんつうか、昨日は軽くトロけたわ。

日常におけるエクスタシー体験だわ。

やー、本日、精神分裂症的ブログ展開で大変申し訳ない。

書き逃げします。

死ぬ間際に思わず振り返りたくなるほどの良い週末を!


じゃ、シーユー。

|

2009/03/19

今だからこそ思いっきりムキになる。

別に他意はないのだけど、最近テレビでよく見かけるDAIGOがソイヤソイヤ!言ってる焼酎のCM、あれ大丈夫?

見るたびに頭がクラクラするんですけど。

なんでもかんでもやらせりゃいいってもんでもないでしょ?

つか、なんでもかんでもやっちゃダメでしょ、タレントも。


さて、唐突にここまでの超個人的WBC評

昨日の敗戦ではっきりしたのは韓国が侍JAPANより完全に強いってこと。

そして前回大会に続いて、万が一日本が優勝してもまたケチがつくということ。

だからイチロー、外せっつの。

なんで岩村を…川崎でもいいから一番で使わないの?

別にイチローが嫌いってわけじゃなく、むしろスゲーなあって普通に思ってるんだけど、今の彼が本調子じゃないのは明らかなわけで、とにかく日本には全員野球を心がけてもらいたい。

国際試合なんだから。

コレ前にも似たようなこと書いたよね?

適材適所でまんべんなく選手を使ってるどっかの強豪国の監督も言ってたよ。

「我々はオールスターチームじゃない。野球チームなんだ」って。

チームリーダーのイチローを外す意味ってマイナスなだけじゃないと思うのよ、イチローにとってもチームにとってもこれ以上のカンフル剤はないわけで。

今のイチローなら相手が嫌がるここぞという場面に代打で出て来た方がずっと効果があると思うの。

確かにアジア予選の韓国戦初戦は3安打打ったよ。

使い続けた原監督も賞賛されるべきだし、イチローにも「さすがスーパースター!」って脱帽させられましたよ、あの時は。

でもね、その後のイチローに打てる気配、全然ないじゃん。

この手の大会は1人の選手に固執するんじゃなくてね、もっとクールに判断しなきゃ。

それって確固たる戦術っていうんじゃなく、ただの過信だとマッチャーは思う。

だって、これはイチローだけの問題じゃなく、一線級のピッチャーから全然点が取れてないじゃん。

昨日も同じピッチャーに似たようなオーダーで2回続けて手が出ないじゃん。

敵だって十分研究してきてるわけだし、これ以上相手に楽させちゃダメダメ。

もともと打つ方は他国と比べて大したことないんだから、もっと敵が嫌がるオーダー組まないと。

和田や松中外してまで本番で使わない選手を選んでどうすんの?

侍、侍、威勢のいいこと言ってるけど、結局本質的には星野JAPANとあまり変わらない気がする、北京の時より投手力がいいだけで。

「個々の力では上回ってるんだけど…」的な言い訳、聞き飽きたっつの!

今日はこないだ完勝したキューバが相手だけど、メキシコに勝って再浮上してきたキューバと、韓国に完敗して落ちてきた日本じゃ“流れ”が違うから。

プエルトリコにコールド負けしたアメリカだって、昨日同じ流れで再戦したらサヨナラ勝ちして決勝トーナメントに進んだでしょ?

そういうもんなんだって、真剣勝負ってヤツは。

もちろん日本には勝ってもらいたいさ。めちゃめちゃ勝ってもらいたい。

キューバも主力選手がバタバタ怪我してるみたいだし、この一戦に限れば先制点を取れればなんとか“流れ”を呼び戻せるかも…とは思う。

でもね、もしキューバに勝っても決勝トーナメントで対戦するベネズエラ、もしくはアメリカはもっと強いよ。

アメリカはここまで結構コロコロっと負けてるけど、やっぱここ一番は母国のメンツもあって強いのですよ。

そもそもコロコロっと負けながらここまで勝ち上がってきてるのって、前回大会の日本と同じじゃない?

決勝トーナメントの一回戦さえ勝てれば、優勝はアメリカなんじゃ、と思ってます。

もし日本が本気で優勝を狙うなら、ここらで戦い方を見直した方がいいと思う。

じゃないと、悔いが残る敗戦を喫してしまうさ絶対に。

そしてマスコミも本気で侍JAPANの勝利を願うなら、ノー天気な頑張れ頑張れ負けるな強いぞばっかじゃなくて、もっと今のうちから実のある報道をしていただきたい。

勝って無闇矢鱈と褒めちぎったり、負けた後からケチョンケチョンにけなすのなんて誰だって出来るもの。

結局北京と同じようなイヤ〜な後味にならないように、侍JAPANの健闘を心から祈る。


じゃ、シーユー。


|

2009/03/06

昨日、今日、明日。

昨晩はりえちゃん宅で息子とマンツーマンお遊び。

喜々としてマッチャーにパンチ、キックを繰り出す息子にちょこっと反撃すると、

「大人が本気出しちゃダメでしょ」

ピシャっと注意され、結局、いつものサンドバック状態に。

4歳児とはいえ、いい加減痛ぇっつの。軽く涙目だっつの。


で、疲れ果てた息子を寝かしつけ、WBC中国戦をニュースで見る。

今度の韓国戦、マッチャー監督なら誰がなんと言おうともイチローをスタメンから外します。

そのぐらいチームをピリっとさせなきゃ、この大会は勝ち抜けないと思うもの。

前回大会で本気だったのって、はっきり言って日本と韓国だけなのね。

今の調子じゃアジアはなんとか勝ち抜けても、マジモードでくるアメリカやドミニカ、カナダ、メキシコ、キューバなんかにゃコロっと負けちゃう気がする。

そこらへんを冷静に考えて原監督にはチームを率いてもらいたいし、マスコミも浮かれたことばっか言ってないで、現実を直視した報道に徹して欲しいです。

今のイチローだったら亀井の方が絶対いいって。


そして朝。

雨降りだったので息子を幼稚園にりえちゃんと車で送り、その後、車中でりえちゃんのNew Albumの曲順を2人であーだこーだ言いながら考える。

これでも昔、なんちゃってDJやってたからさ。

小さい頃から好きな曲を並べて、しょっちゅうMY BEST的テープも編集してたし、曲のつながりにはかなりうるさいのよ。

想いはがっつり伝えたので、ちょこっとでいいから反映されるとよいなあ。


そしてそして、明日からマッチャーは名古屋入り。

明後日の真心一座公演に備えます。

親とか親戚も観にくるし、頑張らねばいけない雰囲気になってきた。

ま、そんなのなくても普通に頑張るけど。

中部地方の皆様よ、こぞっていらして下さいませね。


じゃ、シーユー。


|