2011/03/16

凌げ、今。いくらかでも変われ、今後。

あれから6日。


未曾有、ですな、まさに。


この事態が収まってから言うのもアレだから思ったこと徒然に書くけど、つくづく今、報道されてる内容ってベストなのかしら?(←特に民放)

原子炉のフリップやら学者さん達の専門知識やらみのさんとか小倉さんとか、俺的にもういいよ。


被災地の方々の詳しい安否。 避難所の実情。

また、それに見合った支援品や細やかな人材が送られているのか、そもそも支援物資の流通状況はどうなのか的な情報。

国民の誰もが出来る支援策に関する告知。

放射能、計画停電、災害に乗じた悪質な犯罪の実情&正確かつ、分かりやすい対応策。

などなどがひたすら優先してしかるべきだと思うのだけど、どうにもそうなっていない気がする。


普通に考えても、被災地以外で生活するめっちゃ大勢の人達が、被災地に身を置く親兄弟、親類縁者、友人達の安否をいまだどうかと思うほど心配しているはずだし、他ならぬ被災地の方々にいたっては、そんな人達に自分の生存を死ぬほど知らせたいはずなのに、今の報道がそういうニーズに応えられているようにはまるで見えない。

つか、こんだけ局があるのだから、一局ぐらい、被災地を隈無く回って、一日中それのみの番組をやるべきだとさえ思う。

放射能の件だって、あれこれ伝わっちゃくるけど、結局、なにをどうしていいやら不安感ばかりが煽られてる気がして、もうどうにも…って感じじゃない?

現段階で見通しがつかないなら、それも一つの見通しとして、ただただ今の我々に必要なのは、状況状況に応じたシンプルで明解な情報じゃないかしら。

そりゃみのさんとか小倉さんとかお仕事だからいいんだけどさー、まだまだワイドショー化していい段階じゃないと思うわけ。

だったら、ちょくちょく子供番組流しといた方がずっと健全だと思う、この事態をまだ飲み込めない幼子達のために。

どうにかならないもんスかねぇ…って、文句ばっかですんまそん。

演劇人ですから。

早く演劇やりてーわ。

健やかなみんなと早く劇場で会いてーわ。


あ、最後にこんなん貼り付けておきます。

http://www.emimusic.jp/itoshiki/message/


20日の俺パラの件については、ひとつ前のブログで読んでやってくだしゃーまし。


じゃ、シーユー。


☆TVを見ないのもひとつの選択。何ができるのか、できないのかを知るのも大事な一歩です。メールは今のうちに、こちらからお送りください。


ハイレグタワーon twitterはメールマガジンより迅速に更新なうもすぐわかります! twitter始めたらフォローよろしくどうぞ。

|

2009/07/17

ダメ人間、トークし、決意し、ぼやく。

えー、始めにさらっと告知ですが、『斎藤幸子』の本番中、アフタートークにマッチャー出ます。

8月15日(土)と23(日)の公演終了後だそうです。

15日は作家の鈴木さん、斉藤由貴さんと俺。

23日は出演者の粟根さん、千葉さんと俺。

15はともかく23はアレですな、完全に身も心もトリオですな。

あまり話が逸れないように気をつけないと。

もし村岡さんや坂田が観に来てても、迂闊に舞台に上げないようにしないと。

PARCOがらみの公演としては驚くほど良心的なチケット価格設定となっておりますこの舞台。

微笑ましくもホロっとくる素敵なお芝居なので、トークと併せて是非もんで多くの方々に楽しんでいただきたいです、ハイ。


さて、話は微妙に変わって。

舞台の演出にかかると日常的なことすら全く手がつかなくなってしまう。

携帯電話やパソコンには返信をすっかり忘れた知人からのメールがたまりにたまっているし、稽古が終わって部屋に戻るとありとあらゆる電化製品のスイッチがつけっぱなしだし、時にはトイレの水すら流し忘れている。

悲しいぐらいにアホアホだ。

出掛けに観葉植物に水をやることのみどうにかまっとう出来てはいるが、それ以外はまるで粗悪人間ギャートルズ

今日のこと、良くて明日のことまでしか焦点が合っておらず、事務所から何度きかされても近々のスケジュールすら呆れるほどにおぼろげな俺…。

そして誰もそんな粗悪人間の面倒を見てくれる物好きなヤツはいない。

これで自分が納得のいかない舞台を客前に提出するぐらいの演劇人に成り果てたらもはや死んだ方がいいと真剣に思うので、廃人印のマッチャーだけど、今日の稽古も精一杯きばってきやす。


……しかし、最近のテレビはマジつまらんなあ。

個人的に大リーグ中継と良識的な情報・報道番組ぐらいしか見るもんない。
あとたまにアメトーク。

せっかくの52型AQUOSがDVD専用モニターと化しつつあるよ。
しかもホラーの。

地デジもいいけど、お願いだから息抜きの一つもさせておくれよ地上波よ。


じゃ、シーユー。


|

2008/12/10

つっても、オンエアーはちゃっかり見るんだけどね。

泰葉が年末、ハッスルに出場するという。

まあ、他人事なのでとやかく言う気もないしその権利もないわけだが、

結構な確率で出るんじゃないかと思ってたよ。

そっち行っちゃあ、ダメなのになあ。

だって絶対面白いじゃん。

金髪レスラーに、「豚野郎!」とか言っちゃうわけでしょ?

会場で小朝コールとか起こっちゃうわけでしょ?

で、下手すりゃこぶ平(現・正蔵)セコンドに付きかねないわけでしょ?

この人、真剣に歌やりたいんじゃなかったっけ?

面白くちゃダメじゃん。

大体、豚さんを何だと思ってるんだ。

豚さんだって一生懸命生きてるんだっ!

マッチャーもハッスル自体は好きだけど、彼女にとってリングで歌う歌にどれだけの意味があるのだろう…?

大切なのは歌をどう届けるのかであって、歌えりゃそれでいいってわけじゃないと思うんだけど。

長い人生、歯車がわやくちゃになることも、そりゃあるよ。

後から考えたら、「何やってたんだろ?」的なことだって沢山ある。

でも、大切にしていることはブレさせちゃいけないと思うのだ。

ショーとさらし者は違うモノだから。

大して歌、好きじゃないんだろうな、きっと。


えー、今日はこんな普通のこと書いて終わります。

ブログで面白可笑しく書けそうなエキサイティングな出来事はそうそう毎日起こりませんから、たまにはね。


しっかし、寒いですね。

泣いちゃいそうです。


じゃ、シーユー。


|

2008/07/25

駄目もとだろうがなんだろうが。

やーやーやー!

地方仕事で家を空けている奥さんに代わって、幼稚園に息子を送り終えて帰ってきたマッチャーです。

もうね、登園時間ギリギリだったので、クレヨンしんちゃんのかーちゃんの如く、わしゃわしゃ自転車こいできちゃいましたよ……おかげで朝からエネルギータンク空っぽですよ。


BY THE WAY。


なんでも今月の28日から4日間、NHK BS2で『とことんルパン三世』なる特集があって、TVアニメ第1シリーズ全話と第2・第3シリーズから人気投票で選ばれた上位作品がぶっ通しで流れるというのだ。

なんたるハイパーミラクルな企画だろうか…。

思わずBSサイトの人気投票に、ハンドルネーム“マッチャー”で投票しちゃったよ。

日本各地に散らばる心ある物好き達よ!

録画機器を持っていない哀れでメタボなマッチャーのために、小粋なお中元替わりだと無理矢理錯覚して、どうか4日間ぶっ通しで録画したディスクをマッチャー事務所まで送っていただけないだろうか?

しかも高画質で。

だって、大好きなんスよ…ルパン三世。

特に次元がハードボイルドに活躍する回。

で、話のついでで大変申し訳ないのですが、劇場映画第一作『ルパンVS複製人間』のDVDをなぜか2枚持っているという奇特な方がいらしたら、その場合も同様の処置でお願いいたします。

それぞれお礼はそうですねぇ……メールにてご希望をお伝え下さい。

一晩中、酒を付き合え!とか“マッチョ”って改名しろ!とか渋谷のタワレコ前で漠然とパンツ脱げ!とか3回回ってウンチ!って言いながらウンチしろ!とか、そういう理不尽なご希望には一応自分もいい大人ですんでなかなか沿えられないと思いますが、

「そもそも理不尽なお願いをしているのはオメーだろうがぁ!!!」

的な自覚ももちろん十二分にございますので、なんとか出来うる限りでお応えしていこうと思っております。

では、朝からエネルギータンク空っぽなのも手伝ってか、ブログという名の媒体にどうかと思うぐらい無限の可能性を感じてしまっている今日の残念な自分は、完全にただのルパン・ザ・乞食に成り下がっておりますけども、酎ハイ太りも甚だしい実家の弟の顔に免じてどうかご容赦下さいませ。

では、みなさん、暑さにめげず、死に物狂いで良い週末を。


じゃ、シーユー。


 

|

2008/07/22

息子さんといっしょ 2

昨日の祝日は日がな一日、息子と二人でのぉぉぉんびり過ごしたマッチャー。

近所の公園に遊びに行ったり、蕎麦屋に入って昼間っからビール飲みながら息子とせいろを食べたり、家でパンズ・ラビリンスのDVDを一緒に見たり、で、見終わったそばから、その映画に出てくる魔物のマネを延々二人でキャーキャーやったり、そのうち魔物のマネに疲れて二人で昼寝をしたり、起きたそばから再び魔物のマネに没頭したり、そうこうしているうちに二人してお腹が空いてきたので、近所のスーパーに行って買い物をしたり夕飯を済ませたり、お風呂に入って溺れたフリを繰り返す息子に負けじとバッシャンバッシャン溺れてみたり、眠くなった息子の尻を叩きながら一緒にお片付けをしたり、「痛って!痛って!」とこれ見よがしに悪態をつかれながら息子の歯をジコジコ磨いたりしてたら、アッ!と言う間に夜が更けていた。

基本的に子供時間で送る一日は異常に密度が濃いため、『気がつけば一日が終わっている』という感覚に常に陥る。

そんな日は確かにドッと疲れもするが、なんだか得体の知れない充実感があるので不思議。

とはいえ、本格的に息子と二人っきりで一日を過ごせるようになったのは、ここ数ヶ月のことだと思う。

思えば、幼稚園の送り迎えや、お弁当を作ったりしたのが大きい気がする。

そこでの何気ないコミュニケーションで、これまで以上に明るく楽しく打ち解けた感じがする、俺達。

ま、親子で“打ち解けた”って言うのもがぜん変だけど、いい例えが見つからなかったもんで。

仕事が忙しくなってくると、そうそうこういう時間も取りにくくなるが、奥さんの気分転換にもなるだろうし、つか、単純に息子と送る一日は楽しいので、たまの休日にはまたこういう機会を作れればな、と思う。


あ、そういえば、風呂上がりに今期の月9も二人で見たわ。

溺れた子供二人を肩に担いで、突然ザッパーン!って、海中から登場する織田裕二を見て、

「…なに、あれ?」

って、つぶやいたきり、完全に固まってたよ、うちの息子さん。

だって、あり得ない設定をなんとかアリにしようとするあまり、裕二の顔、
険し過ぎるにもほどがあるんだもん。

で、そんな子供にブッチュュュュュウ!って人工呼吸をおっ始めた裕二を真横からアップめでとらえたアングルにいたっては、親子で終始無言よ、無言…。

おまけにジャケットのポッケからは何気に昆布がぴろぉ〜ってハミ出してるし、慌てて内ポケットをまさぐったら、水没した携帯にカラフルな海藻がぐじゃらぁ〜ってからまってるしで、「お茶の間の皆さん、どうぞ和んで下さーい」みたいな演出になってるんだけど、あの裕二じゃ、無理無理無理っ!!!

熱血半魚人にしか見えなかったもの…。

やー、あれが学校の先生なのか…。
ドラマの生徒達同様、戸惑いまくってしまったぞ。

役作りも、ほとばしる裕二汁があまりにジューシー過ぎて、真夏に天丼食わされてる気分に激しくなったが、この夏、マッチャー親子の目を釘付けにするドラマが始まったのは確かなようだ……もちろんホラーな意味で。


じゃ、シーユー。


 

|

2008/06/26

いい友達を持ったと思い込む、ひたすら。

マッチャーの友達に篠原ともえという永遠のおきゃんガールがいて、まあ、なんだかんだで長い付き合いになるのだが、こないだ会った時も「ブログに載せるかもだから一緒に写真撮ってー☆」と言うので、いいよいいよと笑顔で撮ったのだが、「河原さんが笑った写真なんか使えないよー☆らしくないよー☆もっと、な感じでー☆」と言うので、パシャタパシャと8枚ぐらい撮ったのだが、結局、「ワタシ、写真写りが今日イマイチだから、ナシでー☆」とあっけらかんとキャピキャピ笑う、とっても憎めないガールなわけだ。

で、そんなガールが「絶対、河原さんが好きな芸人さんがいるよー☆」と言うので、「えー、誰誰ぇ?」と言ったらば、どうやらそれはチャラ男芸人・と言う男らしく、マッチャーはまだ未見だったので、「あー、見たい見たい」と言ったらば、昨日、マッチャーのパソコンにYou Tubeのアドレスを添付して送ってくれたので、早速見た。

http://jp.youtube.com/watch?v=-yB882NJp3E

スッゲー笑った。

でも、何でこれをマッチャーが好きだと思ったのだろう…?

そういや、「やりきってる感じが、なんか、なんかー☆」って言ってたっけ。

うん、本当にそうねっ。

周りの白い目なんか全っ然気にしましぇーんって、突き抜けまくってる人、ノンジャンルで大好物ね。

つか、俺、昔、そういうのばっかやってたし。

で、当時からガールに、「バッカじゃないのー☆」って言われてたし。

あと、「この曲も河原さん、絶対大好きー☆」と言うので、「えー、教えて教えてぇ」と言ったらば、その曲の情報も教えてもらったので、早速聴いた。

スッゲー、笑った。

その曲はピーターが歌う昭和歌謡で…って、すでにピーターの時点でパンチ十分なのだが、曲名もズバリ

『人間狩り』。

なんでガールがこんなまがまがしい曲をマッチャーが好きだと思うのか、自分では到底理解出来ないのだが、ま、彼女にとってマッチャーはとことんな感じなのだろう。

ちなみに、『人間狩り』はカラオケにも入ってるとのことなので、興味があられる奇人の方は、ぜひお試しあれ。

ま、お仲間、ドン引きだと思いますけど。

人によっては確実にトラウマとなりますので、取り扱いには十分気をつけて下さいませ。



じゃ、シーユー。


|

2008/02/05

いわゆるひとつの親子愛。

え〜、マッチャーと阿佐スパの中山(祐一朗)という飲み会ゴールデンコンビでゲスト出演した、『ホレゆけ!スタア☆大作戦』なるコント仕立ての不思議なトーク番組が、今週のどっかで、どっかの局でオンエアーされるというのです。

この番組は、とある芸能事務所のおかま社長役の古田新太先輩とマネージャー役の生瀬勝久先輩が仕切っておられるのですが、お二人の普段の悪ノリが見事に番組に反映されていて、おっそろしくグダグダでとても楽しい収録でした。
イケメン蕎麦屋の店員役で出演している藤木直人さんの存在も番組の不思議さに大きな花を添えております。

とはいえ収録は二ヶ月も前なので、どんな話をしたのかとんと覚えていないのだけど、なんだか鬼畜みたいな話をしたのだけはぼーんやりと記憶に残ってます。
ま、おそらく鬼畜過ぎてカットされてると思うけど。

興味のある方は、オンエアーの日時とか適当に調べて、適当に見たり適当に見逃したりして下さい。



さて、みなさま。

『海』という童謡をご存知だろうか。

そう、

うーみーはーひろいーなーおおきーいなー♪

『海』である。

実家に帰って六日目になるが、何気なく観察していると、うちのオヤジはこの童謡を一日最低二回は鼻歌で歌っている。

昨日なんかいよいよ風呂場からいい感じのエコーで響き渡ってきた。

お前、いくつだ?!…と言えなくもないが、こうも毎日聞かされると一周して、なんと大きな男だろうと思うようになってきた。

おそらくもう一周すると、なにかのノルマとしか思えなくなるだろう。

なにかってなんだ…?

辛かったら言ってくれ、オヤジ。

うち一回は俺が歌うよ。


じゃ、シーユー。

|

2008/01/15

そこ、普通に律儀過ぎ。

小倉のホテルでテレビを見ていたところ、とあるNHKの相撲特番に一瞬目が釘付けになったのだった。

その番組は昨年の激動の相撲界をスタジオでの対談形式で非常にシリアスに振り返っていたのだが、出席者は以下の4人。

舞の海、北の富士親方、やくみつる、そしてデーモン小暮。
Img_1219

で、その冒頭。
司会のアナウンサーが出席者の紹介を順番にしていくのだが、デーモン小暮の番になった時、なんとその紹介の声にあわせて“デーモン小暮閣下テロップが出たのである。

天下のNHKよ…。

いまだに閣下の設定、そんなに受け入れてる局、他にないと思うよ。


じゃ、シーユー。

|

2008/01/03

雪景色な写真は、

080103_083501
故郷からの帰りの列車・しらさぎ54号の車窓から。

そんなわけで無事帰京して参りましたマッチャーファミリー。

あれやこれや世話を焼いてくれた実家の家族のおかげで、とてものんびりした正月を送ることが出来ました。

やー、家族で紅白を見ながら年を越すなんて何年ぶりかしら。

やっぱり長靴履いて『兄弟船』を熱唱する鳥羽一郎を見ると、紅白見てんなーと改めて実感するし、アレンジを変えて『君は薔薇より美しい』を熱唱する布施明を見ると、この人、この曲と『シクラメンのかほり』のループで大体紅白出てるよなーと妙に感心したり、どこぞの若手演歌歌手のバックでマッスルミュージカルの面々がストンプしてるのを見ると、NHKの演出も迷走してるなーとホトホト頭を抱えたりと、なんだかんだでかなり紅白は見所が多かったっス。

特にGacktは笑えたなー。

「皆の者、いざ出陣じゃ〜〜〜〜〜!!!!!」

ってマジ叫びしてたよ、でっかいスタジオにン百人の武士エキストラ集めて。

マッチャーなんかはついつい武士エキストラ目線で見ちゃうんだよねー。

これってギャラいくらなんだろ?取っ払いなのかなー、いや、何十%か事務所に天引きされた後の銀行振込みなんだろうなー、とか。

つか、俺だったら絶対ヤダ、大晦日に武士エキストラやんの。
なんで合戦せにゃならんの年の瀬に。

その後、会場中がガクちゃんの圧倒的な自己陶酔ぶりに呆気にとられている中、直後に歌う大塚愛が可哀過ぎるだろーと真顔で心配したマッチャーでしたが、大塚愛のスーパーラブリーなパフォーマンスが実に秀逸で、紅白のムードは無事軌道修正。
なぜか多いにホッとし、大塚愛を“今年の紅白ベスト・アクト”と勝手に選出させていただいたそんな年越しでした。

さて、我が家のハイパーオヤジもろっ骨の痛みに耐えながら、生後三ヶ月以来久々の再会を果たしたマッチャー息子と連日雪遊びを敢行。
孫と戯れるオヤジはろっ骨の痛みに耐えながらとても楽しそうで、ろっ骨の痛みに耐えながら雪合戦なんかもしちゃってて、ろっ骨の痛みの全く無いマッチャーも微笑ましくその光景を眺めておりました。

東京の自宅に帰ってきた息子はさっそくスカパラのDVDを見て踊っております。

またいろいろ始まりますなー。

たまっている仕事を思うと思わず火星まで逃げたくなりますが、まるで行き方が分からないので仕方なくこの地球で頑張ります。

じゃ、シーユー。

|

2007/12/21

昨日のクリスマス会は予想通り

息子一人で泣きが入ってました。


Img_1214


ま、見ようによってはバックバンドを従えたリードボーカル状態。

嘆きのハードロッカーってとこでしょうか、よく分かんないけど。



さて。
マッチャーが監督した『ハリ系』11話は明日22日の25:20〜からオンエアーとなっております。

ずっとドラマを見てくれている果報者は引き続きよろしくお願いいたします。

まだドラマを見たことがない、そんな不届き者でも、

「この回と次週の最終回だけ見ても十分楽しめる内容となっておりますっ!!!」

とマッチャーが全身全霊で保証いたしますので、どうぞ見てやって下さいませ。

11話12話はマッチャーも冷やかし程度に出演してますんで。

じゃ、シーユー。

|